どうしても捨てられない!部屋のモノを減らす6つの方法

部屋が散らかっている男性のイラスト

気分や性格上、どうしても自分の部屋にあるモノが捨てれらない、という方はいますよね。

さすがにもう使わないだろう、必要ないだろうと思っていても、ついつい取っておいてしまうのです。

そういった捨てられないモノをどうやって減らすといいのでしょうか?

部屋のモノをしっかり管理するためにも方法を知っておきましょう。

スポンサーリンク

モノを減らす・処分するためのポイント

1.モノを増やさない

まずは、そもそも新しいものを買わないようにすることを心がけてください。

これは部屋のモノをこれ以上増やさないようにするための方法です。

部屋のモノを無意味に増やすことなく、しっかり整理して減らすようにするためには、必要なもの以外は買わないという心構えが必要です。

衣類はしばらくは手持ちのモノでコーディネートしましょう。

どうしても、何が何でも絶対に必要なもの、以外は買わないでください。

例えば、穴が空いた靴下しかない、シャツがどれもサイズが合わないという場合にのみ、新しいものを1枚だけ買うというように心がけるのです。

2.収納スペースを再確認する

部屋の収納スペースがどのくらいあるか、また、そこに捨てられないモノがどのくらい入っているかをチェックするのです。

収納スペースは有限です。

再確認することで、必要以上にモノを持っている、必要なモノが十分すぎるほどある、ということを自覚しなくてはなりません。

部屋のモノが必要以上にある場合は、あとは減らすだけです。

3.モノを分別する

それらのモノを一つ一つ手にとってみてください。

その時に「これはこれから使う?」ということを自分に聞いてみるのです。

自分に聞いてみると「意外と必要ないかも」とか「流行遅れじゃない?」と答えてが出るモノもあります。

衣類なら流行や自分に似合うか、サイズは合うかもポイントになります。

食品なら賞味期限だけでなく、味の好みも対象ですね。

化粧品なら使うか、自分に似合うか、肌に合うかも大事なポイントです。
古い化粧品は肌によくないので捨ててくださいね。

雑貨の場合は部屋の雰囲気に合うか、日常生活で使うかも重要ですね。

こうして自分に聞いてみて「いや、使わなさそう」とか「もう必要ない」と思ったのなら、思い切って処分してしまいましょう。

4.捨てられないのなら「売る」

モノを捨てられない人の中には「ただ捨ててしまうのがもったいない」という人もいます。

そんな人におすすめなのが、フリーマーケットや中古品買い取りです。

少し手間はかかりますが、オークションに出品するのもいいです。

最近はノンブランドやプチプラブランドの製品でも買い取ってくれるところがありますし、フリマで部屋のモノを出品すると意外なほど売れるというパターンもあります。

捨てる・処分するのがもったいないと思う人の場合、部屋のモノを誰かに引き取ってもらってお金に変えると、多少はもったいない気分も減るでしょう。

特に部屋のモノがなかなか減らせない、買いすぎて増えてしまうことが問題の場合は、このように減らすのもいい方法です。

5.どうしても捨てられないモノは一旦保留する

使わないかもしれないけれど、すぐに捨てるのはもったいないと悩むモノもあると思います。

その場合は「保留ボックス」を使いましょう。

ベッドの下など普段あまりモノが見えないところに保留ボックスを作ります。

そこに捨てられないモノを一時的においておき、休日など時間がある時に改めて確認します。

再確認した時に、必要ないと判断できれば処分するという方法です。

ボックスの中に長くおけばおくほど愛着も薄れていき、客観的に「これは必要か・不要か」を判断できるようになります。

不要だと思った時は処分してしまいましょう。

保留になるモノはいろいろあるかもしれませんが、ボックスには腐敗や汚染などの可能性が低いものを入れておきましょう。

食品、液体、化粧品などは汚染や腐敗の可能性があるので、それらは冷蔵庫の一区画などを使うのも手です。

そして、保留ボックスは1ヶ月に1度は確認するなど、早めの期間で区切って処理することがおすすめです。

6.どうしても片付けられない場合はカウンセリングも

人によっては、そもそも物を捨てられない性格だという人もいます。

このような人の場合、カウンセリングを受けるのも1つの方法です。

これは、自尊感が低い人、情自尊心が低い人、普段からストレスが多い人などに多い特徴です。

部屋にモノがたくさんあることが自分にとっての安らぎとなるわけではありませんが、部屋のモノを捨てることに妙に罪悪感を感じるパターンはこのケースが多いのです。

自尊感情が低いため、どうしても今あるモノに執着し、将来これからやってくるであろうものに期待しません。

今より悪くなるはずはないのですが、その点は重視されないのです。

そのため、カウンセリングを受けることで、精神的なストレスや自尊感情の正しい持ち方を理解し、その上でモノを捨てても構わないというようになる場合があります。

人によっては、痴呆症の初期段階としてモノが捨てられなくなるという人もいます。

いわゆるゴミ屋敷というパターンですね。

強迫性神経症などの場合でも、このようにモノを溜め込む傾向があります。

その場合は適切な治療が必要になります。

最後に

部屋のモノの処分には思い切りも必要です。
モノが捨てられない原因は様々あるでしょう。
ですが、モノだらけの部屋で生活するよりも、きれいですっきりした部屋で過ごしたくありませんか?

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-暮らし
-,

関連記事

繊維の種類と特徴を把握する:麻

衣類の素材の多くには、より衣服を機能的にするための素材が使われている事が多くなっています。 その中でも数多く使われている麻は、耐久性が高い特徴を持ち合わせているので、多くの衣類に使われている傾向があり …

洗い方をマスターする:キッチンマット

キッチンマットにも、洋服と同じように洗濯表示が付いているものであり、その指示に従って洗う必要が出てきます。

【DIY】穴を開けたくないならディアウォールde壁面収納

現在では、ホームセンターなどで簡単にDIYのための道具や、アイテムなどを手に入れることが可能になっていますし、安価にさまざまなものを購入することが出来ます。 このため自らさまざまな作業にチャレンジする …

100万円を貯めるために、クレジットカードを使うメリットを知ろう

貯金100万円、あなたにとって少ない金額でしょうか?それとも多い金額でしょうか? 貯金を100万円増やす事は、あなたが思っているほど難しいことではないのかもしれません。 行動パターンを少し変えるだけで …

エアコン掃除のコツ

夏や冬は室内の温度を快適にするためにエアコンを使いませんか? 春や秋に使っていない間に、カビが生えていたり、ほこりっぽくなっていたりします。 だから、使う前に掃除をしましょう。

楽天モーションウィジェット