登山靴の履き方をマスターする

せっかく登山靴を購入しても、履き方をマスターしていなければ、十分な性能を引き出せません。

普通のシューズを履くのと大差ないと考えている人も多いでしょう。しかし、登山靴を履くのはそんなに簡単なことではありません。

登山のベテランの人は、簡単に履いているように見えますが、実は履き方に多くのコツがあるのです。

スポンサーリンク

登山靴!履き方をマスターする

まず基本的な履き方を理解しよう!

普段シューズを履いたり脱いだりするときは、紐を結びっぱなしにしている人が少なくありません。しかし、登山靴を履くときは必ず紐を緩めるようにしましょう。

紐を解くだけでなく、できるだけ緩めることがポイントです。紐を緩めると足を入れやすくなりますが、その前に必要な作業があります。それは、足の甲に当たるパーツを前に広げることです。

これにより、さらに足を入れやすくなりますが、この作業には、他にも目的があります。履いた後に、登山靴が足にフィットしやすくなるのです。

足を入れても、踵がはまっていない状態であることが多いです。そのため、フィットするまで、踵を床に打ち付けましょう。

踵がフィットしたからといって、まだ安心してはいけません。つま先の状態を念入りにチェックしてください。自由に動かせないなら、足を前に詰め過ぎている可能性があります。

全体的にフィットしていると感じられたら、次は紐を締めていきましょう。その際のポイントは、力を入れすぎないことです。

基本的には、下の方から締めていきますが、きつくする必要はありません。目安としては、足首や甲が痛くならない程度に留めると良いでしょう。固定がでてきているなら、それ以上強く締めなくても大丈夫です。

紐の締め方は1種類ではない?長さの調整も大切!

登山靴の紐の締め方には、複数の種類があります。

一般的には、下から順番に通していくのが定番になっています。リングに通して交差していくだけなので、誰でも直感的に行える簡単さがメリットといえるでしょう。ほどくのも簡単なので、初心者に向いています。

しかし、その一方で、歩いていると緩むことが多いというデメリットもあります。緩みにくくしたいなら、上方から締めていく方法をマスターするのがおすすめです。

難しく感じるかもしれませんが、基本的には下方から通していく方法を、逆にすることをイメージすると良いです。

この方法で通すと、紐が他の紐を押さえることになるので緩みにくくなります。さらに、紐の結び目が解けてしまった場合でも、急に緩むのを避けられるメリットもあります。この他に、下方から結ぶ方法と、上方から結ぶ方法を混合した結び方も存在します。

また紐の長さも、履き方に大きく関わるので注意が必要です。

短いと通しにくいので、少し長めの方が良いでしょう。ただし、長すぎると邪魔になるケースが多いです。山道には、紐がひっかかりやすいものが多くあります。

登山中に靴紐がひっかかると、転倒してしまう可能性が高いです。そのため、紐が長いと感じたらカットしておいた方が良いでしょう。

しかしカットすると、ほつれやすくなることが多いです。ほつれの防止剤を使用するなどの対処をしておくのが望ましいです。

もし上手く履けない場合は、紐を替えてみるのも一つの手といえます。自分の好みの強度や、伸縮性のものを選ぶと良いでしょう。問題なく履けた場合でも、登山には予備の紐を持って行った方が安全です。

履いた後のチェックも忘れないで!

足を入れて紐をしっかり締めても、まだ登山靴を履く作業は完了していません。

正しく履けているのか、チェックする必要があるからです。登山を始める前に、違和感がなくなるまで調整を行うことが大切です。

まず、軽く歩いたり屈伸をしてみましょう。そうすると、登山靴の内部に余裕を感じることがあります。余裕があると不安に感じて、強く締めたくなるかもしれません。しかし、すねの前方には、少し余裕がある程度が良い場合もあります。

密着していると、歩いたり足首の角度が変わったりするたびに、痛みを感じることがあるのです。そのため、歩いてみて楽であれば、すねの前方に多少の余裕を感じても、強く締め直す必要はありません。

逆に、すねに靴の内部が当たることが気になってしまう人もいるでしょう。そのようなケースでは、登山靴の調整の他に、靴下を工夫する方法で対処するのがおすすめです。

たとえば、靴下を普通に履くのでなく、折り返して履くと接触を和らげられます。この方法を使う場合は、少し長めの靴下を選んだ方が良いです。

また、つま先に余裕がありすぎて、気になってしまう人も少なくありません。歩いてみて強い違和感を感じるのであれば、対策を考えた方が良いです。

しかし一般的には、つま先に余裕があっても問題ありません。むしろ余裕がないと、下山するときに困ることになるでしょう。下に向かって歩いていると、どうしても靴の中で足がずれてしまいます。

歩くたびに前方にずれてしまうので、余裕がないとつま先が靴に何度も接触することになるのです。

その結果、登山中に指の先を傷めてしまう恐れがあります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

山の食事|単独行(一人)なら

最近では単独行(一人)で登山に出かけるという方も増えていて、人気のものとなっています。 単独行(一人)の登山での食事を題材にした漫画なども販売されているので、単独行(一人)での登山を検討しているという …

フィギュアスケートのジャンプの種類は6種類|トゥループ

フィギュアスケートでは、6種類のジャンプがあります。 アクセル、ルッツ、フリップ、ループ、サルコウ、そしてトゥループです。 難しい順に書いてあり、トゥループは、1番簡単なジャンプだということがわかるで …

ストレス解消や気晴らしに最適!ジョギングの魅力と効果

運動をして汗を流すことは気持ちの良いことです。 ジョギングにハマる人に意外と多いのが、それまで本格的に運動をしたことがなかったり、むしろ体を動かすことが苦手、というタイプです。 運動が気持ち良いという …

ランドデビューまでに準備しておきたいゴルフクラブ|キャディバッグ

ゴルフ初心者がラウンドデビューする場合、ゴルフクラブはもちろん、ウェアやシューズなど様々な道具が必要になります。 全て、ゴルフを快適に楽しむためには欠かせないものばかりですが、その中でもゴルフクラブと …

水泳が上達するための練習メニュー

水泳の上達といっても、初心者の人はクロールで泳げるようになる、痩せたい、学校でいい格好をしたい、記録会で結果を出したいなど、人によって大きく異なります。 つまり、みんなが同じような練習をすれば、それで …

楽天モーションウィジェット