登山に適した服装は?

今は、登山ブームということで、登山を考えている人も多いです。

初心者ですと、登山に適した服装は、なににしたらいいのか考えてしまいますが、実際登山に適した服装とは、どのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

初めての登山!何を着ていく?

登山に適した服装を用意してみる

そもそも登山というのは、1日中雨の中を歩いたり、強風にさらされたり、夏でも寒くなったり、かといえば急に熱くなったりと、気温の変化や、天候の変化が激しいものです。

そんな自然の中に適した服装をしていくことが大事です。

また登山というと、高機能なものを買いそろえなければいかないのかと思う人もいますが、それもちがいます。

高価で高機能の服をそろえれば簡単ですが、普段着でも条件を合わせていけば、登山に適した服装になることができます。いきなり高価なものを買うと出費も大変ですし、それだけで気持ちが萎えてしまうので、まずは、普段着で用意して少しずつ、本当に必要なものをそろえていったほうがいいのです。

そして、実際の服装は重ね着が基本です。登山していくうちに熱くなったり、寒くなったりを繰り返しながら歩いていきます。

寒いのを我慢していると体、温が奪われてしまうので、面倒でも着たり脱いだりの繰り返しです。ですから、脱ぎ着がしやすい素材のもので、軽いものが基本と考えておいたほうがいいです。

基本の着方

基本アイテムは、アンダーウェアと下着、中間着とアウターウエアです。

この3枚でいいというわけではなくて、そのほかに、中間着を2枚用意するとか、折りたためるダウンジャケットをもっておいたほうが便利に使えていいです。

それは、登る山にも準備していくものが少しずつ変わっていきます。綿の素材は、避けたほうがいいです。

もっとも基本的な服装に、アンダーウェアがあります。これは下着です。下着なんて、なんでもいいかといえばそれは違います。

一番肌に密着していますし、汗をかいて濡れるので素材には注意が必要です。というのも、普段私たちは綿素材の下着をつけることも多いですが、登山用ではそれは避けたほうがいいです。

汗をかいてしまって、一番乾きにくい素材が綿です。濡れた下着を着ていると、体力が奪われる原因になってしまうので、乾きやすい化繊素材のものか、春や秋などの寒い時期には、ウール素材のアンダーウェアがお勧めです。

じつはアンダーウエアといっても、いろいろな厚さがあります。

薄いものは夏にお勧めですし、厚地のものは春や秋用にしたほうがいいです。また襟の形も、クルーネックのものやハイネックのハーフジップタイプもあります。

ハーフジップタイプのものは、暑くなったらジッパーを開けることで体温調整ができますし、着脱が簡単にできるということで登山にはとくにお勧めです。

アンダーウエアは、自分の体にあっていたほうが動きやすいので、店頭で試着をして決めていくのがベストです。

中間着というのは、フリースやインナーダウンのような服装をいいます。フリース素材のものは、軽いということと保温力にも優れているために、登山にはとても重宝される服装です。

また薄手のインナーダウンは、突然の気温の変化にも対応できるすぐれものです。とくに軽くてコンパクトに収納できるものは、インナー、アウターと幅広く活用できるので、登山には絶対に用意していったほうがいい服装といえます。

天候悪化で、雨が降ってカッパもきることがあるので、ダウンは薄手のものを用意したほうがいいでしょう。

そのほかに用意したほうがいいもの

アウターや中間着などは、素材に充分に気を使ったほうがいいですが、そのほかにも必要なものはいろいろとあります。

実は、男女関係なくスポーツタイツを履くのが最近の流行りです。スポーツタイツでなければならないことはないですが、体力に自信がない人、疲れやすい人、膝や腰に痛みがある人などは、タイツが機能性を重視したタイプになっているので、疲労を軽減してくれるものとして人気になっているのです。

また登山には、帽子と手袋も必要です。

帽子は、夏には日差しよけになってくれますし、冬には防寒用にもなってくれます。また転んだときにも頭の保護にもなりますし、雨よけにもなってくれるので、かぶったほうがいいでしょう。

さらに、手袋もしたほうがいいです。寒い時期は、手がかじかんでしまうのを防ぎますし、雨のときは、雨よけになります。

また、登山ややぶ、岩場の移動もあるので手を守る意味でも、とても重要になってきます。

さらには炊事のときに、やけど防止にもなります。

登山には、いろいろな装備がありますが、あまりにも荷物を持ちすぎてしまうとそれだけで、体力が奪われてしまいますので、素材を選んでなるべく軽いものと、重ね着できるものを数枚用意していくことが必要です。

アンダーウェアは濡れてしまう可能性もあるので、すぐだせるところに入れておくことが大切です。

最後に

はじめての登山のときは、あれこれ考えすぎて荷物が多くなりがちですが、1年を通して経験をしていくと、なにが大事なことかわかってくるので、自然と荷物の内容も淘汰されていくのです。

経験者に相談しながら用意していくことも大事です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

アクセス良好!長野県のおすすめスキー場3選

スキーは特に荷物の多いスポーツなので、スキーを楽しむにはゲレンデへのアクセスや宿泊施設へのアクセスが非常に重要になってきます。 今回は長野県でおすすめのスキー場を紹介します。

ヨガ教室の優秀なインストラクターとは?

ヨガを習うとき、せっかくならいいインストラクターさんに習いたいものですよね。でも、そんなインストラクターさんの選び方はどういう基準があるのでしょうか。 ここでは、ヨガ教室に通うときのポイントとして、優 …

あると安心!スキー・スノーボードの保険

スキーやスノーボードはとても楽しいスポーツですが、転倒などの事故がとても多く、重傷を負ってしまったり負わせてしまう可能性があります。 最悪の場合は死亡事故が起こるケースもあります。 そのため、スキーや …

ゴルフクラブでスライス改善|トウから

ゴルフ初心者が最初にあたる壁であり、最大の敵とも言われているのが、スライスショット(強烈な右回転の打球)です。 「基本のアドレスで打っているはずなのにスライスする」 「アイアンでは上手く打てるのにドラ …

水泳の悩み…バタフライでタイムが伸びない

水泳でバタフライが苦手で、タイムが伸びないという人が多く、レッスンコーチと呼ばれるような人でも、バタフライは苦手という人がいるほどです。 学校では、クロールや平泳ぎまで教えるものの、バタフライまで教え …

楽天モーションウィジェット