山の食事|短期での登山の場合

登山をするときには、食事をどうするのかということが問題となりますが、短期であれば、思い切って好きなものを持っていくというのも、悪いものではありません。

日帰りや、一泊二日程度の食料であれば、かさばるほどに量が増えるということもありませんから、なんでも好きなものを持っていって、邪魔になるようなものでもありません。

ただし、生肉のように傷みやすいものは避けたほうがよく、山頂で食べて食中毒になってしまって、下山が困難になってしまうということになっては大変なので、その点を注意しておけば、特別気にするようなものでもないのです。

スポンサーリンク

登山でのお楽しみ!山の食事

短期であれば好きなものを持っていくことも

山の上で美味しいものを食べたいと思うのであれば、好きなものを持っていけば良いですし、あくまでもエネルギー補給として考えるのであれば、あまりかさばらずにカロリーが多くて運びやすいものを持っていった方が登山は楽になります。

シビアに考えすぎるほどのものではないので、登山に大きな支障が出るというものでもなければ、好みのものを持っていくというのでも全く問題はなく、神経質になりすぎることはありません。

ただし、登山というのは、危険がつきまとうものでもありますから、最低限万が一のことを考えて持っていく食事を考えることは大切です。

基本的な部分だけをおさえておけば、短期の場合には、制約が少ないものとなっていますから、山の上でこのようなものを食べてみたいというのを持っていって、登山をしてみるのも悪いものではありません。

短期の場合には、安全だけは十分に気をつけた上で、好みのものを持っていって、山の上での食事を堪能してみると良いでしょう。

手軽に食べることができて、満足度の高いカップラーメン

短期の登山であれば、カップラーメンを持っていって食べるということも、難しいことではありません。カップラーメン自体は軽くて持ち運びやすいので、登山に向いているのですが、問題はお湯の確保となります。

お湯がなければ食べることができませんので、お湯をわかすための機材や水を、多めに持っていかなければなりません。

山の上では食料も大事ですが、水はそれ以上に重要なものとなるので、水を無駄遣いすることはできません。

しかし短期であれば、水が尽きてしまってピンチになるということも考えにくいものですから、カップラーメンを作る分ぐらいの水を、多めに持っていくというのはそれほど大変なものではありませんし、お湯をわかすための機材を持っていくことも、苦労するわけではありません。

カップラーメンを、登山の時に食べようと思っているときに気をつけなければならないことは、汁を捨てていくわけには行かないので、飲みきることができるサイズのものを選ぶということが一点あげられます。

次にお湯をわかすために火を使うことになりますから、火災などに注意をして火をおこすことが大切です。

緑が豊富な山では、燃えやすいものがたくさんありますから、火災になってしまうとあっという間に周りが火の海になってしまうという恐れもあるので、火事にならないように、安全な場所で火をおこして後始末もしっかりとすることが大切です。

このような注意点さえ守っていれば、カップラーメンは簡単に食べることができて、それに加えて山等場所を考えると、非常に美味しく食べることができる優秀な食料となります。

お弁当を持参するという方法もある

ピクニックレベルで登ることができる山であれば、お弁当を持参するという方法もあります。

山の上で食べたいものを詰め込んだお弁当を持っていって、山頂についたときに食べれば、達成感もあり普段以上に美味しく食べることが可能です。

手作りだと雰囲気が出てよいのですが、単純に手間を掛けたくないという理由から、コンビニ弁当などを選んでみるのも悪いものではありません。

コンビニ弁当であれば、麓のコンビニで登山をする前に購入をすることができるので、直前になって調達をすることができるという点では優れています。

また、コンビニ弁当の場合には、ゴミも小さくまとめることができますから、下山をする時に持っていくにも邪魔になることがありませんから、食事を楽しむというよりは、登山で消耗した体力を回復するために、何か口に入れるものを持っていくという考えであれば、これも優秀な選択肢だといえます。

食べ慣れたコンビニ弁当であっても、山の上であれば美味しく食べることができますから、味の面でも悪いものではありません。

いつもと違う場所で、いつもと同じものを食べるというのも、登山の楽しみ方のひとつであり、短期であれば手に入れるのも簡単で、処理が楽なコンビニ弁当というのも悪いものではないのです。

最後に

手作りにするかコンビニ弁当にするか、あるいは有名な駅弁などを選ぶのかというのは、個人の好みということになりますが、短期の登山の食事としては、お弁というと言うのも選択肢として悪くないので、山頂での食事をどうしようかと迷ったときには、手軽に持っていくことができるお弁当を選んでみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

スライス対策|グリップとアドレスを見直す

ゴルフ初心者に限った話ではありませんが、ゴルフをしていると、スライスに悩まされるということは少なくありません。 本当のゴルフ初心者の場合には、打った瞬間に打球が右方向に飛んでいき、更にそれがどんどん右 …

女子の間でも人気急上昇!「相撲女子」が増えている!

相撲といえば、江戸時代から続く日本の伝統的なスポーツの一つであり、主にお年寄りを中心に人気があるという印象が強いです。 実際に、テレビの大相撲中継を見てみると、観客の多くは年配の人が多く、着物を着た綺 …

一年の試合はどうやって決まる?プロ野球の試合の仕組み

プロ野球における、一年間の日程をどのように決めていくかは、まず各球団、球場の事情を知るところから始まります。 例えば、阪神は夏場、高校野球が行われる関係で、長期間甲子園を使うことができません。 このた …

ストレス解消や気晴らしに最適!バッティングの魅力と効果

現代社会はストレスが多く、イライラしながら生活をしているという人も少なくありません。 ストレス解消は非常に重要なことになるのですが、お金も時間も余裕のない今の時代は、それすらままならなくなってしまうこ …

フィギュアスケートの基礎知識:スケートリンクのサイズについて

フィギュアスケートの国際機関であるISUでは、どれぐらいの大きさでやるべきかというものを決めていますが、これでなければならないと、細かく決まっているわけではありません。

楽天モーションウィジェット