洗濯機掃除のコツ


洗濯機を利用していると、内部にホコリや糸くずが付着してしまいます。

そのまま使用していると、洗濯をするごとにホコリや糸くずなどが落ちてしまい、十分な洗濯をすることができないので注意が必要です。

スポンサーリンク

洗濯機を掃除する時のポイント

ホコリは乾いたまま取る

洗濯をする前に乾いた状態でホコリや糸くずを取ることがコツです。

濡れている状態だと洗濯槽に密着してしまい取りにくいので、乾燥した状態が掃除しやすいので楽に取り除くことができます。

その際には、掃除機を使い先端にすき間ノズルを装着することで、綺麗に取ることができます。

掃除機を使う際には、内部だけでなく外側も行うようにしましょう。

洗濯機の裏側はおろそかにしがちな場所であり、ホコリを取るようにすることが大切です。

また、裏側以外にも側面や床とのすき間もホコリが溜まりやすい場所であるので、忘れずに掃除をすることが効率よく行うためのコツです。

蓋を開けたときの角なども一見きれいに見えても、ほこりが溜まっていることがあります。

そのような点も忘れずに掃除するようにしましょう。

外側の場合には、手で直接触れる場所でもあるので手あかが付着しています。

そのため、掃除機では取り除けないので、雑巾などに洗剤を少しつけきれいに拭くことも大切です。

特に操作パネルや蓋などは、頻繁に触れる場所でもあるので、綺麗な状態を維持したいのであれば拭く頻度も多くなります。

どのようなことにも言えることですが、普段から触れる場所は汚れやすいので、意識しながら掃除することがきれいにするコツです。

なぜ掃除するのかを考えて、汚れやすい場所を理解して行うようにしましょう。

細かいパーツをきれいにする

洗濯機のホコリなどを取ったら、次に行うことが細かいパーツをきれいにしていくことになります。

洗濯機には洗剤投入ケースや排水フィルターなど、取り外せるパーツがあります。

排水フィルターなどは詰まった場合はエラー表示などが出て知らせてくれますが、洗剤投入ケースは汚れても表示されないので注意が必要です。

そのため、エラー表示されないものは、定期的に掃除することが重要になります。

洗剤投入ケースは、洗剤が付着するためきれいだと思ってしまいますが、実際はそこまできれいなわけではありません。

石鹸カスがついていることもあるので、取り外して汚れを取るようにしますが、コツは歯ブラシを利用することです。

洗剤投入ケースはそれほど大きくないため角をきれいにすることが大変ですが、歯ブラシを利用することで小さいものでも簡単に掃除することができます。

古くなった歯ブラシは捨てずに、掃除をするときに使うようにしましょう。

排水フィルターやゴミ取りネットなども、取り外してきれいにすることになります。

洗濯をするものにもよりますが、知らないうちにたくさんのゴミが溜まっていることがあります。

ここにゴミが溜まりすぎていると、洗濯中にエラーになったり、ゴミがうまく取り除けずに洗濯したものに付着してしまうこともあるので、注意が必要です。

取り外したらゴミをかき出して、水中で水洗いをするとよくゴミが落ちます。

ごみがある程度溜まってから掃除をすることも多くありますが、毎日掃除をすることで楽に取り除けるので、できるのであれば毎日行うようにすることが肝心です。

洗濯槽をつけおき洗い

洗濯機で一番汚れている部分は、洗濯槽になります。

洗濯槽は衣服を洗う際に洗剤が付着したり、服についた汚れや油脂などが付着するので、きれいに見えても実際は汚れている部分です。

その際、水分がある場所でもあるので、カビなども発生する場所でもあるので、定期的にきれいにしておくことが重要です。

その時に行うことが、つけおき洗いになります。

つけおき洗いを行う場合、塩素系漂白剤か洗濯槽クリーナーを使うようにしましょう。

塩素系の漂白剤はカビなどの菌に強く、洗濯槽内を掃除する場合はカビやニオイの対策に効果的です。

このとき、つけおき洗いを行う頻度は2から3か月に一回程度で行いましょう。

また、粉石けんを利用している場合は、少し頻度を上げて1か月に一回程度行うことが掃除のコツになります。

槽洗浄コースがある機種であれば問題ありませんが、ない機種の場合は縦型であれば槽いっぱいに、ドラム式であればこぼれない程度に40℃くらいのお湯を入れます。

そのあとは、塩素系漂白剤か洗濯槽クリーナーを入れ、洗い運転を行い排水せずに2時間以上つけおき洗いしましょう。

その後、洗い運転を2から3回ほど行い、浮いてきた汚れを取り除きます。汚れを取り除いたらもう一度洗い運転をし排水し、最後に標準コースで運転させましょう。

最後に標準コースで運転させることで、取り除けなかった汚れをできるだけ除くことができます。

洗濯槽のカビは一度の掃除でなくなるわけではないので、定期的に行うことが大切です。

しかし、洗濯槽の裏側など掃除しきれいない箇所もあり、そのような箇所は専門の業者に依頼する方が無難です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-暮らし
-,

関連記事

現在、妊娠中…これやっていいの?|お葬式に出てはいけないの?

妊娠中にしてはダメと言われるものは多くあります。 というのも、妊娠中はホルモンのバランスが崩れるので、妊娠前の身体とは全く違う体になっているため、何が起こるか予想もできません。 非常にデリケートな状態 …

ネット銀行活用術 : 関西アーバン銀行の特徴

関西アーバン銀行は、大阪府に本店がある地方銀行として存在します。創立は大正11年で、かなり古い歴史を持っているのがポイントです。地方銀行ではあるものの、都市銀行の三井住友銀行グループの傘下であるため、 …

クレジットカード「セディナカード」の特徴やおすすめポイント

セディナカードは、信販会社のセディナから発行されている一般向けのカードで、初めてカードを持つ方でも利用しやすい特徴を備えています。 セディナでは、多くの種類のクレジットカードを発行していますが、どのカ …

すっきり片付け!物置収納術

物置はあると色々なものをしまえてとっても便利ですよね。 でも、何も考えずに何でもかんでもしまい込むと、すぐに物置が一杯になってしまいます。 せっかくある物置を有効利用するために、収納を上手くするための …

初心者におすすめのペット:文鳥

ペットとして一般的に飼育されている鳥類の中でも、日本で昔から人気があり現在でも愛好家が多く、飼育情報も入手しやすくて安心な種類が、スズメに近いフィンチ類の一種で、鮮やかな赤いくちばしがかわいらしい文鳥 …

楽天モーションウィジェット