セスキ炭酸ソーダで掃除する効果的な使い方

重曹が万能な洗剤として掃除などに活用されているのはご存知の方がおおいでしょうが、実はこのセスキ炭酸ソーダも簡単に手に入れることができる上に、重曹よりも水に溶けやすいという性質がありますので使い勝手も抜群です。

スポンサーリンク

セスキ炭酸ソーダってなに?

セスキ炭酸ソーダとは、重曹よりも使いやすく、使い道も多いアルカリ剤です。

家庭用船座時や入浴剤などの成分としてよく配合されています。

また、ナチュラル志向の人達に愛用されている布ナプキンのつけ置きにも効果を発揮してくれるとして一時期注目を集めていた成分です。

アルカリが強いイメージがありますが、そこまでではありませんので手荒れの心配もする必要がありません。

また、変質しにくい性質がありますので常温保存も可能ですし、長期保存にも向いています。

環境に優しいのも特徴でしょう。

日常的な家事などにも大活躍してくれますし、用途が豊富なことも魅力。

しかし、すべてに汚れに効果を発揮してくれるわけではありません。

得手不得手はあるのです。

例えば、酷い泥汚れにはあまり向いていません。

また、機械油や口紅などの頑固な油汚れや衣類のシミには効果を発揮することができないのです。

しかし、皮脂や垢などの軽い汚れなどには適していますし、血液汚れにも適しています。

また、台所のベタベタした油汚れやスイッチなどの手垢汚れには効果を発揮してくれるでしょう。

用途に応じて使い分けることで、手間もかからずキレイにすることができます。

得意なものを把握しておくことで、効果を発揮しやすくなりますので、どんなものに向いているのかを覚えておいてください。

スプレーを作ると便利

スプレーにしておくことですぐに使用することができますので、ぜひ1本作っておきましょう。

まず、用意するものですが、水500ミリリットル・セスキ炭酸ソーダ小匙1・スプレーボトルが必要です。

スプレーボトルに分量の水を入れ、セスキを投入し、しっかり溶かしてください。

これでセスキスプレーが完成です。濃度は使う用途に合わせて加減をすることをおすすめします。

また、ちょっとしたアレンジにお好みの精油を混ぜるという方法もあります。

好みの香りをつけることができるのでお試しください。

ただし、精油を入れる場合には耐油性のスプレーボトルを使用するようにしてください。

また、精油とセスキが分離してしまうので、使用前にはしっかり振ってからお使いください。

このセスキスプレーを使用すれば、キッチンで大活躍してくれます。

例えば、換気扇などの油汚れにはスプレーを吹きかけ、しばらく放置し、汚れが浮いたらボロ布などを使用して拭き取りましょう。

簡単に汚れが落ちます。

汚れを落とした後は水拭きしておくようにしましょう。

もし、スプレーをしても落ちない場合は、セスキの濃度を濃くしてみてください。

ガスレンジの汚れも換気扇と同様にスプレーをして放置し、ボロ布で拭き取ります。

頑固な汚れの場合は、洗い桶などに入れてつけ置きするのがおすすめ。

これも、汚れが落ちにくい場合は濃度を濃くしてください。

また、お皿などの油汚れにはある程度の汚れや食べかすを取り除いた後、セスキスプレーを吹きかけてから洗うとベタベタせずに洗うことができます。

キッチンに1本作っておくと便利ですので、ぜひ用意しておきましょう。

セスキ炭酸ソーダの使用注意

セスキ炭酸ソーダは、アルカリ性です。

とても強いとは言えませんが、それでも手荒れをしやすい人にとっては刺激になることがあります。

その為、使用する時にはゴム手袋を装着して作業するようにしてください。

また、皮膚についた場合は、ぬるぬるとした感触が残ってしまいますので、まずは水で十分に洗い流してください。

ぬるぬるが落ちない場合には酢やクエン酸などを手に振りかけ、なじませることでキレイになるでしょう。

これは、アルカリ性のものと酸性のものによって中和されると言います。

ぬるぬるが落ち着いたら、しっかり水で流してください。

また、粉や水溶液が目や口に入った時には水ですすぎ流しましょう。

痛みがでるようであれば、医師に相談してください。

使用する時にはこのようなことに注意して使うようにしましょう。

また、保存する際にも湿気を吸ってしまうと固まる性質がある為、密閉容器での保存をおすすめします。

セスキ炭酸ソーダはキッチン掃除に役立ってくれるアイテムです。

セスキスプレーを作っておけば、毎日簡単にピカピカのキッチンを保つことができます。

また、血液の汚れ落としにも適していますので、経血などが付いたショーツなどのつけ置きにも適しています。

布ナプキンを愛用している人はすでに利用している人も多いでしょう。

洗剤ではなかなか落とすことができない血液汚れは、セスキ炭酸ソーダを利用すると落としやすいのです。

キッチン掃除だけではなく、家中の掃除に使用することができますし、ドアノブなどの汚れやスイッチの掃除などにも使用できますので、ぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-

関連記事

酸素系漂白剤で掃除する効果的な使い方

漂白剤と言えば、塩素系のものをイメージする人が多いでしょう。 独特なニオイがすることから苦手な人もいるようです。 しかし、漂白剤として使用するのであれば塩素系のものしかないと思い込んでいませんか? 実 …

洗い方をマスターする:フェイクファー

毛皮は、身に着けるだけでもその日のスタイルに高級感を出すことができ、パーティースタイルには欠かせない存在です。 しかし、本物の毛皮は高級品でもあり、お手入れも大変です。本物の毛皮となれば、汚れても自宅 …

フリマアプリ「ゴルフポット」の特徴や使い方

ゴルフポットは、スマートフォンを使って簡単に、ゴルフ用品を売買することができる、フリマアプリです。 クラブやウェア、パーツなどのさまざまなアイテムがたくさん、商品として出品されていて、気軽に購入するこ …

電気代を節約するためのポイント

日々の電気代を安くすることができれば、色々なことに使えるお金を増やすことができます。 ですが、やみくもに節電をしてもあまりうまく行きません。 電気代を安くするためのポイントを理解をして、効果的な節約を …

カラーボックスでDIY!布を貼ってDIY

手頃な価格で購入することができて、片付けをする際にも大活躍してくれるカラーボックス。 沢山のご家庭で1台は見かけるような定番の人気商品になっています。ただし、定番商品であるものの、色の種類やサイズなど …

楽天モーションウィジェット