手先が器用じゃなくても大丈夫!クレイアートを趣味として始めるには

近年、大人のための粘土細工として、クレイアートに注目が集まっています。

子供の頃に学校などで油粘土を使って物づくりをした経験のある方も多いでしょうが、今はもっと扱いやすく、手も汚れない様々な素材を使った粘土細工が人気を集めています。

web上には粘土で作った本物そっくりの料理の作品がアップされて話題になったり、各人が作った粘土作品を投稿して見せあえるサイトが人気を集めたりしています。

スポンサーリンク

趣味としての粘土細工・クレイアートとは

使われる素材は、お馴染みの紙粘土から始まって、小麦粉、石粉、軽量樹脂、樹脂など様々です。

ホームセンターなどで格安で購入できる粘土もあり、身近なものを使って、あまりお金をかけずに創作活動が出来る優れモノの趣味と言えるでしょう。

誰しも経験がある作業ですから、始めやすいというメリットもあります。

最近では銀の混ざったシルバークレイと呼ばれるものや、固まるとプラスチックのような硬度になる樹脂など様々な素材があり、気軽に小物やアクセサリーを作って楽しむことが出来ます。

今や多くの方がクレイアートを始めていますので、サークルや教室などが多数存在しています。

作成方法や関連知識はネットですぐに見つけることが出来ますし、作品の発表の場もあるため、お互いに見せ合ったり批評しあったりすることで楽しみも倍増しそうです。

また陶芸も広い意味で粘土いじりと言えます。
陶芸は極めようと思えば奥深いのですが、初心者が気軽に始めることもでき、自分の使う食器や花器などを作って楽しめるスタンダードな趣味です。
多くの陶芸教室やカルチャースクールがあるために、一緒に楽しむお仲間も探しやすいでしょう。

手軽に入手できる紙粘土から始めてみよう

紙粘土は紙を細かくして水に浸し接着剤と混ぜたもので、軽く加工しやすい特徴があります。

100円ショップやホームセンターなどで手軽に格安で購入することができるのもメリットです。

乾燥すると固くなり、削ったり表面をざらつかせるなど加工がしやすく、またペットボトルやトイレットペーパーなど芯とする素材にも付着しやすいので、使い勝手が良いです。

一度乾いても、また水を含ませることで再利用でき、可塑性にも優れているため経済的です。

絵の具などで着色する場合も、少しの絵の具でしっかりと色が付くのも紙粘土の良いところです。

大変扱いやすいので、小さなものを作るのにも向いており、乾燥すると固さも出ます。

大きなものを作ると、内部までしっかり乾燥するまでやや時間がかかる場合があります。

デメリットとして挙げられるのは、完成作品が壊れやすいという点でしょう。

小さなものでしたらあまり問題になりませんが、小さな突起が付いていたり、大きな作品ですと、注意が必要です。

壊れやすさについては、石粉粘土を混ぜ込むなどの方法でカバー出来ます。

石粉粘土は硬く扱いにくいものの、乾燥すれば硬度が高く壊れにくい特徴があります。

石粉粘土を単品で扱おうとすると、やや重く扱うのに力が必要で、すぐに乾燥するため水分を付けながら細工する必要があります。

一度乾くと大変強度が出るため、後で表面の細工をしたり着色することが出来ます。

自分の作りたいものに応じて、粘土の素材を選ぶことが大切です。

粘土細工を始めてみようと思われたなら、入手しやすく扱いも簡単な紙粘土から始めてみるのはおすすめです。

樹脂を使ったクレイアートの魅力

近年特に話題になっているのが、創作している時に手が汚れず、作った後の作品が固くなりすぎない「軽量樹脂」で作るクレイアートです。

触った時に柔らかくて気持ちが良い素材で、手に付きにくく、完成した後もかちかちに固まることがありません。

まるでマシュマロのような柔らかさをもった仕上がりになるため、壊れにくく優しい感触の小物やアクセサリーを作ることが出来ます。

色を付けるのも簡単で、少量の絵の具を混ぜ込むだけなので、自分のイメージ通りの着色が可能です。
グラデーションを出したいなどの複雑な着色も出来ます。

また、ラップなどでくるんで乾燥させすぎないように配慮すれば、何度でも使うことが出来ます。

クレイアートは大人気なので、体験教室やサークルも多数存在しています。
Web上にも多数の作品が発表されています。

軽量樹脂粘土はネットで注文して入手するのがおすすめです。

ホワイトの素材に自分で作った絵の具で着色することも可能ですが、あらかじめ着色したものも売られています。

小さなお子様でも簡単に始められるので、親子で楽しめる趣味としてもぴったりです。

紙粘土のように散らかったり汚れることもなく、手に付きにくいので安心です。

柔らかい触り心地が気持ちよく、可愛らしい小物はちょっとした贈り物としても喜ばれることでしょう。

最後に

この他にも今様々な素材を使ったクレイアートがあります。
ご自分の作りたいものや興味のある素材を選んで、気軽に費用をかけないクレイアートを始めてみてはいかがでしょうか。
手先を動かすことは脳の活性化に繋がることが分かっていますので、お年を召した方にもお勧めしたい趣味と言えるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

フリマアプリ「モノキュン!」の特徴や使い方

スマートフォンから気軽に、フリーマーケット感覚でお買い物ができる、フリマアプリの人気が急上昇中です。 最近では、ちょっと変わったフリマアプリも続々と登場しており、その特徴や使い方に注目が集まっています …

老化防止にもなるクリエイティブな趣味【ファッション】

ファッションと聞くと、才能のある人やスタイルの良い人が楽しむものという印象を持たれがちです。しかし、ファッションの本質は、いかにして格好良く見せるかや、スタイルを良く見せるかという工夫にあります。 フ …

婚活中におすすめ!ダイビングが趣味だと出会いが広がる

近年の日本では結婚をしない人が昔より増えていますし、また若い世代の人たちの人口自体も少なくなっているため、結婚したいと願う場合には、昔よりも努力が必要になっています。 そのため婚活を頑張ろうと考える人 …

お金がかからないコスパ良しの趣味:マラソン

寒い冬が終わって暖かくなってくると、何か趣味を始めようと考える人も増えます。 そんな人達の中で最近特に注目を集めている趣味のひとつが、好きな所を好きなだけ走るマラソンなのです。

紙と鉛筆だけで始められる!俳句の魅力と楽しむポイント

俳句は季語を使って5・7・5の17文字の中で作る定型の詩で、松尾芭蕉や与謝蕪村の俳句は教科書にも載っており、多くの人が知っているはずです。 そして、これは才能のある有名な俳人だけでなく、年齢、性別を問 …

楽天モーションウィジェット