飽きないコートの着回し術:デニム素材のトレンチでカジュアルに

春といえばトレンチコート。

ベージュやネイビーのトレンチも可愛いけれど、デニム素材を選んでいつもとちょっと違う、春のトレンチファッションを楽しんじゃいましょう。

スポンサーリンク

デニムのトレンチコートはトレンドから定番へ

デニム素材のトレンチコートは、一見、少しカジュアル過ぎるような、派手な印象を受けたり、すぐに飽きてしまいそうな感じがしますが、着てみると、意外とどんなスタイルにも合わせやすくて着回しがきく、今や定番トレンチのひとつとも言える人気のスプリングアウターです。

デニム素材と言っても、いわゆるブルーデニムだけでなく、暗めのインディゴブルーや淡いアイスブルーまで幅広く、ウォッシュ加工やダメージ加工のクラッシュデニムと、見た目のバリエーションは多様です。

デニムのオンス(生地の厚みや密度)によっても、カッチリとした肉厚なものから、テロっとした薄手のものまで、同じ色でも全く印象が変わってきます。

中には、オーガニックコットンデニムを使用した、触り心地の良いデニムトレンチコートもあります。

ゆったりしたオーバーサイズ気味だったり、裾や袖口が切りっぱなしの旬なデザインのもの、ショート丈やロング丈、くるぶしまであるスーパーロング丈と、デザインもいろいろです。

種類豊富なので、好みのテイストや、自分に似合う一着をみつけやすいのもデニムトレンチの特徴です。

丈の短いGジャンや、メンズライクなデニムジャケットは苦手という人も、きちんと感のあるデザインで程良くカジュアルで、パンツにもスカートにも合わせやすく着回し力抜群なデニムトレンチなら、チャレンジしやすいので、広い世代におすすめです。

デニムトレンチとパンツでカジュアルに

シンプルに、黒いスキニーと白スニーカー、無地の白パーカーやカットソーに、膝下丈のロングデニムトレンチを合わせると、それだけで大人っぽいカジュアルコーデになります。

キャップや、コットンビーニー、キャンバストートやバックパックなど、アクティブなアイテムを合わせても、ロング丈なら、子供っぽくならずにまとまります。

インナーのカットソーをボーダーにしたり、ジップアップパーカーを羽織った上からデニムトレンチを着ても、ラフだけどだらしなくないシンプルコーデになります。

ロング丈のデニムトレンチなら、ワイドパンツにも相性抜群です。短めのトップスや、Tシャツをワイドパンツにインして合わせると今っぽい着こなしになります。ワイドパンツは、サラっとした質感のものでも、厚手でも、黒や白、ベージュでも、パステルカラーでも何色でも合います。

今年なら、薄手のコーデュロイ素材のパンツもおすすめです。足元にコンフォートサンダルを合わせると、よりカジュアル感がアップします。

上級者向けで、難しく思えるデニムONデニムスタイルにもぴったりです。シャツとパンツで合わせるよりも、トレンチコートの方がトライしやすく、ショート丈でもロング丈でも合うのでおすすめです。

暗いインディゴブルーのデニムパンツに、スタンダードなブルーデニムのトレンチといった感じで、トレンチとパンツで、デニムのテイストを変えると不自然になりません。

パンツのタイプは、ワイドパンツやボーイフレンド、ストレート、スキニー、なんでも合います。ロールアップして足首を出すと、ヒールはもちろん、スリッポンやスニーカーでも足元がすっきり見えて綺麗です。

デニムONデニムだけでも、着回しバリエーションが山ほどあります。

きれいめ女子スタイルにもデニムトレンチ

着回し力の高さが、魅力のひとつでもあるデニムトレンチコートは、ボーダーシャツにスニーカーのラフなコーデに合わせた翌日、フラワープリントのワンピースにパンプスという、全く違う雰囲気のコーデにも自然に合わせられます。

ラフカジュアルにも、大人きれいめにも、ガーリーにも、1枚でいろんなコーデに着回しできる便利屋さんです。

ショートブーツと、シフォンスカートにも合えば、真っ白のミモレ丈スカートとカラフルなパンプスのコーデ、ロングスカートやミニワンピにも違和感なく合わせられます。

スカートには、ロング丈のデニムトレンチを選ぶと、かわいらしさを引き出してくれます。

ワンピースに羽織るだけじゃなくて、ショート丈のデニムトレンチの前をとじて、リボンベルトを腰の前で結ぶと、デニムトレンチ自体がデニムワンピースのように見えて、それだけでかわいくなっちゃいます。

白シャツを白パンツにインして、きれい色パンプスを合わせて、デニムトレンチを着るだけで、デキる女コーデが完成、ロールアップした黒や白のサロペットにフラットシューズでデニムトレンチを合わせると、大人カジュアルコーデの完成です。

肌寒ければ、上からストールを軽くはおるもよし、ニットカーディガンとレイヤードスタイルを楽しむもよし、コートの前をあけても綴じても、ベルトの結び方も、前後や片蝶結びにリボン結びと、好きな着方ができて、ちょっと蒸し暑ければ袖をロールアップしてもおしゃれに見えます。

まさになんでもありの、1枚で、手持ちのワードローブの大半に合わせられそうなデニムトレンチコートです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-,

関連記事

着やせ効果バツグン♪白を引き締めて着こなすなら:ロイヤルブルー

春には明るい色で気分も明るくいこう ファッションは、デザイン、素材、生地などが季節ごとに変化しますが、それと同じように、イメージカラーも異なります。特に冬から春にかけては色の変化が大きく、冬服は深みの …

この冬1つは取り入れたい!シルバーアイテム「ベルト」

冬場に取り入れたいアイテムは多いもので、特にこの冬は 「シルバーアイテム」 が人気です。 シルバーアイテムの中でもファッションのワンポイントとして取り入れやすいのが 「ベルト」です。 普段のスタイルに …

春一番!雨の日も風の日も乱れないヘアスタイル:くるりんぱ重ねでキープ

雨の日や風の強い日などは、せっかくセットしたヘアスタイルもあっという間に崩れてしまうものです。 そのような天候の時にも、ヘアスタイルをキープすることが出来る方法が、くるりんぱヘアです。くるりんぱヘアは …

春夏の万能アイテム「ポロシャツ」はトップスが黒ならボトムは白で!

春夏はできるだけ軽やかに、汗ばんだ時に気にならないようなアイテムを選んで着用していきたい季節です。 その季節にピッタリのトップスが、ポロシャツです。

トレンドカラー!レッドのボトムスを使ったコーディネート

今年のトレンドカラーの1つがレッドですが、レッドはトップスで取り入れる人が多いです。 しかし、スカートやワイドパンツなどのボトムスで取り入れれば、周りの人とちょっと差がつく、おしゃれなコーディネートが …

楽天モーションウィジェット