資産運用で100万円を貯めるには?

100万円の貯金を貯めるという目標を立てても、日常生活を送りながら貯めることは簡単ではありません。

毎日の支出を節約しているとストレスが蓄積され、仕事だけでなくプライベートにも影響が出ます。

最も良い方法は、節約するのではなく資産運用によって貯めることです。

スポンサーリンク

100万円を貯めるための資産運用法

資産運用で100万円という金額を貯めることは一朝一夕にはいきません。

投資で失敗する人の多くは、利益を早く得たいと考えて焦ってしまうことが原因です。

さらに、投資をしたことによって保有している資産の価値が上昇し、一定の利益を得ているにもかかわらず、より多くの利益を得ようとして適切なタイミングで決済できずに、損失に転じてしまうことも考えられます。

そのため、100万円の貯蓄をするという目標を立てていることを忘れないようにすることが大切です。

100万円という利益を確保できたら、それ以上は欲張らずにその段階で保有資産の決済を行い、利益を銀行の預金口座に移すことが必要になります。

預金口座に移してしまえば、そのお金を投資に回すことは出来ないため、100万円の貯金を確保したままの状態を維持することが可能です。

資産運用は貯金を増やすことが出来る方法であると同時に、貯金を減らしてしまう可能性があることも頭に入れて、さらに、投資する金融商品の知識を十分に有することも怠らず、リスクを承知してから始めなければなりません。

最も始めやすいのは株式投資

数ある資産運用法の中で、もっとも始めやすいのが株式投資です。

以前は証券会社の店頭に足を運ばなければ、株式銘柄を購入するどころか、取引口座を開設することも出来ませんでした。

しかし、現在はすべてのやりとりをインターネットを用いて、自宅に居ながらにして行えるようになっています。

スマートフォンでも行えますが、パソコンがあるとより詳細な分析が出来るようになり、利益を出せる可能性が高まります。

取引口座を開設した後はすぐに株式銘柄を購入できるようになりますが、聞いたことがある会社や有名な会社という理由で選んではいけません。

会社の知名度と株価の上昇率は別の問題だからです。

株式投資で用いられるテクニカル分析やファンダメンタルズ分析を勉強し、これから株価の上昇が見込まれる銘柄を選ぶことが大切です。

銘柄を決めて購入したら、細かい値動きに一喜一憂せず、目標額に達するまで保有し続けることを基本方針にします。

一方で、一定の損切りラインを決めておき、そのラインを下回ったら躊躇せずに決済をして、すぐに次の銘柄選びに取り組む姿勢が求められます。

一長一短の特徴があるFX

各国の通貨を売買する為替取引、通称FXも急速にメジャーになってきています。

レバレッジというシステムを活用することによって、株式投資よりも少ない資金量で始めることが可能ですが、通貨ペアによっては値動きが激しいことや、各国の経済政策によって大きな変動が起こることから、十分な知識と迅速に対応できる機敏性が必要になる投資です。

資産運用として100万円を貯めることを目標にするのであれば、レバレッジは利用するべきではありません。

レバレッジは少額の資金でFXを始めるための良い手段ではあるものの、リスクが増大するというデメリットがあります。

資産を急激に増やすのではなく、着実に増やすことを心がけ、自己資金のみで投資に取り組むのが100万円をためるためのポイントです。

さらに、投資する通貨ペアを厳選することも必要です。

特に、イギリスポンドが絡む通貨ペアは、価格の値動きが一方的になることも多くあります。

そういった状況になると資産を急激に減らしてしまうこともあるので、米ドルと日本円のペアなど、比較的安定している通貨ペアを選ぶことが大切です。

投資中に行うことが少ない不動産投資

不動産投資は、利益を得る方法が二つあることが最大のメリットです。

不動産を取得したときの購入価格と手放すときの売却価格の差額が利益になるキャピタルゲインと、不動産を賃貸物件として貸し出し店子から得られる毎月の家賃収入が利益となるインカムゲインです。

100万円の貯金を貯めることを目的として不動産で資産運用を行うのであれば、インカムゲインを狙った投資をするべきです。

最初に不動産を保有するための投資資金は大きな金額になりますが、不動産を購入して入居者が決まれば毎月の家賃が振り込まれることになります。

通常は物件の管理が必要ですが、物件の維持管理を専門業者に任せれば、入居者が決まればあとは何もせずに毎月決まった金額が利益として手元に入ってきます。

そして、100万円の利益がでたあとは保有物件を処分します。

そのときは、価格が上昇していなくとも、下がっていなければ良いという状態にあるため、処分で右往左往することも少なくなります。

時間は掛かりますが、着実に貯金が出来る資産運用が不動産投資だと言えます。

最後に

100万円の貯金を貯める方法は日々の節制だけではありません。
不動産運用によって積極的にお金を稼いで貯めることも可能です。
100万円という金額は大きい額ですが、しっかりと勉強して運用に取り組めば十分に貯められる額です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-暮らし
-,

関連記事

賃貸と持ち家どちらがいい?それぞれのメリット・デメリット

住まいについて考えた時、賃貸か持ち家かで迷ってしまう人は多いはずです。 いずれにも良し悪しがありますので、どちらが優れているということはありません。 しかしながら少しでも希望にそう方を選んだ方が満足度 …

ネット銀行活用術 : りそな銀行の特徴

都市銀行として運営している金融機関のりそな銀行ですが、全国に330以上の本支店を構えている他、ネット銀行としての顔も持っています。 ネットを活用したオンライン取引を利用することで、振込手数料が安く抑え …

クレジットカード「リクルートカード」の特徴やおすすめポイント

リクルートカードは、リクルートがリリースしている、高還元率が特徴的なクレジットカードです。年会費が無料で、還元率が1.2%という特典があります。 ポンパレモールでお買い物すると、ポイントがもらえたり、 …

初心者におすすめのペット:フェレット

小さなお顔にキョロキョロ動く目、にょろっと長い胴体に、小さなお手々が可愛らしいイタチ科のフェレットは一人暮らしの方に人気のペットです。

いまさら聞けない年金入門|厚生年金の加入年齢と受給年齢

厚生年金は、正社員として働いていると給料から、自動的に徴収されています。 しかし、いつから払えばいいのか、いつまで払えばいいのか、いつからもらえるかは把握していない人が多いのではないでしょうか。 とい …

楽天モーションウィジェット