電子レンジ掃除のコツ


色々なものを温めることが出来る電子レンジは調理器具としてなくてはならないものですよね。

最近では多機能のものが増えてきて、食材を温めるだけではなく、お料理をするための器具としても利用している人が多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

庫内の汚れの原因はタンパク質

そんな電子レンジですが、普段は扉を閉めたままにしているので外側の掃除はマメにしているという人でも、庫内の掃除となるとおろそかになっているという人も多いです。

電子レンジの掃除はコツを知っておけば意外と簡単です。

綺麗な庫内だと物を温める時にも気分が良いものですから、時間を見つけて綺麗に掃除しておきましょう。

まず、掃除を成功させるコツとしては庫内に付いている汚れが何なのかを理解するという事です。

敵を知らなければ有効な対策をとることはできません。

電子レンジの中に付いている汚れの中で最も多いのが、黒くなって内側にこびりついている汚れではないでしょうか。

これらは食材を温めているときに飛び散ったタンパク質や油です。

電子レンジでラップをせずに過熱しているとパチパチと何かが飛び散っているのが確認できます。

こういった飛び散った油やタンパク質が長期間放置されていると、他のものを加熱した時に焦げ付き、こびりついて汚れを落とすのが困難になります。

汚れを発見したら放置するのではなく、こまめに拭き取るというのも庫内を綺麗で清潔な状態にしておくためのコツの一つです。

汚れをすぐに拭き取っておいた方が時間もかからないので結局楽になります。

一方、外側に付着する汚れは大部分が油汚れです。

こっちの汚れも放置するとなかなか取れなくなります。

外側の軽い汚れの掃除

まず、すぐに掃除できるレンジ外側の掃除ですが、先ほども説明した通り、外側についている汚れはホコリと調理の時に使用した油が混ざっているものです。

これらは放置していると葉面がべたべたしますし、落とすのが困難になります。

外側の汚れを落とすコツとしては台所用のアルコールを使うのがとても有効です。

表面に汚れが付いていることを確認したら、アルコールをスプレーしてキッチンペーパーや雑巾などで拭き取りましょう。

電子レンジの掃除に関しては雑巾よりもキッチンペーパーの方がおすすめです。

レンジを掃除するとかなり汚れてしまうことが多いですが、キッチンペーパーであればふき取ったとそのまま捨てることが出来ます。

庫内の軽い汚れの掃除

では、いよいよなかなか掃除しない庫内の汚れを除去していきます。

まずは庫内をチェックしてそれほど汚れていなければラッキーです。

綺麗な状態に保つためのコツとしては汚れが軽いうちに除去してしまうことが何よりも重要です。

あまり頑固ではない軽い汚れであれば洗剤の類は一切必要ありません。

必要なのは耐熱用のボウルと水だけです。

耐熱用のボウルに水を入れて電子レンジで3分から4分加熱させます。

加熱させることによって庫内は水蒸気で充満します。

すると汚れが浮き上がり拭き取りやすくなります。

後はこの汚れをキッチンペーパーで拭き取ればよいわけです。

軽い汚れであればこれで十分に落とすことが出来ます。

加熱した後の庫内は暑くなっているのでやけどしないように少し時間を置いてから拭き取るようにしましょう。

ただし、あまり長時間拭かないままにするのもせっかくの水蒸気がなくなるため1,2分時間を空ければ十分でしょう。

なかなか取れない汚れの掃除

お酢・クエン酸で

少しひどい汚れにはお酢やクエン酸を利用するのが有効です。

お酢やクエン酸は酸性です。

庫内の汚れのな原因であるタンパク質はアルカリ性なので、酸性のお酢やクエン酸はとても力を発揮してくれます。

電子レンジの内側を見ると水垢のようなスジが付いていることがありますが、これもアルカリ性なのでお酢やクエン酸で落とすことが出来ます。

この掃除方法で用意するのは耐熱容器と、水と、お酢やクエン酸です。耐熱容器に入れた水にお酢やクエン酸を溶かして、2分から3分加熱します。

手順としては先ほどの軽い汚れを落とす方法と全く同じなので、覚えやすいのではないでしょうか。

加熱して庫内の熱が少し引いたころを見計らって同じようにキッチンペーパーで拭き取ります。

思っている以上に汚れが落ちてとても綺麗になります。

重曹で

この方法でも落ちない、さらに頑固な汚れには重曹を使用します。

重曹には用利用などのタイプもありますが、掃除用の重曹を購入するようにしましょう。

重曹は他の場所の掃除でも利用する機会が多いので、常に常備しておいて損はありません。

重曹で掃除する時の方法も今までと同様で、耐熱容器に水を入れ、適量の重曹を加えて溶かしてから加熱します。

加熱時間は3分から4分くらいで、またしばらく置いて庫内の熱がある程度引いてから拭き取るようにします。

ポイントカードで

それでも取れないこびりついた頑固な汚れに有効なのが実は使わなくなったポイントカードです。

ポイントカードの絶妙な硬さが庫内のこびりついた汚れを除去するのにとても適しています。

同じように庫内を数分加熱してカードでこすり取りましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-暮らし
-,

関連記事

やっぱり嬉しいバラの花束~贈るシチュエ―ションによっても様々

花束を女性に贈れば喜んでもらえるはずです。女性からしてみると、どんな花束でもうれしいものですが、豪華なバラの花束をプレゼントしてもらえたら、この上なく嬉しいものです。 バラの花は一本購入しても高価なも …

初心者におすすめのペット:コーンスネーク

ヘビと言えば獰猛なイメージですが、コーンスネークは性格が穏やかでめったに人を噛むことがないため、ペットとして人気があります。

料理の腕が上がる!あると便利なキッチン家電 : コーヒーメーカー

世界で最も飲まれている嗜好飲料コーヒーは、アフリカ原産のコーヒーノキの赤い実、コーヒー豆を焙煎して挽いた粉から、お湯または水でエキスを抽出した飲み物です。 苦みと風味が独特のコーヒーは、インスタントや …

フリマアプリ「5656BikeParts」の特徴や使い方

5656BikePartsは、バイクが大好きな人のためのフリマアプリです。 他にはない、バイクに関係するパーツやウェアなどが、たくさんのが特徴的で、使い方も簡単で気軽に出品したり、購入することができ多 …

洗い方をマスターする:機能性肌着

ここ近年、各ブランドから発売されている、機能性肌着ですが、正しく洗って、その機能を長持ちさせたいものですね。

楽天モーションウィジェット