身体を温める野菜【ニラ】

ニラ
冬にシチューやグラタン、ポトフなど、温かい食事を取ると体はとても温まります。
その逆に、ざるそばや冷やし中華、単純にジュースなどを飲んだりすると体が冷えて、夏にはとてもありがたく感じます。

しかし、これは食べた食材そのものによる効能ではなく料理方法によって生まれる違いであり一時的なものです。
極端な例を挙げるとどんな食材でもレンジで温めると熱々になります。

しかし食材の栄養素に注目してみると、本当の意味で私たちの体を温めてくれる食事がどのようなものであるのかが見えてくると思います。
このことは医学的または化学的な視点によるものであり、人体の内部で栄養素と、もともと体の中にある細胞とが相互作用することが関係しています。
そういった理由により、食べる瞬間の温度はほとんど関係ないということになります。

スポンサーリンク

食事に韮を取り入れよう

体を温める野菜とは?

体を温める栄養素を持っている野菜には、ニラやカボチャやにんにく、大根、イモなどがあります。

基本的に体を温める野菜にはいくつか共通する部分があるので、ある程度は見分けがつきます。

・緑黄色野菜
もっと言うと色の濃い野菜が当てはまります。
これに該当するものはニラやカボチャなど他にもいろいろあります。

・寒い時期に一番おいしく旬が来る食べ物
この冬野菜にはニンジン、ブロッコリー、大根、ほうれん草などがあります。
冬の寒い時期なので熱を蓄えられるように育ったとも考えられているためです。

温まる食材とは逆に、体を冷やす食材ももちろん存在します。
これにはもやしやきゅうりなどがあり、他に冬野菜とは逆の理由で夏の野菜であるトマトなども体を冷やす食材として認識されています。

夏野菜か冬野菜であるかどうかという点以外にも、真逆の性質による熱の特性の違いを持つ食材もあります。

色について言うと、温まる食材が暖色系または色の濃いものが多いのに対して、冷える食材には寒色系または色の薄いものが比較的多いです。

そして根菜類ではなく地上で育つ種類の割合も多い傾向にあります。
さらに、冷える食材には柔らかいものが多いということも分かっています。
柔らかいものは内部に水分や油分を多く含んでいることから人間が食べることにより人体内部に吸収されるときに冷やす効果があると言われています。

もちろんこれらの判別方法は大まかな分類であるためしっかりと見分ける必要があります。

体を温める効能のある野菜にはビタミンCやビタミンEといったミネラルが多く存在していることが多いです。
これらの要素には体を温める作用があります。

なぜビタミンCやビタミンEはなぜこのような効果があるのかと言うと、血液中に含まれる鉄分の吸収を促してくれたり、血流を良くする働きがあるためです。
またビタミンEには強い抗酸化力もあってアンチエイジングに一役かってくれます。
そしてビタミンCと一緒に摂ることによりその抗酸化力は増強されます。

ニラの効果

そのようなビタミンを含む野菜にニラがあります。

ニラはビタミンA、ビタミンEのほか多くの栄養素を含んだ野菜です。

ビタミンAには眼球や鼻の内部、口内にある粘膜の保持、髪の毛や爪、皮膚などの機能健康に保ってくれます。

そのため視力の低下などの回復に非常に良いとされています。

またニラは漢方に使われるほど効能の高い食材です。

そのため胃や腸を暖めてくれます。

そして血液の生産の手助けをするのみならず、血をサラサラにして循環を良くしてくれます。

血の巡りが改善されると全身にくまなく血が流れることになります。

つまり体の中心だけではなく末端まで温まることになり、冷え性の改善にも繋がってきます。

この血液をサラサラにするのにはニラに含まれているアリシンという成分も関係しています。

このように様々なニラに含まれる栄養素がただ単純に含まれているということだけではなく、相互作用することでさらに効率を上げているのです。

ニラの調理方法

しかしこの栄養豊富なニラも料理方法によっては摂取する際の効率が落ちてしまうこともあります。

例えば、ニラは水に弱いため料理をする直前までは濡らさないほうが良いとされています。

また、包丁でカットして置いておくのもよくないので保管が少々難しく、大量に買いだめをするのには向いていない食材と言えます。

上で述べたアリシンは根元の白い部分に含有量が多く、ビタミンEはその逆で葉の緑部分に多いです。

そしてアリシンを多く含んでいる部分は細かくカットしたほうが良く、葉の部分は大きくしておいたほうが栄養素的には良いといったように、切り方にも注意が必要です。

ニラを使った簡単な料理に定番のレバニラ炒めから、どんぶりものにニラを和えたものから汁物まであり、幅広く活かすことができます。

他にもニラ様々な料理方法や食べ方ができるので、自分でアレンジしながら創作レシピも比較的作りやすい野菜です。

いい意味で主張しすぎないため脇役として入れながら、その豊富な栄養素を摂取していくことができると思います。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-

関連記事

【唐辛子】は脂肪燃焼を促進する力がある!

唐辛子は、ナス科トウガラシ属の香辛料です。カレーやエスニック、中華料理、パスタなど、世界中の料理に用いられています。 唐辛子は、中南米原産で紀元前5000年頃には、食用にされていたといわれます。 メキ …

カレーが一段と美味しくなる隠し味:インスタントコーヒー

カレーをさらにおいしくさせる隠し味として、コーヒーがあります。 加える際のポイントや注意点などを紹介します。

健康は食事から!マクロビオティックを始めよう

現在は様々な健康法を実践している人が数多くいますが、健康を保つために、特に重要なのが栄養です。 健康的な食事法として有名な「マクロビオティック」は、健康効果だけでなく美容効果も高いため、女性の実践者が …

山梨県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

山梨県では、米が貴重なために、この地域のご当地グルメには、うどんなどの麺料理が多いのが特徴です。 山里でありながらも、海産物を使った名物があることも、見逃せません。 さらに、酒の肴として珍重される珍味 …

下ごしらえで変わる!漬け込むだけでお肉を柔らかくなるもの:フルーツ

特売肉を、美味しい高級肉の食感と味わいに変える下ごしらえの秘訣です。漬け込むだけで、お肉を柔らかくなるもの、それはジューシーでフレッシュなフルーツです。 いろいろな種類のフルーツがありますので、その中 …

楽天モーションウィジェット