保育を学ぶ!チャイルドマインダーの資格とは?


チャイルドマインダーという名称を聞いたことはあるでしょうか?

これはイギリス発祥の保育専門職のことです。

チャイルドマインダーは、現在では日本でも認められている資格で、しかも通信教育などでも簡単にとることができます。

民間資格なのでまだまだ知名度は低めなのですが、あのアイドルグループの嵐が全員取得したこともあり近年徐々に認知度は上がってきています。

スポンサーリンク

今からでも取得できるチャイルドマインダー

チャイルドマインダーの資格は、まったく子どもの保育関係が未経験の人でも、養成講座を受講し、試験に合格するだけ取得できます。

一度子育てを経験したことがある人や、かつて保育士などの資格をとったことのある方は、養成講座の講習時間が免除されることもあり、さらに簡単に取りやすくなっています。

昔は子どもを有料で預かることを何も申請することなくできたのですが、現在は児童法が成立したことにより、一定時間以上他人の子どもを自宅で預かる場合は地方自治体に登録する義務が生まれたため、不可能になりました。

ただし、それは子どもを預かる行為が、きちんとした職業として認められたという証にもなります。

一般的に、子どもに携わる仕事をしたいなら、幼稚園教員か保育士がメジャーなところですが、どちらも資格を取るのが大変です。

しかも保育士にいたっては国家資格となるのでさらに大変です。

さらに、保育所などの集団保育施設で他の保育士と共同で仕事をするので対子ども、対保護者だけではなく対同僚、上司、部下などの複雑な人間関係も加わってきます。

かつて保育士だった人には、職場の人間関係が原因で辞める道を選ばざるを得なかった人も少なくないでしょう。

せっかくの資格なのにもったいない話ではあります。

チャイルドマインダーでできる仕事は?

チャイルドマインダーは民間施設でも働くことが可能ですが、主に個人事業主として自宅などで少人数の保育を行うのが一般的です。

資格取得後、団体に登録することで、自治体や企業などからの依頼を斡旋されたりとアフターケアも充実しているので、チャイルドマインダーとしての仕事を始めることは難しくはありません。

例えば、自宅で保育を行うにはそれなりの条件があるのですが、日本でチャイルドマインダー養成において厚生労働大臣に認可されている団体、NCMA,Japanがフォローしてくれる体制が整っています。

また、特定非営利活動法人法人日本チャイルドマインダー協会が定期的に研修を開催したり、巡回指導や相談も受け付けているので保育事業を始めたあとでも安心です。

国家資格である保育士は現在就労人数の少なさが問題になっています。

求人もたくさん出ており、資格所有者は施設さえ選ばなければ、いつでも職につくことができます。

チャイルドマインダーは児童福祉施設でも働ける認可は得られていますが、何分知名度が低い関係で、保育所での求人はまだまだ少ないのが現状です。

ですが、もともとチャイルドマインダーは少人数の家庭的保育をするのが理念にあり、資格取得者もほとんどが自宅開業を目指すため、あまり求人の少なさがイコール職につけないというわけではありません。

また、今後チャイルドマインダーの認知度があがってくるにつれて、保育士でしか求人をかけていなかった職場でも募集をかけてくるようになるでしょう。

チャイルドマインダーはこれから需要が高まってくる職業でもあるといえます。

チャイルドマインダーを取得するメリット

子どもに携わる仕事をしたくてもさまざまな事情で国家資格を取りに行けず、また働く時間や場所に制限がある人は今まで諦めざるを得なかったかもしれません。

国家資格を目指さなくても、通信講座にも対応しているチャイルドマインダーの資格を取得すれば、自宅で託児所を開業することができ、在宅で収入を得られるようになります。

チャイルドマインダーの一番の長所としては、少人数保育が基本であるため、一人ひとりの子どもにより深く携わることができるところにあります。

もちろんその分だけ子どもの保護者とも関係が深まりやすいです。

集団保育ではなかなか目の行き渡らないところも対応しやすいため、預ける側としても信頼を置きやすく、保育所でありがちな保護者と職員の気持ちの行き違いも少なくなるでしょう。

民間資格で知名度が低いものの少人数保育で子どもに寄り添い柔軟な対応ができるチャイルドマインダーと、一生涯資格を有効に使える国家資格ではあるものの集団生活を学ばせる場所の管理者としての側面が強い保育士と、それぞれ活躍できる分野に違いがあります。

もし少人数保育のスペシャリストとして子どもの保育に携わりたいのでしたら、今でしたらボランティアではなく、チャイルドマインダーというひとつの職業として仕事にすることができます。

収入は実績重視となるために最初は少ないかもしれません。

個人事業主ということで躊躇してしまうかもしれません。

それでも、資格を持ったスペシャリストとして胸を張って働くためにチャイルドマインダーの資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

学生の時にとっておきたい資格:秘書検定

学生の大きな目標としては、就職活動を成功させ、希望の就職先に入るという事でしょう。 しかし、多くの人が希望する企業などはそれだけ競争率も高くなるため、入ることが難しくなるという事があります。 就職での …

外国語を学ぶ資格:ロシア語能力検定試験(露検)

英語や中国語は人気のある語学ですが、仕事として将来海外進出をしようと考える場合、ライバルの少ない言語を学ぶメリットは多くあります。 ロシア語は話者も少なく、ロシアそのものが私たちにとって未知の国である …

医療系の資格:診療放射線技師になるには

もっとも身近な放射線はX線でしょう。 病院での検査や健康診断などで、レントゲンを受けたことのある人は多いはずです。 放射線を使用した検査や治療を行えるのが、診療放射線技師です。

医療系の資格:薬剤師になるには

薬剤師になるには、薬剤師国家試験を受けて合格する必要があります。 試験に合格すれば、晴れて薬剤師として医療に従事できるようになります。

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「パタンナー」

パタンナーは、デザイナーのデザイン画をもとにして、型紙に起こして立体化して、生地、ボタンのサイズ、納品チェックなどを行う専門家です。

楽天モーションウィジェット