レインウェアの選び方

初めての登山に行くときには、初心者だけで行くよりは、経験豊かな人と一緒に挑戦するようにしたほうが安心です。

登山というのは、子どもの遠足程度の気持ちで行けるような場所もあれば、気を抜くことが出来ないような登山もあります。

いずれにしても、山を甘く見ないようにしなくてはなりません。

スポンサーリンク

登山のマストアイテム|レインウェア

登山に行くなら必ずレインウェアを持参

山では、天候が変わりやすくなっていますので、自然の恐怖にさらされてしまうこともあります。自然の恐ろしさを味わわないためにも、準備をするときから、気を抜かないようにしなくてはなりません。

山で怖いのは、天気の急変です。

天気予報では晴れ予想が出ていたとしても、急に天候が変わり、大雨が降るようなこともあります。山の天気は変わりやすいですので、いくら天気予報が大丈夫と言ったとしても、備えておかなければならないものがあります。

登山に行くときに、必ず備えておかなくてはならないものとしては、レインウェアがあります。

急な大雨に見舞われてしまったときには、体を濡らすわけにはいきません。レインウェアを着ていなければ、すぐに雨で体が冷えてしまうことになりますので、たくさんの体力を奪われてしまうことになるのです。

山での体力の消費は、命にもかかわってきますので、体力を失うことがないように、雨対策をしておかなくてはなりません。そのためには、レインウェアを必ず持参するようにしておきましょう。

折り畳み傘があればいいのではないかと思うかもしれませんが、傘は山の中ではさして歩きにくくあります。

狭い山道で人とすれ違う時も危険ですので、山で使いたい雨グッズは、折り畳み傘よりもレインウェアなのです。

レインウェアの選び方は、何を基準にするべきか

レインウェアを持っていないのであれば、登山に行く前に購入しておかなくてはなりません。

レインウェアは、100円均一などでも売られている場合がありますが、使うかどうかもわからないものですので、出来るだけ安く購入したいと思うでしょう。

しかし、レインウェアは寒さから身を守るためのものですので、いいものを選ぶようにしなくてはなりません。安いのでいいと言う気持ちであれば、100円均一などでも購入することはできますが、登山に行ったときに命を守るためには、しっかりとしたものを選ぶようにしたほうがいいでしょう。

特に注目をしておくといいのが、内部の汗の水蒸気は通して、レインウェアの中が蒸れないようにするだけではなく、外部の雨粒は通さない透湿防水性に優れているかです。

雨が降っているからレインウェアを着たものの、汗でムレて暑くて仕方がないという状態になると、そのまま我慢して着続けなくてはなりません。

ムレるのが嫌だからといっても、雨に濡れるわけにはいきませんので、レインウェアを着用せずに雨に打たれるようにするのか、それともムレてつらい状態だったとしても、着続けるようにするのかです。

この二択を迫られることになりますので、透湿防水性を無視して購入することはできません。そのため、高くてもいい商品を見極めて、購入しなければならないということがよくわかります。

安いレインウェアを着用することで、購入費用は抑えられたとしても、何度も買い替えることを思えば、最初からいいものを選んで購入するようにしておけば、何度でも使用することが出来るはずです。

選び方は、見た目よりも動きやすさを重視する

透湿防水性に優れたレインウェアを購入する場合には、サイズを意識して購入しなくてはなりません。

自分の体のサイズにぴったりなものを購入した場合、中に何か着ている時には、きつくなってしまうこともあります。きつくて着ることが出来なければ、中に何か着ているものがある場合には、それを脱がなくてはなりません。

脱いで着ることが出来たとしても、寒さを感じるようになるかもしれません。あまりにもピッタリなサイズを購入した場合には、動きにくさが伴うこともあります。

レインウェアは、自分の普段のサイズよりも大きめを購入するようにしておけば、動きにくいこともなく、寒さを感じずに着ることが出来るでしょう。

色を選ぶときには、自分の好きな色で選びたくなりますが、これは正解ではありません。

お気に入りの色であれば、登山に行くのも楽しくなりますが、登山に行くときに大事なのは命を守ることです。万が一みんなとはぐれてしまった場合には、救助が来るのを待たなくてはなりません。

救助に来た人に発見してもらいやすくするためには、明るい色を選んでおくようにしたほうがいいでしょう。

山と同化してしまうような色を選んだ場合、目立たなくなりますので、遭難時には発見されにくくなってしまいます。命を守って、安全に登山をしたいのであれば、目立つ色のレインウェアを着用するようにして、安全を確保しながら登山を楽しむといいでしょう。

雨が降らなければ基本的に着ないようになりますが、リュックに入れて持ち歩くための、選び方としては、それほど重くないものを選ぶことで、重たい思いをしなくてもすみます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

フィギュアスケート採点方法は?構成点について

フィギュアスケートでは、技術点のほかに、演技構成点も重要です。 演技構成点は、Program Components Score(プログラムコンポーネンツ)のことで、略称のPCS、もしくは5つの構成要素 …

ゴルフの基本知識:ゴルフの基本マナー「事故を防ぐためのマナー」

ゴルフ初心者は、覚えなければならないことがたくさんありますが、その中でも最初に覚えなければならないのが、事故を防ぐためのマナーです。 マナーが悪くて、誰かを不快な目に合わせてしまったというのであれば、 …

プロ野球・不滅の記録は?|シーズン最多奪三振

江夏豊は、日本プロ野球史上、伝説的な投手ですが、その残した功績の中で特に大きなものが、シーズン最多奪三振記録です。 年間で401個の奪三振を記録して、これは日本プロ野球だけでなくメジャーリーグをあわせ …

プロ野球選手に憧れる!2つのリーグ制について

プロ野球の歴史は、1936年からとなっており、日本職業野球リーグ戦という形で行われました。 最初の甲子園大会は、今の巨人にあたるチームがアメリカ遠征をしていたことから参加できず、東京セネタースが1位と …

子ども・幼児の水泳練習メニュー

水遊びも、子ども・幼児にとって大切な水泳練習メニューの一つです。 今クロールや平泳ぎができる子供達も、最初は皆、水遊びを通して水に慣れるところから始まります。

楽天モーションウィジェット