100万円を貯めるために、生命保険を見直そう

貯金をしようと思ったとしても、多くの人が何かの理由を付けて挫折してしまいます。

もちろん、しっかりとした自制心を持って自分を律することができる人であり、なおかつ経済的にも多少の余裕がある人ならば、「ちょっとした工夫」だけで実現することも不可能ではありません。

スポンサーリンク

貯金をするコツは、無駄を省くこと

100万円の貯金というと、人によってはわずか数か月程度で100万円貯金できてしまうほどの金額です。

年収1200万円ある人ならば単純計算で月収100万円ですから、2ヵ月間を1ヵ月分の給料で生活しさえすれば100万円を貯金することもできます。

しかし、人によっては100万円を貯めるために数年を要することもあります。

貯金をするうえで欠かせないことは、「失敗しないコツを知ること」です。

目標金額を貯める方法を知ることも大切ですが、それ以上に失敗を避ける方法を知ることが大切です。

なぜなら、成功する方法を知るだけでは失敗を回避することはできませんが、失敗を介する方法を知っていれば必然的に成功することができるからです。

そして、失敗を避ける方法と言えるのが「無理をしないこと」です。

日々の生活を切り詰めながら行えばスピーディーに進みやすいのは間違いありませんが、負担が大きくなることで継続しづらくなってしまいます。

むしろ、「日常生活における無駄を省いてその分だけを貯める」というスタンスのほうが、成功する可能性が高くなります。

何を節約するのかを考える

人によって割合は異なりますが、人が生活していく上で大きな支出となるのは「食費」です。

高級な食事ばかりを食している人、質素な食事を食している人で割合こそ違いますが、人間が生きていく上で欠かすことのできない食事でストレスを溜めることは賢明とは言えません。

むしろ、食事はある程度自由にした方が良いくらいです。

そういったことを考えながら自分の支出を棚卸ししていきます。

食費、生活費、家賃、水光熱費、趣味、交友費などの項目に分けて支出を整理していって、「無理なく節約できそうな項目」を洗い出します。

収入と支出のバランスが悪く、ほとんど無駄な支出をしていないのに節約できそうな項目が見つからない時には、無理をせずに状況を改善することを優先した方が賢明です。

健全な生活を送る上で必須である食費、水光熱費などを節約しようとするのは非常に難しいです。

ただ、同じ項目でも「晩酌のお酒を1本減らす」「冷蔵庫を開ける時間を短くする」「エアコンの設定温度を高めにする」ということをすると、無理をせず節約することができます。

具体的な数字を出して管理すると良い

とは言え、晩酌のお酒を1日1本減らすことで、どのくらいの節約が可能なのかを理解していないと、「無意味な努力」と感じてしまいやすくなります。

お酒の本数ならば金額に換算しやすいのでまだ良いですが、エアコンの温度調節や冷蔵庫の開封時間などの違いは金額として明確に現れづらいため、途中でやらなくなってしまう可能性が高くなります。

そんな時には、「明確に金額として算出して視覚化する」という方法をとることで継続意欲を高めることができます。

最新の家電ならば消費電力を視覚化してくれるものもありますが、貯金をするために最新家電を購入する方法は必ずしも賢明とは言えないため、別の方法でアプローチすることを考えましょう。

たとえば、「電力メーターを毎日決まった時間にチェックする」という方法では、毎日の消費電力を把握できます。

消費電力=電気料金となるため、どの程度の節約ができているのかを目視で確認可能です。

メーターのチェックが面倒ならば、週に一度に留めて週間の差を比較するような方法でも十分に効果が発揮されます。

すぐに必要にならない支出を見直す

いついかなる時に何が起きても問題が内容、「万が一のときの安心」を目的として加入する保険は、ほとんどの人が金額的には損をしています。

もっとも、そういうものであることを理解しながら「最悪の事態」を回避するために加入するものが保険なので問題はありません。

しかし、ここに必要以上の支出をしていたのでは効率が悪くなります。

「ネット生保」と呼ばれる商品は、一般的な生命保険商品と比べて金額が安く抑えられるものが多くあります。

ネット生保の中にも一般商品並みに充実した補償内容の商品があるので、希望に応じて商品を選択することが可能です。

たとえば、30代までは補償内容の軽い商品を契約して支出を減らすという選択をすれば、充実した内容の商品を契約している時と比べて年間数万円もの節約が可能になることも珍しくありません。

必ずしもネット生保にしなければいけないというわけではなく、結果的に内容のバランスが取れてさえいれば問題はありません。

状況ごとに頻繁に保険を見直すことは、貯金をするうえで大きな影響を与えることを覚えておきましょう。

最後に

保険は「万が一のリスク」を解消する手段であり、日常的にメリットを享受するものではありません。
そのため、多くの人が損をしてしまっているわけですが、だからと言って契約をしていなければいざというときに困ります。
ただ、バランスはよく考えて適切な判断をすることが必要です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-

関連記事

@モバイルくん。の格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

ガラケーからスマートフォンに買い替えたい人は、大手キャリアよりも@モバイルくん。がおすすめです。 ここは、格安スマホと格安SIMを販売する業者で、大手よりも非常に安い値段でスマートフォンを利用できます …

洗濯が楽になる!便利な100円グッズ

洗濯を行う頻度は人それぞれですが、洗濯用のグッズがあると効率良く済ませることができて便利です。 ホームセンターやドラッグストアに行けば、様々な商品が販売されていますが、値段が張ることもあって普段使いに …

料理の腕が上がる!あると便利なキッチン家電 : ヨーグルトメーカー

乳酸菌を体内に取り込むことで、腸内環境の改善に役立つ食品としてヨーグルトがあまりにも有名です。便秘気味の人や肌荒れに頻繁に悩まされる人にとって、食料品売場で簡単に購入できるヨーグルトは便利ですが、ヨー …

ネット銀行活用術 : シティバンク銀行の特徴

シティバンク銀行は日本の銀行でしたが、アメリカ合衆国のシティグループ傘下の日本法人として事業を行ってきました。2007年に開業したものの、現在ではシティバンク銀行という名の銀行は存在しません。

知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:服装、髪型、小物のマナー

葬儀に参列する際、男性・女性共に、服装のマナーを守る事が重要です。 ふさわしくない身だしなみで参列してしまった場合、ご遺族や他の弔問客を不快な気持ちにさせてしまいかねません。 事前に、身だしなみのマナ …

楽天モーションウィジェット