飽きないコートの着回し術:セパレートタイプは服に合わせてノースリーブに

コートを使った着回し術として、2wayで着こなせるデザインのものを選ぶという方法があります。

1枚で着るとコート、ジャケット部分を取り外すと、ノースリーブのロングジレとして着こなせるセパレートタイプなどが、その代表と呼べるでしょう。

スポンサーリンク

セパレートタイプのコートの選び方とは

こうしたセパレートタイプは、長いシーズン重宝できるとあって、着回しやすいのが魅力です。アウターを2着買う余裕がないという方にとっても、セパレートタイプはオススメです。

また、着回しを考える上では、カラーも重要です。きれいめな着こなしに仕上げたいという方は、ホワイトやグレーのセパレートタイプを選ぶと良いでしょう。

カッコ良く着こなしたいという方には、ブラックやカーキといった、シックなカラーのセパレートタイプがピッタリです。逆に、女性らしくフェミニンな印象に仕上げたいという方は、ベージュやキャメルといったカラーがオススメです。

このように、セパレートタイプのコートを購入する際には、セパレート後も着回しやすいカラーを選ぶのがポイントです。

せっかくセパレートタイプを購入しても、普段のファッションに似合わないカラーを選んでしまっては、着回しが難しくなってしまいます。

そこで、普段のファッションに取り入れやすいカラーの、セパレートタイプのデザインのコートを選ぶようにしましょう。

さらに、ノースリーブのロングジレとした時のデザインも、事前にチェックしましょう。

襟のデザインや、ウエストベルトが付属しているかどうかなどによっても、着回しやすさが変わってきます。そこで購入前に、1度セパレートさせてみて、試着すると良いでしょう。

ワンピースと相性抜群のノースリーブのロングジレ

セパレートタイプのコートのジャケットを取り外すと、ノースリーブのロングジレとして着こなせるアウターの場合、ワンピースとの相性が良い事で知られています。

シンプルな無地デザインのワンピースに、ノースリーブのロングジレを羽織るだけでも、きちんと感をプラスする事が出来ます。

そこで、ワンピースを大人っぽく着こなしたいといった時に、オススメのアウターです。

ホワイトのシャツワンピースにベージュのノースリーブのロングジレを羽織ると、爽やかでフェミニンなコーディネートが完成します。きちんと感も演出できるとあって、オフィスカジュアルスタイルとしても重宝する事でしょう。

勿論、セパレートさせずに、コートとして羽織っても、コーディネートは完成します。

また、セパレートさせたノースリーブのロングジレそのものを、ワンピースとして着るという着回し術もオススメです。

ウエストリボンが付属している場合は、そのリボンを結ぶ事で、脚長効果が期待できるワンピースとして着回せます。ウエストリボンが付属していない場合は、サッシュベルトでウエストマークすると良いでしょう。

サッシュベルトは、今期のトレンドアイテムです。

その為、脚長効果をプラスすると同時に、トレンド感もぐっと高める事ができ、まさに一石二鳥のアイテムです。

ベージュやキャメルといったセパレートタイプのコートの場合は、黒のサッシュベルトを合わせると、メリハリのあるカラーリングで、より引き締まった印象が高まります。

そこで、スタイリッシュに細見せ効果を演出したい女性に、オススメのコーディネートです。

ノースリーブのロングジレで細見せ

セパレートタイプのコートの場合、ジャケット部分を取り外すと、すとんとした落ち感のあるノースリーブデザインに仕上げられている事が、ほとんどです。

この落ち感を生かせば、コーディネートに細見せ効果をプラスする事ができます。その落ち感の生かし方は、ただ羽織るだけです。それだけで、どんなコーディネートにも細見せ効果をプラスする事ができます。

旬のボリュームのあるボトムスを使ったコーディネートも、ノースリーブのロングジレを羽織るだけで、細見せに繋がります。

何故なら、すとんとした落ち感が、縦のラインを強調してくれるからです。

そこで、ボリュームのあるボトムスを使ったコーディネートの際には、ジャケット部分を取り外して合わせると良いでしょう。

また、定番のカジュアルスタイルを格上げさせたい時にも、ロングジレは重宝します。

シンプルなホワイトのTシャツ、デニムのカジュアルスタイルも、ロングジレを羽織るだけで、きれいめカジュアルスタイルへと、シフトチェンジさせる事ができます。

そのままコートとして羽織るには暑さを感じさせる春や夏は、是非ジャケット部分を取り外して、ロングジレとして合わせましょう。

見た目にも涼しげな、大人のきれいめカジュアルスタイルが完成します。

春夏の定番であるボーダーカットソーも、ロングジレを羽織るだけで、カジュアルさを抑える事ができます。

そこで、コーディネートが少しカジュアル過ぎると感じた時には、ジャケット部分を取り外して、ロングジレとして羽織りましょう。

この一工夫によって、カジュアルダウンしすぎてしまう事を防ぐ事ができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

何色にする?ファーの色について

秋冬に活躍するファーアイテムは、手持ちの服に合わせやすく、使い勝手が良いです。 この時に気になるのが、どの色を選ぶべきかで、好みはもちろん、色の持つイメージを考えてチョイスすると、コーデに役立ちセンス …

トレンドカラー!マスタードイエローのアウターを使ったコーディネート

レトロな感じがするマスタードイエローは、いつの時代も愛されてきたトレンド感のある色で、年齢を問わず幅広い層に似合います。 アウターに取り入れると存在感があって、流行を押さえた着こなしをするために活躍し …

ブラックスニーカーを買うなら、このブランドがおすすめ!

ブラックスニーカーは、カジュアルなモノトーンコーデの必需品と言っても良い程、融通の利くアイテムです。 また、一言でブラックスニーカーと言っても、ブランドや素材、ソールの色などによって全体的な印象が随分 …

ベージュコートの着回し方!同系色のニットワンピで”ワントーンコーデ”

コートというと、どうしても無難に黒やグレーを選んでしまいがちですが、ダークなカラーに偏りがちな冬だからこそ、お勧めしたいのが明るいベージュ色です。 デザインはできるだけシンプルなものを選ぶと、インナー …

リブニットセーターの魅せ方「サイズをワンサイズ下げてぴったり」

女性の間で、数年前から定番アイテムになっているリブニットですが、デザイン全体がリブになっているので、体にフィットするトップスです。あまりフィットするのが好きではないという人は、サイズを上げるのもいいで …

楽天モーションウィジェット