貯金を習慣にして100万円を貯める方法

100万円と聞くと簡単には貯められないと思ってしまうかもしれません。

でも、月々3万円ずつ貯金していけば、1年で36万円、2年で72万円、なんと3年で108万円も貯めることができます。

塵も積もれば山となるです。

スポンサーリンク

毎月貯金をするためのポイント

1.月々定額を貯金にまわす

給料が入ったと同時に、クレジットの支払いや月々の光熱費などに必要な金額を確保しておく人は多いですが、100万円を貯めるためには必要経費とともに貯蓄分を先に給料から引いておくことをおすすめします。

毎月の給料から決まった額を天引きし貯金に回すことで、知らず知らずのうちに金額が増え100万円の目標を達成することが可能です。

手取り20万円の人なら月々3万円程度の額を貯金に回すことは、それほど生活の負担に感じることはないでしょう。

お小遣いを少し減らしたり、たばこをやめたり、必要ない飲み会などの参加を少し減らすことで確保できる金額です。

なかなか貯金の習慣が身につかないという人には、事前に給料から天引きされる財形貯蓄や財形年金などを利用して貯金するのもよい方法だといえます。

各金融機関などの積立預金などに毎月掛け金を入金していくことも、確実に貯金をためることができ便利です。

100万円を無理なく貯蓄するためには、毎月定額を必ず貯蓄する習慣をつけることが大切です。

貯蓄分の金額は、必ず確保しておきましょう。

2.自動的に天引きされる積立預貯金を利用

分かっていても給料が入れば、あれも欲しいこれも欲しいと買い物に走ってしまう人には、毎月決まった額を口座から引き落として貯めることができる、積立預貯金の利用がおすすめです。

積立型なら毎月設定しておいた額を自動的に天引きして積み立ててくれるので、貯金するのを忘れていたということがありません。

引落日を給与日に設定しておけば、給与が入った日にしっかりと積み立てられるので、確実にお金を貯めることが可能です。

積立預貯金ならいちいち口座に振り込みに行く手間も必要なく、給与口座から振り替えてもらえるので安心して積み立てられます。

積立額は、各金融機関により最低額が決められているので、自分に最も最適な金額を考え積み立てていきましょう。

100万円を3年で貯めることを目標とした場合、1か月の積立額は3万円程度となります。

給与収入と生活費とのバランスを考えながら、負担のない範囲で金額を決めましょう。

もちろん、もっと多くの額を積み立てることも可能なので、1年間で100万円を貯めることもできるでしょう。

3.出来る限り無駄な支出を減らす

お金がなければ無駄な出費も抑えられます。

銀行などでお金を引き出す場合は、必要以上の金額を引き出すことがないように心がけましょう。

金額が多いとついつい余計なものまで買ってしまいがちです。

何かを買う場合は、必ず一呼吸おいて絶対に必要かどうかを再度確認してから買うことが大切です。

今まで週に何回かカフェで友達とコーヒーを飲んでいたという人は、自宅で友人とのおしゃべりを楽しむおうちカフェに切り替えてみるといいでしょう。

ヘビースモーカーの人なら、健康のためにもこの機会に禁煙してみることをおすすめします。

スマホの代金がかさんでいる人は、格安スマホへの切り替えなども考えてみてはいかがでしょう。

被服費を節約するためにもリサイクルショップの利用は便利です。

ついでに不用な品物を買い取ってもらえれば一石二鳥です。

意外と出費がかさむものに外食があります。

朝食や夕食は出来るだけ自宅で済ますようにし、お昼もお弁当などをつくっていけばコスト面でかなり削減できます。

そのうえ、食事のバランスもよくなり健康的になれるでしょう。

4.クレジットカードは1枚に集約する

クレジットカードはついつい使いすぎてしまう傾向があるので、管理しやすいよういに1枚のカードで支払いを集約することがおすすめです。

1枚のカードにすることで、支払の全体が把握でき無駄な支出をチェックすることができます。

ポイントがつくカードなら1カ所にポイントが集中するので、短期間でポイントが貯まり、そのポイントで商品などが購入できるからお得です。

クレジットカードを利用する際には、ポイント還元率の高い日に利用したり、割引特典などがある時に利用することをおすすめします。

ガソリンスタンドなどの発行しているクレジットカードなら、ガソリン代が割安になったり各種特典が受けられるので利用する価値はあります。

クレジットカードを賢く利用してポイントを上手に活用すれば、それだけでも節約効果が上がります。

100万円を貯めるためには、まず支出を減らすことが大切です。

月々の生活費の中から無駄な出費がないかどうか家計簿代わりにクレジットカードの明細をしっかりと見直してみるのも節約のいい方法になるでしょう。

最後に

100万円を貯金するには、定期的な積立貯蓄の習慣と無駄な費用の削減が必要です。
しっかりとした貯蓄計画を立て、無理無駄のないお金の使い方を実践していくよう心がけましょう。
まずは、100万円をいつまでに貯めるかを計画しその目標に向かって頑張ることが大切です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-

関連記事

LINEモバイルの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

毎月のスマートフォン料金を、圧倒的に安くできるサービスとして、近年注目されているのが、格安スマホ・格安SIMと呼ばれるサービスになります。 中でも、LINEモバイルは多くの人におすすめができます。 同 …

アイロン無しで「服のシワ」を取る方法:シャワーの湿気を利用する

着ようと思った洋服やスーツが、シワだらけになっていて着られないと焦ったことはないでしょうか。 特に旅行先や、アイロンを持っていない場合には、アイロンでシワを伸ばすこともできません。なかにはアイロンがけ …

美を追求する最新美容家電 ― ヘアアイロン ―

オシャレに気を使っている女性ほど、普段からしっかりヘアセットを行っている場合が多いです。ただ髪に強いクセが付いている髪質をお持ちの場合、髪をまっすぐに仕上げようとしても、すぐにうねりが出てしまったり、 …

生活をよりスマートに|注目の最新家電「温冷美顔器:COSBEAUTY JAPAN」

美顔器で知られているCOSBEAUTY JAPANから、最新家電、温冷美顔器 Lift Iron(リフトアイロン)が発表されました。 この美顔器は、肌が本来持つ力を引き出して、美しさをワンランクアップ …

フリマアプリ「チケット流通センター」の特徴や使い方

スマートフォンなどで利用できるフリマアプリのひとつに、チケット流通センターがあります。 様々な商品を幅広く取り扱っているのではなく、ライブやイベントなどのチケットのみを、個人間売買できるようになってい …

楽天モーションウィジェット