賃貸と持ち家どちらがいい?それぞれのメリット・デメリット

住まいについて考えた時、賃貸か持ち家かで迷ってしまう人は多いはずです。
いずれにも良し悪しがありますので、どちらが優れているということはありません。

しかしながら少しでも希望にそう方を選んだ方が満足度も高くなることでしょう。

スポンサーリンク

賃貸ならではのメリット

金銭的負担が少ない

賃貸の良さとしては、金銭的な負担による精神的な圧迫が小さいことが挙げられます。
住宅ローンを組む場合ですと支払いをしっかりとやっていかなければいけないプレッシャーがありますが、そういった負担がないために気軽に選ぶことができます。
また、収入に合わせて物件のランクを選ぶこともできますので、経済的に厳しい場合でもマッチした住まいを手に入れやすいです。

引越しがしやすい

引越しが気軽にできるのもメリットでしょう。
例えば隣人トラブルに困っている時や、転職などによって勤め先が変わる時にもすぐに別の住まいへ行くことも可能です。
その時々の状況に応じて、フットワークが軽く引越しを検討することもできますので、快適な暮らしも実現しやすいと言えます。

希望の場所に住める

住みたい場所に住める可能性が高いという良さもあります。
物件はいたるところにありますので選択肢を沢山持つことができ、希望に合わせてチョイスすることも可能です。
また、賃貸ならではの気軽な引越しができますから、色々なところで暮らしてみたいという人にとって打ってつけと言えるでしょう。

知っておきたい賃貸のデメリット

家賃が掛かる

マイナス点としては、ずっと家賃が掛かり続けることです。
家賃の支払いには終わりがありませんので、賃貸を利用する限りは支払いをしていかなければいけません。
住居に関するコストが無くなることがないため、常に負担として考慮していく必要があります。

自分の資産にならない

あくまでもお金を払って借りているだけですので、自分の物になることがないのもデメリットでしょう。
たとえ持ち家を購入できるくらいの家賃を支払おうとも、資産になることはありません。
そのため、子供のために家を残してあげるといったこともできませんから、将来のことを考えた場合、資産にならない問題について熟慮する必要があります。

リフォームができない

自由度がないのもマイナスです。
例えば壁に穴を開けるにしても、入居者の一存で決めることはできません。
あくまでも借りている部屋ですから、ある程度の制限の中での暮らしとなります。
自由にリフォームをすることができないため、不便がある場合でも我慢をし続けなければいけません。
無論、勝手に手を加えた場合は修繕をしなければならず、もし何かしらを変化をさせた場合は退去時に大きな出費が発生する可能性もあります。

持ち家ならではのメリット

自分の資産になる

資産として残すことができるのが大きなメリットです。
支払いを終えてしまえば完全に自分の物とすることができますので、子供に財産を残したいという時にも適しています。
不動産は価値の高い存在ですから、将来のことを考えた際にも有利になると言えます。

スペックが高い

基本的なスペックが高いのも魅力です。
長く暮らすことを考えている住まいですので、快適に住める設計になっています。
設備のグレードも高いことで、暮らしの質としても優位になることが多いです。

リフォームができる

自由にリフォームができるという良さもあります。
自分の家ですから内装や外装に手を加えることはもちろんのこと、部屋を広くしたり庭を造ったりと、自由度の高い暮らしを送れます。
その時のライフスタイルに合わせて住まいも変化させられるのは持ち家ならではの魅力です。

支払い時の保障がある

支払いに困窮した際の保障があるため、万一の際にも安心感が持てるのもメリットと言えます。
例えば会社が倒産して支払いが難しい時にも、ローンを組んでいる金融機関に相談をして軽減してもらえることもあります。
また、団体信用保険に加入しておけば、支払い者が亡くなった時や障害を負って支払えなくなった時に支払いを免除してもらえますから、もしもの時にも住まいを失わずに済むのです。

知っておきたい持ち家のデメリット

金銭的負担が大きい

賃貸と比べた場合、圧倒的に資金的な負担が大きくなるのがマイナス点です。
初期費用は段違いに高くなりますので、そもそもの初期費用の捻出が難しいとマイホームの夢自体が実現できない可能性があります。
資金をしっかりと捻出できるかどうかという大きなハードルをクリアしなければいけませんから、ある程度の経済的な余裕がないと計画そのものも立てにくいと言えます。

メンテナンス費用が掛かる

メンテナンスを自費で行っていく必要があるのもマイナス点でしょう。
賃貸ですと、例えば設備に不具合が出たり建物が古くなった時にも自費の発生なく対処することができます。
ところが持ち家ですと自ら負担をしなければいけません。
そのためローンの支払いが終わっても何らかの理由でまた支払いが発生する可能性がある上、時には高額の費用が掛かりますので負担も小さくないのです。

引越しがしにくい

引越しを気軽に行えないのも持ち家ならではの悩みどころです。
もし隣人トラブルなどが起こっても、すぐに引越しを計画することは難しい場合が多く、それゆえにストレスを抱えながらの生活になってしまうこともあります。

最後に

お互いにそれぞれの良さがある一方、マイナス点も持っていますので、違いを理解した上で選択する必要があります。
特に持ち家の場合は気軽に住まいや計画を変更することができませんから、慎重な判断が求められると言えるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし

関連記事

フリマアプリ「モトインテリ」の特徴や使い方

モトインテリは、登録手数料無料、販売手数料無料の、バイクに特化した、バイクフリマアプリとして、大きな話題となっています。 今回は、幅広い商品を取り扱っている一般的なフリマアプリと違う、モトインテリなら …

フリマアプリ「ゴルフポット」の特徴や使い方

ゴルフポットは、スマートフォンを使って簡単に、ゴルフ用品を売買することができる、フリマアプリです。 クラブやウェア、パーツなどのさまざまなアイテムがたくさん、商品として出品されていて、気軽に購入するこ …

遠距離恋愛の彼女に送って喜ばれるプレゼント

昔は、手紙や黒電話などでしかコミュニケーションを取ることができなかったのが、今ではインターネットが発達したお陰で、パソコンやスマートフォンなどを駆使することによって、遠距離で付き合っている恋人とも、簡 …

いまさら聞けない年金入門|年金よりも生活保護の方がおトク?

老後に年金がもらえるのかどうか、不安を感じている人は少なくありません。 近年では、派遣や契約社員という雇用形態で働く人も増えており、厚生年金に加入をしていない期間が長い人や、加入はしていても支払ってい …

いまさら聞けない年金入門|厚生年金保険料の計算方法

将来、退職後の安定した生活のために、サラリーマンは厚生年金に加入しています。退職後は、納めた額に従って、死ぬまで年金が支給されます。 ところで、毎月の給料から厚生年金保険料が天引きされていますが、これ …

楽天モーションウィジェット