効率アップ!洗濯物の片付けを楽チンにする方法

たたんだタオル
毎日清潔な衣服を着て生活したいですね。
何日も洗濯をしていないような衣類では、不衛生ですし臭いも出てくるかもしれません。
いくら毎日お風呂に入って清潔にしていたとしても、着るものが清潔ではなければ意味がないのです。
綺麗に洗濯をしていい香りのする衣服を着ていることで、清潔感のある人になることが出来るでしょう。

家族が多ければ、毎日の洗濯は大変になりますが、毎日洗濯をしなくてはなりません。
一日でもさぼって溜めてしまえば、翌日、山のような洗濯をする必要があります。
溜めることなく、こまめに洗濯をするようにしておけば、楽に洗濯をすることが出来ます。

スポンサーリンク

洗濯物の片付けを効率良くするコツ

洗濯をするのは洗濯機がしてくれますので、自分では洗濯をする必要がないのです。
そのため、洗濯機で行われている洗濯が終わるのを待てばいいですが、洗濯が終わった後のほうが大変です。

洗濯というのは、洗う、干す、たたむ、片付け、という風に段階を経て行うものです。
洗濯機で洗濯をしたらそこで終わりというわけではありませんので、干すところからも頑張っていかなくてはなりません。
干して渇けば片付けをしなくてはなりませんが、家族みんなの分を片付けるのは楽なことではないでしょう。

少しでも片付けが楽になる方法があれば、家事の負担は少なくなります。
面倒な片付けを少しでも楽にするためには、洗濯物を干すところから工夫をしていくようにしましょう。

種類ごとに干す

洗濯機から洗濯物を取り出したら、種類ごとに干す場所を分けていくようにします。

例えば、タオルならタオルでまとめて干すようにし、下着類は下着でまとめて干すのです。

種類ごとにまとめて干すことによって、たたむときに一気にたたみやすくなり、時間を短縮できるようになります。

洗濯物の干し方がバラバラであれば、たたむときに動作が一定になりません。

タオルをたたむときには、タオルをたたむ動作をするようになりますので、まとめて干していれば同じ動きを繰り返し行うようになり、たたむスピードが速くなります。

洗濯物を早くたためるようになれば、その分早く終わりますので、片付けが楽になります。

たたんだ衣服を家族ごとにカゴで分ける

さらに片付けを楽にしようと思えば、家族ごとにカゴを作るようにしてみてもいいでしょう。

家族が共有で使っているタオルはたたんでおさめるようにし、 家族の洗濯物はそれぞれのカゴにたたんで入れておくようにします。

片付けに関しては、自分のものは自分で片付けるようにしてもらえば、母親の負担を軽減することが出来るのです。

カゴに入れておけば、後は自分で片付けるだけですので、家族としてもそれほどの負担にはなりません。

母親が一人で片付けようと思えば、それぞれの部屋まで洗濯物を持って移動することになります。

二階がある一戸建てなどの場合は、重たい洗濯物を持ってあちこちの部屋を回らなくてはなりませんので、何回か一階と二階を往復しなければならない時もあるでしょう。

そうなると時間もかかりますし、体力も使うことになりますが、それぞれに片付けをしてもらうことによって、その労力が必要なくなるのです。

子供たちに自分で片付けてもらうようにすれば、夕食を食べて自分の部屋に戻るときに、自分のカゴを持って二階に上がり片付けるだけですので、子供にも負担はほとんどありません。

小さな頃からそのようにしておけば、自分のものは自分で片付ける癖が付くようになります。

自分の服をタンスに片づける癖を付けておけば、片付け方もわかるようになりますので、いい練習になるのです。

家族ごとにカゴで分けて自分でやってもらう

さらに母親の負担を減らすためには、それぞれのカゴに洗濯物を分けて入れるだけにし、後は自分でたたんでもらうようにします。

そうすれば自分の衣類は自分でたたむようになりますので、たたむ練習をすることもできるのです。

子供たちもいつかは親元を離れて一人暮らしをしたり、結婚をするようになります。

その時までにたたむ練習をしておかなければ、大人になっても上手にたためなかったり、たたむのに時間がかかることになるでしょう。

小さなころからたたむ練習をしておけば、大人になってからの負担を減らすことになり、本人が苦労をしなくてもすむようになるのです。

子供たちのことを考えても、ある程度の年齢になってきたら自分で洗濯物をたたむようにしてもらえば、母親の負担は減り、子供にはいい練習になりますので、お互いのためになります。

まとめ

洗濯物の片付けは面倒ではありますが、工夫をすれば大きな負担はありません。
すべての洗濯物を母親一人で何とかしようと思えば大変ですが、家族みんなで協力をすればあっという間に終わらせることが出来るのです。
負担が少なくなれば、毎日洗わなくてもいいようなシーツ類などもこまめに洗うことが出来ますので、清潔な状態を他盛りやすくなります。
洗濯は毎日必要な家事ではありますが、負担を少なくして、好きな家事の一つにしていくといいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-暮らし
-, ,

関連記事

洗濯の基礎知識を学ぶ!取り扱い絵表示(洗い方)

衣類は着用しているうちに、徐々に汚れが目立ってきます。 早めに洗濯してあげることで、綺麗な状態で長く使えるようになりますし、見た目も清潔感が漂いますので、不潔な印象を他人に与えません。 身だしなみとし …

すっきり片付け!化粧品収納術

化粧品に限らず、片付け収納の最大のコツは物の用途や種類、大きさ、形などを分けるということです。 用途や種類を揃えて収納すると使い勝手が良いですし、大きさや形を揃えると整理整頓しやすく見た目にもキッチリ …

カラーボックスでDIY!扉をつけてDIY

お手軽価格でありながら、収納棚としてとても便利に活用できるのがカラーボックスです。 ホームセンターに向かえば、大抵置いてある身近な商品ではあるものの、とても単純な構造になっていることに気づくはずです。 …

キッチン掃除のコツ

毎日のお掃除は、家の中を清潔で衛生的に保つためには大切な仕事です。 整理整頓が行き届いた室内は生活するうえでも気持ちいいものです。

メガバンク「三菱東京UFJ銀行」のコンビニATM手数料も無料になる!?

新規に口座を開設したいと考えるとき、どの銀行にするか迷います。預金金利を重視する人もいれば、単に家の近くに店舗があるや、店舗数が多いからと選ぶ人もいます。その他、ATMの利用料も重要な要素です。 その …

楽天モーションウィジェット