100万円を貯金するために、銀行口座を分けよう

貯金を始めたばかりの方は、どのようにしたら100万円貯められるのか悩んでいることでしょう。

意識を高めることはもちろんではありますが、貯めやすいための仕組みづくりとして、銀行口座の分散などの方法について考えていきます。

スポンサーリンク

自分の貯められないタイプを知ろう

これまでなかなか貯金ができなかったという方は、貯めるための行動に入る前に、なぜこれまで貯めることができなかったのかということについて振り返ってみましょう。

そこからやるべき行動が見えやすくなります。

まず、なんとなく浪費してしまうというタイプがあります。

収入的には十分なのに、お金があるとすぐに使ってしまってまったく貯金ができないという場合、使えるお金として残しておかないようにするということがポイントとなります。

そこで、銀行口座を分けて、使えるお金を限定していくことが有効です。

収入自体が少なく、まったく貯められないという場合、わずかな貯金からどのように増やしていくかという事を考えていく必要があります。

そういった面から、今メインで使っているものよりも、より高い利率の銀行口座を選ぶということが有効となるでしょう。

このように、貯められないタイプによって、どのように使い分けていくかという事も異なってきます。

ぜひ自分の貯められない理由をしっかり把握し、それに合った形で使い分けを進めて100万円を貯めていきましょう。

貯金分を分けておくための口座を準備

グルメにファッションに、趣味や自分磨きにと、生活を充実させようとすればすぐにお金は消えて行ってしまうものです。

給料を使い果たして、給料日近くになるとお金が足りなくなってしまうという場合、お金を残して貯金をするという事は難しいものです。

そこで、給料が入ったら先に貯金する分を別の口座に入れるということが有効です。

そうすることで、使えるお金はもともとの口座だけということが分かりやすいので、管理がしやすくなります。

使い切ってしまったとしても、貯金分として別の口座に移した分はきちんと残りますので、毎月着実に貯めていくことができるようになるのです。

この場合、貯金用に設ける口座は引き出しにくいかたちにしておくことがポイントです。

口座開設時には足を運びにくい場所にある銀行を選んだり、キャッシュカードなどを作らないというのも手でしょう。

自動引き落としなどもつけずにシンプルに管理していきましょう。

しばらく続けていくことで、100万円ためようという目標はすぐに達成することができるはずです。

貯金額が少なければ利息で増やす

同じ額を貯めようとしても、収入の多い人と少ない人とではかかる時間も異なります。

収入が多ければ毎月決まった額を積み立てていくだけでもかなりの額を貯めることができますが、収入が少ないと無理をして貯金する額を捻出したとしても増えにくいので、なかなか100万円という目標は達成しにくいものです。

そこで、収入が少なくて貯金に回せる額が少ない方は、できるだけ利息が高い銀行口座を選びましょう。

貯金用ですから下ろしにくくても構いません。

定期預金なども含めて、できるだけ高い利率の口座を作っておくことが必須です。

同じように預けていても利息として付く額が変わっていきますから、よりたまりやすいということができるでしょう。

単に貯めるというだけなら、使っているものとは別の口座を作ればいいという事ですが、少ない額を活かしながらより早く目標額を貯めていきたいという場合は、利息にも目を向けましょう。

調査などに時間と労力はかかりますが、こうした努力と工夫によって目標の100万円も達成しやすくなることでしょう。

100万円がたまったあとは

当初の目標としては、100万円程度と決めている方も多いでしょう。

しかし、それだけでは何かあった時、また老後の生活などについては不安が残ります。

そこで、100万円が溜まってからも貯めつづけ、また増やし続けていくということが必要になってきます。

貯金して貯めた100万円を元手にして株式などに投資をしていくのもよいでしょう。

値上がりすれば銀行の利息以上のリターンが見込めますし、そうでなくても身近な株を持ち続けていることで、株主優待などでお得な割引が受けられることもあります。

外食やショッピングを楽しむ方は、関連する株をチェックしてみましょう。割引券やプレゼントがもらえることもあり、非常にお得になります。

100万円あると投資もある程度しやすくなってきます。

せっかくためた100万円をそのままにしていくだけではなく、さらに増やしていくために、預けておくだけではない投資の仕方についても考えていきましょう。

投資にはリスクもありますので、しっかり勉強をし、情報収集してから始めることをお勧めします。

最後に

これまでなかなか貯金ができなかったという方は、銀行口座を使い分けることによってしっかり月々の貯蓄を進めていきましょう。
ある程度たまった段階で、さらなる投資など運用の仕方について考えていくとよいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-

関連記事

すっきり片付け!洗面所収納術

洗面所は賃貸住宅やマンションなど、もともと狭いことが多い上に、細々したアイテムが多く片付けにくい空間です。 身だしなみを整える場所なので、湿気対策や衛生面に気をつける事が必要です。

繊維の種類と特徴を把握する:麻

衣類の素材の多くには、より衣服を機能的にするための素材が使われている事が多くなっています。 その中でも数多く使われている麻は、耐久性が高い特徴を持ち合わせているので、多くの衣類に使われている傾向があり …

アイロン無しで「服のシワ」を取る方法:霧吹きで水をかける

服にシワがついていまう場面って色々ありますよね。 たとえば、 「夕方、洗濯物を取り込んで洗濯物かごに入れ、夜までそのままにしてしまったとき、いざたたんでしまおうと手に取ってみるとうっすらシワがついてし …

引っ越しの荷造りをスムーズに行うコツ

引っ越しで苦労したという意見が少なくないのが荷造り作業です。 家中の物をまとめていきますので手間がかかるものですし、単にまとめるだけでなく安全に運べるように工夫しなければいけません。 しかしコツを押さ …

知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:数珠の由来と持ち方

数珠は、葬儀の時には忘れずに持参するのがマナー。社会人になる前、あるいは一人暮らしをする前には、必ず自分用の物を用意しておいて、すぐに使えるようにしておきたいものです。 さらに、恥ずかしくない使い方を …

楽天モーションウィジェット