塩素系漂白剤で掃除する効果的な使い方

塩素系漂白剤と言えば、キッチンなどで使用する漂白剤というイメージが強いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

塩素系漂白剤について知りましょう

塩素系漂白剤は次亜塩素酸ナトリウムが主成分であり、漂白力が強いものです。

洗濯などで使用してしまうと柄物などの染料まで脱色してしまうことがあります。

その為、色柄物には使用することができないという特徴があります。

洗濯などに適している漂白剤は酸素系と呼ばれており、こちらは色柄物にも安心して使用することができますが、漂白力が弱いというデメリットがあるようです。

塩素系漂白剤は、綿や麻、ポリエステル、アクリル素材にのみ使用することができますが、衣類にダメージを与えてしまいかねませんので、洗濯には向いていないことがわかります。

では、どのようなものに使用することができるのかですが、除菌や殺菌力が強いのでキッチンなどの道具の消毒などに適していると言えるでしょう。

頑固な茶渋などもつけ置きしておけば、すぐに真っ白になります。

まな板など一見キレイに見えるものでもばい菌が付着していることが多いのですが、塩素系漂白剤を使用すればすぐにキレイになるでしょう。

掃除に向いている場所には、トイレや浴室。トイレなどの汚れにも効果を発揮してくれます。

また、浴室掃除では、カビ取りに使われることが多いようです。

刺激臭がすることがありますので、使う際には換気をしながらするようにしてください。

塩素系漂白剤は洗濯には向いていないものの、キッチンやトイレ、浴室の掃除に効果を発揮してくれますので、掃除の用途に応じて塩素系か酸素系かで使い分けるようにしてください。

塩素系漂白剤の使い方

刺激があるものですので、使用する際には必ずゴム手袋をして使いましょう。

塩素系は殺菌力が高いので、ノロウイルスなどの吐瀉物に効果を発揮してくれます。

汚れた衣類などをつけ置きしておくことでウイルスを殺菌し、拡散を防いでくれます。

ただし、汚れはある程度落としておくことが大切です。

また、キッチンや浴室のような水場の壁や床、タイル目地などに生えたカビを落とす為には、水に溶かした水溶液を準備しておけば簡単に掃除することができます。

カビ取り専用のスプレーなども発売されていますが、成分の中に次亜塩素酸ナトリウムが配合されていることが多いでしょう。

掃除がしやすいように、希釈したものをスプレーにしておくと使い勝手が良いのでおすすめです。

塩素系漂白剤には必ず有効塩素濃度があります。

それを確認してから希釈するようにしてください。

またすでにスプレータイプで販売されているものは希釈されていますので、水で薄めたりせずにそのまま使用しましょう。

頑固な茶渋などを漂白したい時には、希釈したものを洗い桶に入れ、つけ置きしておくだけでキレイになります。

また、泡タイプスプレーのものであれば、直接吹き掛けてしばらく待つだけで真っ白になるでしょう。

漂白力だけではなく殺菌力も高い為、食中毒予防にも役立ってくれます。

まな板など日常よく使用するものは定期的に除菌や漂白をしておくことが大切です。

また、効果が強いのでダメージを与えてしまうようなものや場所には使用しないことが大切です。

プラスチック製のものなどには適していませんので使用しないようにしてください。

塩素系漂白剤の使用注意

塩素系漂白剤を掃除に使用する際の注意点についてですが、毛や絹、ナイロン、アセテート、ポリウレタンなどの繊維には絶対に使用しないようにしてください。

また、色物や柄物などは染料が落ちてしまいますし、ファスナーやボタンなどが付いているものにも使用することができませんので注意しましょう。

また、次亜塩素酸ナトリウムが配合されているものと一緒に他の洗剤を混ぜてしまうことは危険ですのでやめてください。

使用する洗剤によっては塩素ガスが発生し、場合によっては死に至ってしまうこともあるでしょう。

絶対に混ぜることのないように注意してください。

また、換気を行いながら使用するのがルールです。

次亜塩素酸ナトリウムは洗剤の役割はなく、あくまでも漂白、除菌、殺菌効果があるものです。

使用する前には汚れなどをしっかり落としてから使用してください。

また、保管に関してはも何年も使用することができるものではありません。

市販で販売されているものは月日と共に分解してしまい効果がなくなってしまいますので、直射日光や高温を避け、開封後はなるべく早く使いきるようにしましょう。

刺激の強いものですので、皮膚に付着した時には大量の水で洗い流すようにしましょう。

万が一、目や粘膜に付着してしまった時は大量の水で洗い流した後、すぐ病院に行きましょう。

ゴム手袋やマスクを着用して使用することでこのようなリスクを避けることができます。

また、掃除の際には窓を開けることや換気扇を回しながら行うようにしてください。

調子が悪くなることがあれば、すぐに使用をやめ、様子を見るようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-

関連記事

デビットカードとは?使い方や仕組みなど

デビットカードは、銀行の預金残高と連動しているタイプのカードです。 クレジットカードの国際ブランドを使って、口座から即時決済させる仕組みなので、クレジットカードと混同する人も多いでしょう。 使い方に工 …

お見合いはどんなもの?利用方法や出会いまでの流れなど

私たちの祖父母より以前の時代には、お見合い結婚が主流でした。 親同士が決めた相手とお見合いをして、縁談がまとまります。まともに顔を見たのは、結婚式当日だったという話も珍しくありませんでした。 現代でも …

大後悔…引っ越しで捨てなければよかったものは?

引っ越しが決まったら「この機会にいらないものを捨ててしまおう」という気持ちになり、不用品をごっそりと捨ててしまう人が多くいます。 不用品を処分することは良いことです。 しかし、思い切りがよすぎてしまい …

洗濯の基礎知識を学ぶ!取り扱い絵表示の見方

洗濯は毎日のことですが、洗濯をする際には、その洋服がどんな洗剤が使えるのかや、クリーニングはどんな方法なら可能かなどは、洗濯の取り扱い絵表示を確認して行うことでしょう。 そんな洗濯の取り扱い絵表示は、 …

現在、妊娠中…これやっていいの?|お葬式に出てはいけないの?

妊娠中にしてはダメと言われるものは多くあります。 というのも、妊娠中はホルモンのバランスが崩れるので、妊娠前の身体とは全く違う体になっているため、何が起こるか予想もできません。 非常にデリケートな状態 …

楽天モーションウィジェット