登山の料理道具の選び方

登山で、自ら調理する方に必須な料理道具のコッヘルですが、お湯を沸かしたりラーメンやスープ、ご飯を炊くなど万能なアイテムとなります。

クッカーとも呼ばれていますが、初心者で登山に行くという方は、コッヘルの選び方について押さえておきましょう。

スポンサーリンク

持っててよかった!登山のマストアイテム

料理道具で必須なコッヘルの選び方

まずは、登山に行った際に必要に応じたサイズが選ぶ基準となります。

一人で登山に行くという場合は、700ml程度の容量のものを選べばラーメンを作ることが可能です。ポットとカップの組み合わせで販売されているものもあるので、収納には便利なものとなっています。

少し凝った料理をする方は、ポットを二つ持っていった方が良いでしょう。

二人で行くという方は、1.5リットル程度のポットを選ぶようにしましょう。二人以上の場合ですと、人数に応じて大きい容量のものを選んでも良いかと思います。

人数に対して、プラス1リットルを目安にして計算しましょう。

コッヘルの型も、角型、円柱の浅型、円柱の深型とあり、円柱型に関しては、手に馴染みやすく調理しやすいものとなっています。

素材も、アルミ、チタン、ステンレスがあり、一般的に多いのがアルミとなります。アルミは軽くて持ち運び安いものとなりますが、変形しやすいものとなります。

チタンは、アルミよりも軽く腐食にも強いですが、熱伝導が悪いため、火の近くの食材が焦げやすくなります。

ステンレスは、重たいというデメリットがありますが、低価格で購入することができ、耐久性が高いものとなります。

初心者の方は、調理しやすいアルミの素材のコッヘルを、チョイスしたほうが良いでしょう。

登山用のコンロであるバーナーの選び方

こちらも料理道具として必要なバーナーですが、ガス式と液体燃料式のものがあります。

荷物である、調理道具の軽量化を望むのであれば、ガス式のタイプを選ぶようにしましょう。ガス式のものは、家庭用のコンロと同様に操作が簡単で、初心者の型にはおすすめのものとなります。

ただ、気温が寒いと火力が落ちる場合があります。火力が落ちるデメリットもありますが、それ以上に手軽で便利なものとなるので、使いやすさで選ぶのであれば、ガス式のものを選ぶとよいでしょう。

液体燃料式は、火力が強いため、様々なものを調理もしやすいものとなります。寒さにも左右されずに火力を維持することができて、燃料も安く購入することができます。

ただ、ポンピングの作業に慣れるまでは、時間がかかる可能性もあります。他にも重くてかさばり、着火に手間がかかるというデメリットがあります。

液体燃料の種類もいくつかあり、ホワイトガソリンや自動車用のガソリン灯油などがあります。登山用としておすすめの燃料としては、ホワイトガソリンとなり、自動車用のガソリンと比べると、燃焼効率が良いと言われています。

また、ガス式のものにもカートリッジが、CB缶(カセットボンベ缶)とOD缶(アウトドア缶)に分けられます。

CB缶はどこでも手に入りやすく、OD缶に比べると価格が安いというメリットがあります。OD缶ですと、火力を強く出来る構造になっており、かさばらないというメリットになります。

初心者の方は、コンビニでも手に入れることができるCB缶のものを選んだほうが良いでしょう。登山に慣れてくると、OD缶と比較して使い分けても良いかと思います。

その他の料理道具であったら便利なもの

料理道具としては、コッヘル、バーナー、ガスカートリッジの三つがあれば最低限は大丈夫ですが、他にも持っていくと便利な料理道具はたくさんあります。

登山に持っていく水筒ですが、初心者の方はペットボトルで水を持っていくという方もいるでしょう。調理のことを考えると、メモリがついた水筒を持っていくことで、計量しやすく便利なものとなります。

メモリがついたもので、飲み口が広いほうが掃除がしやすく汚れにくい特徴があり、人気のものとなっています。

調理したものを食べる時には、箸やスプーン、フォークなどを持っていきますが、スプーンなどはコンビニのお弁当などについてくるようなもので十分だと思います。軽くて安く、自宅に帰った時には捨てるだけなので、初心者の方にはおすすめとなります。

また、箸もわざわざ購入しなくても、割りばしで十分という方も多いです。箸を使いまわすのは嫌という方は、アウトドア用にピッタリの携帯箸が販売されているので、そちらを購入するようにしましょう。

調理をする時に必要なナイフですが、コンパクトな十徳ナイフがおすすめとされています。

軽くて持ち運びも便利となるので、材料を切って調理をすると言う方は、購入を検討してみましょう。

食材を切るためには、まな板が必要になり、登山用におすすめなのは、薄くてプラスチック製のまな板となります。携帯用に便利なコンパクトなものも販売されていて、大きいと感じたらピッタリのサイズに切ることもできるので、便利なものとなります。

初心者の方ですと、牛乳パックを干したものもまな板として使用することもできるので、わざわざ購入する必要はないという方は、牛乳パックでも良いでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

野球の基礎知識:走塁に関するルール

野球はホームベース、一塁、二塁、三塁をめぐる競技です。 打者がボールを打って、一塁、二塁、三塁を回ってホームベースまで帰ってくると、一点が入るというシステムです。

フィギュアスケートのスピンの3つの基本姿勢|シット系スピン

フィギュアスケートにおいて、スピンは欠かせないものです。 フィギュアスケートにおける、もっとも基本的な動作のひとつと言えるでしょう。 アイスショーにおいても、スピンの場面では、拍手が沸き起こります。 …

一年の試合はどうやって決まる?プロ野球の試合の仕組み

プロ野球における、一年間の日程をどのように決めていくかは、まず各球団、球場の事情を知るところから始まります。 例えば、阪神は夏場、高校野球が行われる関係で、長期間甲子園を使うことができません。 このた …

登山計画書の作り方

登山とは、登山口から下山するまでだけではなく、自宅を出てから帰るまでの全工程の事を意味しています。 そのため、登山計画書の中には、何時何分の電車に乗車するのか、最寄り駅には何時に到着するのか、帰りの時 …

リラックスできるヨガのポーズ7選

未だにジムやヨガ教室で根強い人気があるヨガ。そんなヨガでリラックス効果があるのをご存知ですか?今回はリラックスしたいときに使えるヨガのポーズを紹介したいと思います。

楽天モーションウィジェット