健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:カイロプラクター

セルフメディケーション時代の到来によって、いまでは自分の体は自分で管理しようという考え方が推奨されるシーンが増えています。

その中で、骨盤や背中などを矯正するカイロプラクティックなども注目されています。

スポンサーリンク

カイロプラクターとは

カイロプラクターは、アメリカ生まれのカイロプラクティックという代替医療の手技療法の施術を行う知識と技術を持った人のことです。

医師のような医学的な診断や治療は行わず、自然治癒力を高めることを目的にした施術を行います。

カイロプラクティックは日本では医業類似行為に分類されており、カイロプラクターという国家資格はありません。

法的な資格制度はないものの、専門技術がないと施術できないので、特定講座で民間資格を取得してから専門サロンや施術院、整骨院などで働くことが多いです。

どこかに勤務して働く場合は年収300~400万円程度が相場ですが、独立開業すればもっと稼ぐことも可能です。

カイロプラクターはアメリカなどの約40各国の国では脊椎ヘルスケアの専門職として法規制されていますが、日本では資格がなくても自称することができます。

ただし、2014年からは日本カイロプラクティック登録機構(JCR)による登録カイロプラクター認定制度が始まって、登録名簿が厚生労働省に提出されるようになりました。

これは民間資格ですが、世界保健機構(WHO)による教育基準を満たした証明になります。

資格を取るために必要なこと

カイロプラクティックは民間学校の認定資格なので、国家資格はありません。

複数の団体が独自に試験や資格制度を設けています。

学校などで知識や技術を学んで卒業すれば認定証や修了証が付与されます。

入学や受講のために必要な資格は決まっていませんが、スクールによっては高校卒業以上の学歴が必要なこともあるので、問い合わせるか資料を取り寄せて確認しておいたほうがいいです。

カイロプラクターの養成学校に通学して卒業することで取得するか、もしくは卒業後に民間団体や民間協会が実施している資格認定試験に合格することで取得するパターンが一般的です。

スクールや講座で学ぶのは、筋肉や神経、骨格などの身体の構造で、部位ごとの施術方法を習得していきます。

理論に基づいた技術を学ぶことができるので、実践に応用しやすいです。

身体の状態を的確に把握することで自信を持って施術ができるようになります。

資格があると患者さんからの信頼を受けやすくなり、個人で独立開業などの時に集客しやすくなるというメリットも期待できます。

人と健康に興味のある人に向いている仕事

カイロプラクターは民間の代替医療とはいえ、専門的な知識や技術が求められる専門職です。

人に触れて施術をする仕事は責任が重いので、適当な気持ちで行うことはできません。

人体の構造や機能、健康について追及する必要があるので、ヘルスケア分野に深い興味がある人が向いています。

リラクゼーション目的で利用されることも多いので、会話で患者さんを癒せるような朗らかな人柄が求められる場合もあります。

コミュニケーション能力が重視される職場もあるので、人と接することが苦にならない人の方が適任です。

身体の悩みを聞いたり、生活習慣についてアドバイスするなども仕事になるので、聞き上手な人や人の気持ちを理解することができる人に向いています。

施術をして身体が楽になったという方の喜ぶ姿を見て、自分も一緒に喜べるような素直さがあるとなお仕事にやりがいを感じられます。

カイロプラクティックの仕事の最大のやりがいは人から感謝される点なので、健康の分野で人の役に立ちたいという気持ちを持っている人に最適な仕事です。

カイロプラクターの将来性

最近では様々なヘルスケアの職業が注目されています。

類似職業としてあげられるのは、整体師やセラピストです。

柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師もありますが、こちらは国家資格なのが違います。

国家資格は医療行為が行えますが、民間資格は医療行為は行えないという明確な違いがあります。

カイロプラクティックも民間資格なので、医療行為は行えません。

ただ、医療機関よりも利用しやすいイメージがあるということで、あえてカイロプラクティックを利用する人もいます。

ただし、整形外科など医療機関に勤務してリハビリのサポートの仕事をするというような働き方もあります。

正社員、契約社員、アルバイト、パートなど様々な雇用形態があり、子育てから復帰して就職している主婦も多いです。

カイロプラクティックの技術は一度身につければ長く使えるものなので、パートとして稼ぐこともできますし、就職して経験を積んで独立開業して大きな稼ぎを得ている人もいます。

ストレスや高齢化の影響で肩こりや腰痛を和らげて欲しいというニーズが高まっているので、自然治癒力を高めるカイロプラクターへのニーズは高まっています。

最後に

カイロプラクターになるために特別な資格はありませんが、仕事をするには民間資格を取るためにスクールや講座を受講するのが一般的です。
医療以外で身体を癒したい人からのニーズが高まっているので、将来性のある仕事です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格

関連記事

車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自動車検査員

日本では道路運送車両法と呼ばれる法律によって、保安基準をクリアしていない自動車は公道上を走行することができないルールになっています。 この基準の適合性をひとつひとつ確認しているのは自動車検査員と呼ばれ …

将来的に独立ができる国家資格:弁理士

弁理士とは、特許や実用新案などの知的財産を取り扱う国家資格です。 今狙い目の国家資格の一つです。

会社にとって欠かせない存在!経理の資格「ビジネス会計検定試験」

ビジネス会計検定試験は、大阪商工会議所が主催する検定試験で、1級から3級までの3段階に分かれています。 企業会計には不可欠である、財務諸表の内容を読み解く力をはかる検定試験です。

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「福祉住環境コーディネーター検定試験」

4人に1人以上が、65歳以上という超高齢化社会が到来する中で、直近の課題になってきたのが住まいです。 誰もが安心して暮らせる住まいという条件を満たすには、様々なことを考える必要があります。

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「セールスレップ資格検定試験」

最近では、不景気が続いた影響や、十分に欲しいものが揃った時代になり、ものが売れなくなっています。 生活していると、みんな普通に買い物しているように見えますが、昔のようにワクワクしてものを見て、買うとい …

楽天モーションウィジェット