医療系の資格:調剤報酬請求事務専門士


調剤事務の仕事を目指す場合、調剤報酬請求事務専門士を取得していることで、専門知識があることをアピールできます。

スポンサーリンク

調剤事務を目指す人にあるといい資格

調剤の業務は、薬剤師の資格を持っている人しか行うことができません。
これを独占業務と言います。

それと比較して、調剤事務は専門性のある仕事ですが、特に資格を持っていなくても行うことが可能です。

就職の時には、経験があると有利です。
経験がない人は、調剤報酬請求事務専門士試験を受験し、合格することで知識があることをアピールできます。

調剤事務の経験がなくても、医療事務の経験がある場合、業界が近いためすぐに戦力になれる可能性が高いという点をアピールできます。

また、事務作業では専門のソフトウェアを使用するので、医療業界でなくてもパソコンを使って事務処理の仕事をしていたことがある場合には、それらの経験もアピールできるでしょう。

調剤と調剤事務の仕事内容について

調剤といえば、薬剤を調合することです。

例えば、風邪をひいて医薬品をもらう時に、薬局で薬剤師の人がそれを行っています。
薬局で少し待たされるのは、この調剤の作業などを行っているからです。

その時には患者のカルテから副作用が出ないか、飲み合わせは大丈夫かといったことをチェックして安全性を保っています。

薬剤は医師の処方せんに基づいて調合されます。
医学と薬学は強い関係があり、その上、それぞれの専門性も高いです。

そこでより効果的で安全な治療を目的とした医薬分業という言葉があるように、医師と薬剤師の仕事を分けて行うようになりました。

それぞれが自分の専門分野に集中できることで、患者にとっても医療の安全性などのメリットが得られます。

そのような調剤薬局で働くのは薬剤師だけではありません。
それが調剤事務という仕事です。

調剤事務の仕事内容は、主に来局をした患者の人から処方せんを預かり、そのデータをパソコン処理することがメインです。

調剤薬局の受付として働く場合が多いです。
また、他にもレジで会計の対応をしたり、医薬品の検品や入庫のチェックを行い、次に備えて発注を行うこともあります。

そして、月に一度あるのがレセプトの請求の仕事です。
レセプトとは日本語で、診療報酬明細書と言います。

医療機関で保険証を提示して受けた保険診察の場合、その費用は患者自身とその健康保険事業の運営者が負担します。
レセプトはこの運営者に対して行う請求の明細書のことです。

調剤事務は、少しでもミスがあると対応してもらえないため、細かいところにも気を使える人に向いているでしょう。

調剤報酬請求事務専門士試験について

調剤報酬請求事務専門士は、一般財団法人の専門士検定協会が実施している資格試験で、長い歴史があります。
その資格区分は、国家資格である薬剤師とは違って、民間資格にあたります。
いくつかある調剤事務の資格の中では、比較的認知度の高い資格でしょう。

受験資格の制限はありません。
そのため、誰でも受けることが可能です。

調剤報酬請求事務専門士試験は1級から3級に分かれています。

試験内容は学科と実技です。
学科では、薬剤の基礎知識や調剤報酬請求について問われます。
実技では、処方せんから調剤報酬明細書の設問箇所の点数を求める問題が出題されたりと実践的です。

難易度はその他の資格と比較してそれほど高くないので、対策を行なっていれば短期間での取得を目指せます。

調剤報酬請求事務専門士に加えてあるといい資格

調剤事務として働きたい場合に、合わせて持っておくといい資格がいくつかあります。

1.簿記に関する資格

日商簿記検定が代表例としてあげられます。
調剤事務の業務に直接的に役立てるのは難しいかもしれませんが、簿記を持っているとお金の流れを理解する知識を身につけることができます。
それによって、コストの感覚が身につき、薬剤の管理の時に役立つでしょう。

2.ITに関する資格

情報処理推進機構、情報処理技術者試験センターが実施しているITパスポートなどがよく知られています。
ITパスポートは情報処理の入門に位置する資格で、持っている人へのニーズが高いです。
調剤事務の仕事にはパソコンが不可欠なので、その基本的な知識があることは業務に役立つでしょう。
例えば、ちょっとしたパソコンのトラブルであれば自分で調べて解決することができれば、薬局全体の業務もスムーズに行うことができます。

3.英語関連の資格

よく知られている資格に、実用英語技能検定やTOEICがあります。
来局をする患者の中には、日本人ではない人もいるため、外国語としてよく使われている英語でコミュニケーションをとることができると良いでしょう。
日常会話程度であれば、中学英語で対応できます。
実際に、英語圏のネイティブの人の日常会話で使われている単語などはほとんど中学英語の内容が使われています。

上で挙げた全ての資格に共通しているのが、汎用性が高いということです。
調剤事務の仕事を目指す時には、はじめに調剤報酬請求事務専門士試験に合格し、その後でプラスアルファとして上で紹介した資格を目指すと良いです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-

関連記事

傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの資格:高齢者施設ミュージックセラピスト

音楽療法は、ストレス解消や集中力アップなどのほかにも認知症の予防など様々な効果をもたらします。 これからの高齢化社会に高齢者施設ミュージックセラピストの存在は、大きな力になることでしょう。 この機会に …

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「アロマテラピー検定」

香りは、人の心をリラックスさせてくれるものです。アロマを焚いて、部屋中をいい香りで満たしたり、お風呂に浸かりながらアロマでリラックスしながら温まったりと、色々な使い方ができます。 最近では、ビジネス、 …

会社にとって欠かせない存在!経理の資格「所得税法能力検定」

所得税といえば、源泉徴収や確定申告など、サラリーマンにとってはあまり関係なさそうに見えて、実は関係深く、個人事業主にとっては、毎年のように接することになる税金の1つです。 経理などをやる人からすれば、 …

仕事に役立つ!女性におすすめの資格5選

資格を持っていると、仕事をする上で、または転職する場合にも有利になりそうですよね。 女性が仕事に求めるものも様々です。 収入を増やしたい人、やりがいを求める人、会社のブランドにこだわりがある人など、仕 …

会社にとって欠かせない存在!経理の資格「消費税法能力検定」

事業を行うと言うことは、お金の動きが必ずあります。顧客に対して請求したり、物品を購入するために支払ったり、物品を輸入するときの関税の支払いなどさまざまです。 どんなに動きのない事業者と言えども、なんら …

楽天モーションウィジェット