初心者のための登山入門編!登山の計画を立てる

登山をする場合、事前に登山計画書を提出することが求められています。

登山計画書は警察に提出し、家族にもそのことが通知されます。

スポンサーリンク

登山初心者の基礎知識

登山計画を立てるまでに知っておくべき基礎知識

提出自体は任意ですが、自治体によっては提出を条例で義務付けていることがあり、提出された登山計画書をもとに、万が一遭難した時には初動捜索がしやすく、早期の救出につながることから、特に初心者の場合にはどんな山であったとしても提出しておいた方が無難です。

任意ということもあり、提出しない人が多い場合には、何かしらのトラブルが発生した際に行方不明者の把握が難しくなるというものもあるため、そうした点でも提出が望ましいといえます。

警察への登山計画書の提出は、基本的には登山する山を管轄する最寄りの警察署に届け出ることになりますが、直接持っていく場合や、郵送やFAXでいい場合、最近ではインターネットでも提出することができるようになっています。

登山計画書の書式は自由であるものの、インターネットで公開されている例などを参考に、作ることが望ましいと言われています。

具体的な情報としては、登山者に関する情報、登山ルート、日数、予定日、非常時の対策、食糧など様々な情報を記入しておけば、より確実となります。

基礎知識として覚えておきたいのは、警察に最大限の情報を提供すればするほど、そこから判断して、万が一の時でもすぐに対応してもらえ、着手する時間が早まるということです。

初心者が具体的に登山計画を立てるにはどうすればいいか、そして、計画を立てる際に必要な情報は何かなどを知っておくことが大切です

登山者の具体的な情報をまとめておく

登山計画書で欠かしてはならないものに、登山者の情報があります。

具体的な情報としては、登山者の氏名や年齢、性別、住所、電話番号、緊急時の連絡先などです。これらを書いておけば、遭難した人が誰なのかすぐに特定することができます。

最悪の事態になった場合でも、すぐに関係者が駆けつけることができ、早期の対応が可能になります。もしグループで行く場合には、グループ全員の氏名などが必要になります。人

によっては、そうした情報を開示したくないということもあるため、その時はバラバラに提出するのも1つの手です。

計画を立てる際、どのコースで登山をするかということも大事であり、その人数も極めて重要です。

同じ山でも、コースによっては楽に登ることのできるところもあれば、一方で難易度が高く、登るのに時間がかかる場合もあります。それでいて、人数が多いとなると相当な時間がかかる可能性もあり、本当にその計画が妥当なものなのか、改めて確認することが大事です。

警察では、いちいちそのあたりまで厳しく突っ込むことはないため、まともな計画かどうか、提出前に調べておくことが求められます。

一方、登山口までのアクセス方法というのも調べておく必要があります。

バスで行く場合、早々に運行が終わってしまうことがあり、行ったのはいいものの、帰るのが大変だったということもあります。

車で行く場合には、駐車場があるのか、タクシーが通る場所なのかなど調べるべきことはたくさんあります。たくさんの情報を仕入れない限り、計画を立てていくことはできず、具体性、正確性に欠けたものになってしまいます。

意外と忘れられがちな標高差の考慮

登山における基礎知識として、標高差というのも覚えておく必要があります。

標高差があればあるほど、それだけ登り、そして下ることになります。しかも、小刻みにアップダウンをすることになれば、それだけ体力を削ることになります。目安としては標高差が300メートルぐらいが初心者向けと言われており、この部分が基準となります。

500メートルぐらいになると初心者では少し厳しく、1000メートルになると登る人を厳選することが求められます。

ちなみに、富士山は五合目から登ることになりますが、もっとも標高が高いところで2380メートル、低いところで1440メートルとなっています。

少なくとも1000メートル以上は登り、場合によっては2000メートル以上登る必要があるため、初心者には大変厳しい山であることがわかります。

他には、トイレの有無、山小屋の数、水分の確保の仕方、緊急時の対応、食糧の確保など様々なものを考慮して登山をし、その計画を立てていきます。

初心者ならだれでも登ることのできる山であり、ロープウェーがあるようなところであっても、最低限の基礎知識は入れておく必要があります。

特にトイレの問題は死活問題であり、女性がいる場合には細心の注意を払わなければなりません。山の食事に関しても、なるべく火を使わないものを持参することが無難です。

特に乾燥した冬は山火事の心配もあります。タバコの吸い殻を捨ててしまって火事になることもあります。

計画を立てる際には、細かなことであっても1つずつ計画を立てていく慎重さが大事であり、それがリスクを下げてくれます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

乗馬を始める年齢は?

最近、テレビなどで芸能人が馬術大会に参加し、結果を残すなど、テレビで馬術を見る機会が増えています。 そうなると、自分も乗馬を始めたい、いずれは馬術大会に出たいと憧れを持つ人も珍しくはありません。 その …

ゴルフクラブでスライス改善|ヘッドから

ゴルフ初心者にとって、スライスの悩みは誰もが経験する、ゴルフの洗礼のようなものです。

フィギュアスケートのスピンの3つの基本姿勢|アップライト系スピン

フィギュアスケートにおいて、スピンは象徴的な技のひとつです。 アイスショーでも競技大会でも、スピンの場面では拍手が沸き起こり、ひとつの大きな見せ場となります。 アイスショーの演技内容は自由ですが、競技 …

心と体を鍛えて護身術にもなる?キックボクシングで学ぶ格闘技の世界

格闘技は、日本のみならず世界中の国で行われている世界になります。 パンチ、キック、投げ、絞め技などを打ち込み、相手の戦意を消失させる事で勝ち負けが決まります。 格闘技の種類は、多くあり発祥の国から、流 …

水泳の悩み…平泳ぎのタイムが伸びない

一言に、平泳ぎと言うと恐らく誰もが連想するのは「カエルみたい(実際のカエルの泳ぎ方とは少々異なります)」や「クロールより遅い」ではないでしょうか。 確かに真実、平泳ぎはクロールより遅く、見てくれも派手 …

楽天モーションウィジェット