春のアウターはトレンチコート!飽きない着回し術「シャツワンピのように着こなす」

トレンチコートは、きちんとした大人の雰囲気を演出できる、オシャレアイテムです。

寒い時期から暖かい時期まで、気温差にも対応でき、長く着回しのきく万能なコート。インナーとの組み合わせと着こなし次第で、飽きずに楽しめるでしょう。

スポンサーリンク

トレンチコートは長く着回せる万能アイテム

着丈の長いトレンチコートはインナーが見えにくく、気をつけないと、いつも同じコーディネートに見えてしまいがち。

周囲と差をつけるためにオススメなのが、シャツワンピ風に着こなす事です。

素材は色々ありますが、裏地が付いていたり張りのある布地は、ベルトを締めた時にごわつき、重たい印象になってしまう事があります。

またインナーにセーターなど厚手の素材を着る際に、着膨れしてしまう心配もあります。シャツワンピのように着こなすためには、薄手の素材を選ぶ事がポイントとなります。

また、最近はシャツワンピをトレンチコート風に着こなすのも流行っていますが、寒い時期にはNGです。やはりコートを選ぶのが、正解でしょう。

色は、定番のキャメルかベージュが合わせやすく万能です。

最近は、カラーバリエーションも豊富なトレンチコートですが、着回しができ、季節を問わず着られるのは、やはり定番カラーです。シルエットは、ストレートかゆるやかなAラインがオススメです。

よりコーディネートの幅を広げるためには、前を開けても閉じても着られる事が必須です。丈は膝丈か少し短めにすると、中のスカートを見せたり隠したりといった、変化も楽しめます。

これから初めてトレンチコートに挑戦する方は、まずシャツワンピのように着られるかどうかを基準にして、定番の色形を選びましょう。

カジュアルさんがシャツワンピ風に着こなすなら

きちんとした印象もあるトレンチコートですが、カジュアルな着こなしが最近のトレンドです。

いつものコーディネートにさらりと羽織れば、カジュアルな中にも、こなれた雰囲気を演出できるでしょう。

まずオススメなのが、定番のボーダートップスのと組み合わせ。デニムにスニーカー、ニット帽などを合わせれば、旬のコーディネートが出来上がります。

トップスをインして、ロールアップしたデニムにヒール、ソックスを合わせれば可愛らしくもなりますし、ベレー帽とワイドパンツ、首元にバンダナなどを合わせれば、オシャレ度の高いマリンテイストにもチェンジできます。

この場合、コートの前を開けるか、襟元を大きく開き、ボーダーを見せた方が良いでしょう。

次は、白シャツとのコーディネートです。それだけで大人っぽい雰囲気が出るので、スニーカーと合わせるのがオススメ。

ボトムは、定番のデニムならスキニーかボーイズライクなシルエットを選ぶかでも、ガラリと印象が変わりますし、シャツをインにしてベルトと合わせるのも、素敵でしょう。

こちらも、コートの前を開けて、ラフに着崩すのがポイントです。

次には、ゆったりして見えやすいカジュアルさんの着痩せコーディネート。

黒などダークカラーとの組み合わせで、スッキリと着こなしましょう。

例えば、黒色のタートルネックのトップスに、スキニーパンツを合わせてコートの前を開ければ縦長シルエットが完成します。また、ボタンを留めずに、ラフにベルトを結ぶのも海外セレブの様でオシャレです。

この時、靴やストールの色を変え、差し色にすると、重くなり過ぎないので正解です。

エレガントさんがシャツワンピ風に着こなすなら

ここぞというシーンにも、応用範囲が広いのがトレンチコートです。

オフィスにも、ちょっとしたパーティにも着回し出来るのが嬉しいところです。

エレガントな方へ1番のオススメは、コートの前をきっちり締めて、ベルトマークするシャツワンピコーデです。コートの形によって、印象がずいぶん変わってきます。

例えば、ストレートラインのコートならタイトに、Aラインならフレアスカート風に、といった具合です。合わせるのはもちろんスカートですが、短め丈でコートに隠してしまっても、少しコートから見えてもどちらも素敵です。

脚線美に自信のある方は、ミニ丈のコートに、ミニスカートの組み合わせにも是非チャレンジをしてみてください。

次は定番、ワンピースのとの組み合わせです。

春先なら、明るい色味のシフォン素材にパンプスを合わせたり、寒くなったら厚手の素材やニットワンピにブーツで着回しましょう。オフィスなら、オフホワイトやベージュのワンピースにパンプスで、グラデーションコーデも落ち着いた印象でオススメです。

最後にオフィスに1番オススメのコーディネートです。

クールなパンツスタイルです。センタープレスのパンツにトレンチコートを合わせれば、一瞬で出来る女に格上げです。パンツはすっきりとしたストレートラインも、少しワイドなシルエットも、どちらもオシャレです。

シャツを合わせれば、よりきちんとした印象ですが、セーターやカットソーを合わせれば、親しみのある雰囲気にもなります。

コートは、ストレートラインが合わせやすく、さらりと羽織ってもきっちりとベルトをしても似合いそうです。

トレンチコートがあれば、着回し自在。コーディネートの幅がぐっと広がるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

カラー別!ファーアイテムのコーディネート

毎年秋冬に定番になり、秋冬になると欲しくなるもといえば「ファー」です。 女性らしい可愛らしさと、上品さを持ち合わせたものです。 そんな女性の人気素材アイテムを、今年流に取り入れるためのポイントについて …

春のアウターはトレンチコート!飽きない着回し術「デニムと合わせる」

きちんと感のあるトレンチコートに、カジュアルな印象のデニムパンツを合わせると、きれいめカジュアルスタイルが完成します。

春一番!雨の日も風の日も乱れないヘアスタイル:乱れ知らずの三つ編み

湿気が多く、雨の日が続く梅雨の時期や、春先の風が強い時期には、ヘアセットしても、すぐに髪が乱れてしまうなんてことありませんか。 朝、念入りにブローをして、髪をしっかりセットしても、学校やオフィスに着い …

秋に取り入れたいカラーを活かしたコーデ:パープル

秋になると、落ち着いた大人な印象を演出したいものですが、かといって黒やグレーといったモノトーンばかりや、茶色などのありきたりのカラーでは、バリエーションも決まりきったものばかりで飽きてしまいます。 そ …

肌寒い日に持ち歩きたい羽織もの「シャツ」

ちょっと肌寒いけれど、重ね着をするほどでもないというときもあるでしょう。そういった時に羽織ものとして持ち歩くなら、シャツがおすすめです。 いろいろな使い方ができるので、気温変化が激しい時期に役立つアイ …

楽天モーションウィジェット