オシャレ度がぐっと上がる冬のコーデ法:小物とアウターの色を統一

ベージュやライトグレーのアウターは、女らしさと上品さが引き立つ優れもの。

どうしてもダークカラーになりがちな冬のコーデだけど、明るい色を着ることで華やぎが出て、女子力UPは間違いなしなのですが、それをさらにワンランクアップさせることができるのが、同じベージュやライトグレーのバッグを合わせる同系色コーデ。
上品カラーのベージュ&ライトグレーでアウターとバッグの色を統一することで、ベージュ&グレーの上品さがさらに強調され、ますますノーブルでエレガントな印象になります。

スポンサーリンク

同色バッグで垢抜け上品冬コーデ

長めのコートなど、面積の多いアウターの場合は、バッグがダークカラーだとそこだけ重く感じてしまうものです。カラーを統一したバッグなら、大きくても逆にカジュアルには見えず、無造作に大きめバッグを持ったモデル的なオシャレ感が出ます。

ショート丈のアウターなら、バッグとカラーを同じにすることで、ボトムや足元に違う色を持ってきても全体に統一感が出てきます。スカートやクロップドパンツをはく時、冬はダークカラーのタイツを合わせることが多く、靴もそれに合わせてダークな色になりがち。
ショート丈のベージュ&ライトグレーアウターだけで、他がダークカラーになり更にバッグが暗い色だと、せっかくの明るいノーブルカラーが「ただベージュやライトグレーのアウターを着ているだけ」という感じに見えてしまうことも。

そこで色を合わせたバッグを持ってくると「あーカラー統一してきたな。オシャレ!」と伝わりやすくもなります。バッグの金具はベージュの時はゴールドもの、ライトグレーの時はシルバーのものを選ぶとさらにオシャレ感がアップしますよ。

アウターと同色の巻物があればコーデはまとまる

冬コーデにはなくてはならないアイテムが、ストールやマフラーなどの巻物関係。

効かせ色や柄物を選んでみたけど、実際イマイチまとまらないということはよくあること。単品で買う時は、色のきれいさや柄などで買うものの、その日のコーデを決めて家を出る時に巻物を選ぶと、合わせがごちゃごちゃしてしまいます。

結局地味な色しか使えなくて「これは合わない。あれもイマイチ」みたいな感じになって出発が遅れたりしてません?

気に入って買った巻物だけど、それを巻くには巻物以外を地味にしないと使えないなんてこともあったりして。コートの中はオシャレしたのに、外にいるとき残念コーデじゃもったいないですよね。

そんなお買い物の失敗や、おでかけの出発の遅れを防げるおススメポイント。
巻物を選ぶ時に、思い出すのは手持ちのアウターの色。手持ちのアウターとカラーを統一するんです。

もちろん、巻物で挿し色使いがうまくいけばオシャレコーデになります。
でも出かける時にバタバタと選んだ巻物で、コーデが台無しになるのを防ぎ、全体のコーデに気を使ってますという感じを、何も考えなくても出せるのがアウターと巻物の色を同じにすることなのです。
上半身は目に付きやすいので、衿元とアウターの色が統一されていれば、誰でも一目でわかります。オシャレ感を出すには最適です。

そしてたくさんある巻物のバリエーション。
アイテムや素材を選ぶことで、雰囲気に変化が出せます。たとえばカーキのモッズコートにカーキのロングマフラーにするか、カシミアっぽいストールやツヤのあるサテンのスカーフにするかで、同色コーデでもイメージを色々と変えられるんです。
キャメルのコートに、キャメルのファーマフラーの日、ストールの日、という感じで、アウターの色をベースに素材を変えて巻物を揃えれば変化が出せますよ。

トータル感を出すなら、アウターと帽子の色を統一

アウターと帽子の色を統一するのは、一種のセットアップ感覚です。
もともと帽子自体がオシャレアイテムなので、トータルコーディネイトされた印象になります。カラーを統一することで、より計算されたオシャレ感が出るのですが、それをアウターと帽子でやることで、印象に残るコーデになります。

この、アウターと帽子(ハット、キャップ等)を同じ色に合わせるテクは、意識しないとできないので、オシャレ上級者感を強調できます。

冬のアウターはどうしても値段も高くなることが多く、ワンシーズンにそうそう何枚も買うこともできません。
前のシーズンに買って、去年は普通に着ていたコートを、違った感じに見せることができるのもこのコーデメリット。もう1枚新しいアウターを買うよりは、色を合わせたハットやキャップを買うほうがお手頃価格ですし、普段はあまりしないコーデなので、一気に目新しさが出てきて、見慣れたコートの印象もがらっと変わるはずです。

それに、効かせ色やベーシックカラーのハットやキャップって、意外と浮くことも多くないですか?
実は帽子って買ったものの、あんまり活躍していないアイテムのひとつって事もあります。アウターと帽子の色を合わせることでつながりが出て、せっかく買ったけど使いづらい小物になりがちな帽子を、うまく活躍させられるはずです。

最後に

さらに、アウターと同色にして、色が馴染むことで帽子だけが変に悪目立ちすることもなくなります。
帽子をかぶってみたいけど、ちょっとどういうコーデにすればいいか悩むなんて人にはぴったりです。冬のアウターは1週間に何回も着るもの。そのうち1回をアウターとカラーを統一した帽子コーデにしてみて下さい。

きっとオシャレが楽しくなること間違いなしです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, , ,

関連記事

時計のベルトにスカーフを巻いてエレガントに!

手首のオシャレは、コーディネートのキーポイントです。 ブレスレットやバングルなどの重ね付けはゴージャスですが、じゃらじゃら感が強いと、オフィスや改まった場には向いていません。 仕事中にデスクの上にバン …

今年1本は持ってたいハイウエストデニム!「ハイライズスキニー」

ボディフォームを美しく映せるファッショアイテムの一つに「ハイライズスキニー」があります。 ローウエストと違って、ハイライズというウエストのくびれあたりまで股上があるスタイルのため、ヒップを全面に隠せる …

春もベレー帽が大活躍!パリっぽいコーディネートに大変身!

春の帽子といえばコットンや麻の素材を選び、おしゃれよりも紫外線カットの方に重点を置きがちですが、パリでは春にもベレー帽を取り入れています。 特にハンチングのレースアップのベレー帽は、モノトーンコーデな …

「ノームコア」ファッションをする時はプチプラではなくハイブランドで!

2014年頃からアパレル業界に浸透してきたキーワード、「ノームコア」とはノーマルとハードコアが融合したトレンドワードです。 スタンダードなデザインの洋服やシューズ、小物でコーディネートをして自分らしさ …

2017年のファッショントレンドのキーワードは?

毎年どんどん生み出されていくファッショントレンド。 2016年はカラーだとテラコッタやホワイト、アイテムだとワイドパンツやオフショルダー、チョーカーなどが流行りましたね。 毎年いろいろなトレンドファッ …

楽天モーションウィジェット