登山靴の選び方

登山初心者にとって、用具選びはとても重要となってきます。

特に、山道を歩き続けるため、靴選びは慎重に行いたいところです。

スポンサーリンク

初心者必見!登山靴の選び方

大地を踏みしめるソールは重要!硬さをチェックしよう

ソールは、登山靴において非常に重要なポイントです。

歩き方にもよりますが、多くの人にとって大地を踏むときに最も負荷がかかる部分といえます。そのため、一般的にソールは硬く作られています。逆にいうと、その硬さにより、どれだけ登山に特化しているのかをうかがい知れます。

しかし、硬い方が良いとは限りません。ある程度のしなやかさがある方が、動きやすいメリットがあります。そのため、対象の山によって、理想となるソールの選び方は異なると考えた方が良いです。

硬すぎて、柔軟性が少ない登山靴にもメリットがあります。

それは、負荷を分散しやすいことです。そのため、長い距離を移動するのに適しています。道のりの長い登山では、石の上を移動する機会も少なくありません。

ソールが硬ければ、そのような道を歩く際の負荷を分散できるのです。石との接地面だけでなく、足の裏の全体を使ってバランスを取れるので、疲労を軽減できるでしょう。

ソールが柔らかい登山靴を選択した場合、起伏の激しい山道では、必死に足に力を入れて踏ん張らなければなりません。そのため、筋肉に負荷がかかり、疲労しやすくなってしまいます。

一方でソールが硬い場合は、起伏が少ない道では疲労が大きくなりやすいです。足の裏が常にまっすぐな状態になるので、不自然な歩き方を続けることになるからです。平坦な道が続く場合は、敢えて硬いソールの登山靴を選ぶ必要はありません。

柔軟性のあるものを、選択するようにしましょう。

逆に、岩山や起伏の激しい道が多いと予想される場合は、できるだけソールが硬い登山靴を選ぶのがおすすめです。

アッパーによって快適さが変わる!素材が大切

軽快に登山を行いたないなら、アッパーを重視して登山靴を選択しましょう。

アッパーとは、足の甲を保護する部分を指します。足を持ち上げる時に力がかかりますし、通気性に与える影響も大きいです。そのため、選び方としては、素材にこだわった方が良いです。

アッパーに使われる素材は大きく分けると、革と化学繊維の2種類があります。それぞれに特徴があるので、自分に合った方を選びましょう。

革の特徴は、とにかく丈夫ということです。登山では、どのようなハプニングが起こるか分かりません。転倒することも多いですし、足の上に、落石があることもあります。

そのような場合でも、アッパーが革であれば、ケガをする可能性を低減できます。また水が浸透しにくいので、小川などを渡る機会が多い山道にも、適しているといえるでしょう。

さらに手入れをすれば劣化しにくく、長期間使用できるメリットもあります。ずっと履いていると、自分の足の形状に合ってくることが多いです。

一方で、化学繊維にもメリットがあります。それは革と比べて軽いということです。疲れてくると、登山靴の重さを強く感じるようになります。その際、化学繊維であれば、感じる負担が小さくて済みます。

また、革より通気性が良いことも大きなメリットです。夏の登山では、汗を大量にかくことも珍しくありません。そのような場合でも、通気性が良いので、足が蒸れることをある程度は防ぐことができます。

その一方で、水が浸透しやすいデメリットがあります。このように、革と化学繊維は特徴が大きく異なるので、それらを考慮して登山靴を選ぶことが大切です。

ハイカット?ローカット?保護力と機動力がポイント

登山靴の違いで最も分かりやすいのは、カットの形状です。

ハイとローとミドルの3種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。一般的に登山靴と聞いてイメージするのは、ハイカットのタイプでしょう。

足首をしっかり包み込んでいるため、足を保護する能力が非常に高いといえます。しっかり固定されているので、下山するときに、足首の負荷が減りやすいメリットもあります。

しかしその一方で、足首を動かしにくいというデメリットもあります。そのため、最初は歩きにくいと感じる人が多いです。慣れるまでは、転びやすくなってしまう人もいるでしょう。

一方でローカットは、普段履いているスニーカーと同じような形状です。そのため、ほとんどの人がハイカットより歩きやすいと感じます。いつものように簡単に動けるので、機動性を重視したい場合に選ばれる傾向があります。

しかし足首が固定されていないので、下山のときに負荷がかかりやすいデメリットがあります。また転んだ時に、くるぶしを怪我してしまう可能性も高いです。

そのため、安全性を重視する選び方をする人には、あまり好まれないタイプといえます。しかし、歩きやすいので転びにくくなるメリットもあり、一概に怪我をしやすくなるとはいえません。

このようにハイカットとローカットには極端な違いがあるので、対象の山や自分のスキルに応じて選びましょう。

また、どちらかに特化せずに両方のメリットを得たい場合は、ミドルカットを選択するのがおすすめです。

ローカットよりは保護する性能が高いですし、ハイカットよりは足首を動かしやすくなっています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

ランドデビューまでに準備しておきたいゴルフクラブ|パター

新しくゴルフを始めたゴルフ初心者も、ある程度練習場などで練習を重ねて技術を身に着けたら、いよいよラウンドデビューを果たすことになります。 ラウンドデビューするためには、ウェアやキャディバッグ、ゴルフシ …

基本の水泳の練習メニュー

どんなスポーツでも、トレーニングはアップから始まります。運動前のストレッチは長年定番ではありましたが、近年はストレッチをするよりも、軽いウォーキングやジョギングなどで体を動かし始める場合が多くなりまし …

登山の必需用品リスト一覧

山道を歩いていると、強い日差しに晒されることが多いです。 そのため、日光への対策が重要になります。持ち物のリストに、帽子やサングラスを加えておきましょう。

大相撲の歴代有名横綱TOP10

2017年大相撲初場所にてやっと初優勝を果たし、横綱昇進となった大関・稀勢の里関は第72代目横綱です。 さらに19年ぶりとなる日本人の横綱誕生ということで世間は大賑わいとなっています。 戦後の大相撲の …

乗馬は週何回くらい乗るのが理想?

乗馬をやっていると、ライセンスの取得に関する話が出てきます。 このライセンスとは、全国乗馬倶楽部振興協会の技能認定審査を指しており、5級から受けることができます。 技能認定審査では、毎回1万円ほどかか …

楽天モーションウィジェット