美容やファッションに関わる資格:クリーニング師試験


数多くの資格がある中で、もっと手に職をつけたいと思う時には、クリーニング師試験を受けるのもお勧めです。

スポンサーリンク

クリーニング師はどんな資格?

クリーニング師は美容系の資格に分類されますが、クリーニングに携わる人であれば持っていても損はない資格と言えるでしょう。

クリーニングと言うと、洗濯物を取り扱うだけと思って簡単そうなイメージもあるかもしれませんが、きちんと法律でクリーニング業法が定められています。

クリーニング師は国家資格であり、お店に最低でも一人は擁しておかないといけません。

それぐらい重要な存在ですから、仕事にももっと幅を広げていけそうだなと可能性も感じるのではないでしょうか。

一度合格したらそれで終わりではなく、3年間に一度は変化に対応すべく、繊維やクリーニング、そして関連法案に理解を深めるべく研修に参加することも決められているのです。

クリーニング師は一度の試験だけで終わるのではなく、それ以降も合格者で知識を深め、研鑽を続けていけます。

何か不安になりそうな時も勉強を続けていけるので、業務としてクリーニングに携わる中でも安心感が得られる事でしょう。

自分自身でも毎日洗濯を行っていると思いますが、いざ仕事として「クリーニング」を扱うとなると、また日常的なレベルとは違ってきます。

洗濯をする事、衣服などの生地の素材、洗剤はどうするのか、染み抜きの事など、業務になるとさらにやる事や覚えていかなくてはいけない事も沢山あります。

家庭の仕事の延長に思えるかもしれませんが、学び終えた時の達成感はまた違った喜びを感じられるでしょう。

試験を受ける時の費用や開催地は?

クリーニング師試験は、各都道府県の知事から免許を受けて、晴れてクリーニング師となる事ができます。

自分の住んでいる地域がいいのか、それとも別の地域で試験を受けた方がいいのか悩む方も多いのですが、試験自体はどこで受けても構いません。

ですが、最終的に合格をした後、免許の申請やいろんな手続きが発生します。
例えば、北海道の人が沖縄で受けて合格したら、また沖縄に行って手続きをするということになるのでとても大変です。

受験地域によって、受験料は7000円台のところもあれば1万円を越す場合もありますが、関東の方が比較的受験料が高めになっています。

基本的な試験の内容としては、教本を元にした学科と実技の2点となります。

学科はしっかりと教本を学ぶ事である程度の点数は稼げるのですが、実技は繊維や薬品類の鑑別、染み抜きについて必要な知識、そしてYシャツを仕上げるというようなテスト内容となっています。

意外に思われるかもしれませんが、Yシャツを綺麗に仕上げることは難しいと言われているので、勉強を始める時にはきっちり実技の腕も上げられるように頑張っておく方が良いでしょう。

試験内容も各都道府県によって若干違っているので、自分の最寄または近隣県で受験しやすそうな印象があるなら、自分の住まい以外を選択肢にして申し込みを行い、試験勉強や対策を入念にしておくというのも合格のためには良さそうです。

合格後はどんな風に生かしていける?

クリーニング師はただ単に学ぶだけの内容ではありませんから、きちんと勉強をして合格する事ができれば、今後の仕事にも生かしていく事ができます。

クリーニング関連の仕事に就くのも良いでしょう。
資格取得者がいるというだけで、採用する側にとってもかなり安心感があります。

普段の生活の中でも、何となく洗剤を使って洗濯をしていたという作業だったのが、より丁寧に洗剤選びや水、素材を考えながら無駄なく綺麗にしていくことが出来るようになります。

合格率自体は70~90%と低くはありませんので、早めに勉強をすれば対策をしやすくなります。

日程は早ければ9月~12月開催、そうでなければ翌年1月~3月ぐらいの開催をしている都道府県が多いです。

秋冬に向けて勉強をするイメージで、1年前かまたは春ぐらいから期間を設けて、自分自身で勉強をしていくと良いでしょう。

事前の講習会でどのような試験内容になりそうか、実技に関してのレクチャーもしてくれていますので、独学で限界を感じているようであれば、ぜひそちらも活用しておくとより合格への道のりが短くなるでしょう。

最後に

クリーニング師は合格後も就職に繋げやすい使える資格です。

ベースとなる基礎知識は全国どこでも必要になってきますが、受験地域によって特色もありますし、実技がない地域もありますので、どうしても合格したいという時には移動が大変でもそのような地域を選ぶのも良いでしょう。

取得後の仕事のイメージなども描きながら勉強すると、合格のためのモチベーションも維持しやすい家族や周囲の人たちの美容工場のための資格です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格
-

関連記事

食は生きる源!日々の生活に役立つ食に関する資格「フードアナリスト検定」

飲食業界で働いている人に向いているのが、フードアナリスト検定です。レストランの料理や店舗の雰囲気などを、言葉にして評価分析できる力が身につきます。 初心者レベルの4級からプロレベルの1級の資格まである …

将来的に独立ができる国家資格「宅地建物取引士」

宅地建物取引士は、不動産取引業務における専門家であり、不動産業務を行う事業所においては、5人に1人以上の割合で、この資格者を置くことが宅地建物取引業法において義務付けられています。

医療事務検定試験の難易度と合格率は?

スポンサーリンク 医療事務の難易度と合格率 医療事務はそもそも暗記する必要の全くない資格です。 医療行為の内容を点数化してレセプトという表にまとめるというものが試験内容になります。 通信教育などでとる …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:機関当直3級海技士(機関)

海技資格には船舶の部位によって、いろいろな資格があります。 主だったものでは船長・航海士に必要な海技士(航海)と、機関長・機関士に必要な海技士(機関)とがあります。 それぞれ1~6級のランクに分かれて …

ニッチな外国語の資格:スウェーデン語能力検定試験(SWEDEX)

就職などを目的にして取得する資格として一般的なものに、言語能力に関する資格があります。 英語やフランス語など、世界の広い地域で使用されている言語の能力をはかる試験がある一方で、世界の限られた地域でしか …

楽天モーションウィジェット