家族と協力して部屋を片付ける方法

部屋が散らかっている女性のイラスト

みなさんのお部屋はきれいに片付いていますか?

歩く場所もないほどになってしまうと生活がしづらくなりますよね。

また、掃除をしようにも掃除機がかけにくいので、埃だらけの部屋の中で暮らさなくてはなりません。

散らかった部屋で過ごすことは、体にも心にもいいことはありません。

片付けが苦手な方も、毎日少しずつでも片付けを心がけると変わっていくと思います。

スポンサーリンク

片付けを習慣にしよう

部屋が散らかるのが当たり前になってはいけないのです。

子供の頃から散らかっている部屋が当たり前になると、大人になってもそれが当たり前になってしまいます。

なので、小さな頃から片付けができるようにしなくてはいけません。

子供のためにも、きちんと片付けられた状態で生活をするようにしましょう。

また、母親が1人で片付けを頑張ったとしても、片付けたそばから子供や夫が散らかしている場合は、一時的にきれいになったにすぎません。

家族みんなが協力をしなければ、きれいな部屋を保てないのです。

みんなで片付けをするようにしましょう。

部屋が散らかる原因を探して改善する

片付けをするために、どうして部屋が散らかっているのか原因を探ってみましょう。

例えば、夫がリビングで靴下を脱ぎっぱなしにしている、子供が使ったおもちゃを片付けないなどが原因で部屋が散らかっているケースがたくさんあります。

部屋全体が散らかっていると、少しくらい散らかしたままでも大丈夫と思うようになり、どんどん散らかっていくことになるのです。

みんなが協力して片付けるためには、片付けやすい状態を作ることが必要です。
また、それを習慣にすることが大事です。

例えば、仕事から帰ってきた夫がリビングで脱ぎ散らかすのであれば、着替える場所を変えてもらいましょう。
リビングで着替えることによって、そこに脱ぎ散らかしてしまうのです。

夫が着替える場所を脱衣所に変えると、そのまま洗濯機の中に脱いだ衣類を入れてもらうことができますね。
脱いだ衣類を持って移動するよりも簡単ですし、洗濯機の横で着替えてもらうようにするだけで片付けやすくなり、衣類の脱ぎ散らかしがなくなります。

大人になってから片付ける癖をつけるのは大変ですが、片付け方を変えるだけで散らかりにくくなるので、夫にも協力してもらいましょう。

子供が片付けをできるようにするには

それでは、子供の場合はどうすれば片付けるようになるでしょうか。

子供が片付ける癖をつけるには、楽しんで片付けができるようにするといいです。

最初のうちは親が一緒に片付けをしましょう。
子供がおもちゃを片付けるために、大きなカゴや箱などで片付ける場所を用意します。

車のおもちゃやブロックが散らかっているのであれば、車は車のカゴに、ブロックはブロックのカゴにまとめて入れるようにします。

おもちゃをカゴに入れた後は、そのカゴを定位置に戻すだけでいいので、一気に片付けることができます。

ですが、おもちゃを1つの巨大なカゴに入れることはおすすめしません。
使いたいおもちゃが探しにくくなるので、探すためにカゴごとひっくり返すことになると片付けが大変になります。

片付けをするときには、次に遊ぶときのことも考えて片付けるようにしておくと、次の片付けもしやすくなるのです。

種類ごとにカゴへ入れるときに親子や兄弟で競争をしながら片付けていくと、子供は片付けも遊びの一環だと覚えます。
遊び感覚で片付けることができれば、子供は片付けも喜んで行うようになり、それが当たり前になってくるのです。

きちんと片付けができたときは、たっぷりと褒めてあげることを忘れてはいけません。
怒られながら片付けていると片付けが嫌になりますが、褒めることでやる気はどんどんアップするのです。
進んで片付けをしてくれるようになるでしょう。

物の定位置を決める

部屋を片付けるためには、物の定位置を決めておくことも大事です。

どこに何があるのかを把握するためにも、物の定位置を決めるようにしましょう。

使った後に定位置に戻せば、自然に片付けができます。

また、必要なときに○○がない、と探す時間も減らせます。

ですが、物の定位置を決めても、そこが片付けにくい場所だと面倒に感じてしまいます。

面倒だと片付けるのが嫌になってしまい、散らかったままになってしまうかもしれません。

最後に

一度片付けたら、その状態を維持できるようにしましょう。
きれいな部屋が当たり前になると、少しでも散らかっていると落ち着かなくなってきます。
片付ける癖をつけて、毎日気持ちよく過ごしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-暮らし
-, , ,

関連記事

いまさら聞けない年金入門|年金よりも生活保護の方がおトク?

老後に年金がもらえるのかどうか、不安を感じている人は少なくありません。 近年では、派遣や契約社員という雇用形態で働く人も増えており、厚生年金に加入をしていない期間が長い人や、加入はしていても支払ってい …

知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:通夜と告別式のどちらに参列する?

本来であれば、お通夜は、故人の親族や、遺族、生前に仲良くしていた友人など、かなり親しくしていた方達が招かれ、遺体に一晩中付き添い、故人との最期のお別れをして参列者を慰めるための儀式になります。 そして …

美を追求する最新美容家電 ― 美顔器 ―

昔から、美顔器は女性の間でとても人気があります。美容家電業界でも、各社がこぞって発売しているほどです。 今では、かなり進化が進んでいるので、1台は持っておきたいかもしれません。

外国人が喜ぶ和風なプレゼント

旅行や留学などで、日本を訪れる外国人の数は年々増加していると言われており、多くの人が、日本ならではの様々な品物をお土産として祖国に持ち帰っています。 日本で売られているものは、品質も高いものが多いです …

ミニマリストに学ぶ生活スタイル

ミニマリストという言葉をご存じですか? 「必要最小限の持ち物だけで生活をする」という人達のことで、物に囚われた生活から抜け出すことで、豊かな人生を歩めるという考えを持っています。 一見して殺風景な部屋 …

楽天モーションウィジェット