お呼ばれに着ていくとい上品な印象になるドレスカラー【グレー】

グレーというと仕事用のスーツやジャケットあるいは制服などの色を思い浮かべるためか、どこか地味な印象を持たれがちですが、実はグレーは特殊な力を持つ色です。
使い方次第ではとても上品な輝きを放つ色で、おしゃれなカラー使いには欠かせない色です。

スポンサーリンク

グレーを使いこなしてカラーセンスアップ

グレー(無彩色)の特徴の一つは、色味を持たないことです。
これは無彩色である白もしくは黒が明るさ(明度)のみで変化する色で、例えば赤や青、黄色といった色味(色相)を持たず、色味がないゆえに、鮮やかさや渋さの目安である彩度も持たないと、いう独特の特徴を持ちます。
一般的にモノトーン(単一色相の色調)といえば、この白・グレー・黒の無彩色のモノトーンを指すことが多いですね。このグレーは、色彩を持たない故にどんな色とも合わせやすく、配色の失敗が少なく使いやすい色とも言えます。

また、他の色同士の組み合わせの間に入れることで色同士を分け、強い印象を和らげる効果に使うこともできます。

グレーの変化は、あくまでも明るさ(一般的な感覚でいえば濃さ)のみですが、服装では布地の素材感で変化をつけることが可能です。
例えばサテンのような光沢のある布地では上品な輝きを持ちますし、若干表面の毛羽立った布地ではマットで落ち着いた感じを持たせることもできます。

また、パッと見はグレーでも、ほんのわずかに色味をもつグレーもあり、例えば若干ブルー系に偏ったグレーではクールでシャープな印象、茶色やオレンジ系に偏ったグレーでは落ち着いた温かみのある印象になります。
確かに使い方を間違うと、地味で野暮ったい色になりがちなグレーですが、組み合わせを工夫すればとても上品で華やかにもなり、フォーマルやちょっとしたお呼ばれに非常に適した色となるでしょう。

落ち着いた上品さが欲しければグレーをベースに

「グレー」と一口に言っても様々ですが、お呼ばれに欲しいのは上品な華やかさです。そんな中でも、特に落ち着いた印象が欲しければグレーをベースカラーに使います。

これは一番面積の広い部分に使うという意味で、例えばドレスやワンピース、ジャケット、スカートやパンツに使います。
もちろん、すべて一色にすると何とも味気なくなりますので、その場合は小物等のアイテムに別の色を合わせて変化をつけます。
フォーマルなシーンでは、ネイビーやブラックと合わせても良いでしょう。

お呼ばれやパーティーで華やかさが欲しい時は、布地の素材感で変化を持たせると良いでしょう。
全て同じ生地で服装を統一すると、地味な印象になりますので、例えばドレスやワンピースであれば部分に異素材を使っているものを選んだり、ショールやそのほかの身に着けるファッションアイテムの素材に変化を持たせたりします。
異素材感のある布地としては、サテンなどの光沢感のある物のほか、控え目なパール光沢やラメの入った布地もあります。

シフォンのような薄く透ける素材で、ふんわりと優しい印象を持たせるのも良いですね。
色の異なるネイビーや黒、濃く暗いグリーンなどの暗く落ち着いた色合いのレースを加えても良いでしょう。

逆に暗い赤などのさし色を使うと、グレーがそれらの色を引き立てつつも派手さやケバさを抑え、上品なセクシーさを出すこともできます。
グレーはそれ自身が主張する色ではないため、他の色を引き立てる能力に優れており、アクセサリーなどをより一層上品に見せる効果もあります。
特にシルバーやパールとは相性が良く、お勧めの組み合わせと言えるでしょう。

引き締め効果が欲しければグレーをアクセントに

お呼ばれの服装では、やはり華やかな色合いのほうが良い、という場合でもグレーは役立ちます。

華やかで明るい色合いはとても美しいのですが、それらの組み合わせばかりだと何ともまとまりがなく、統一感が感じられないために、ぼんやりとして落ち着きがない感じになってしまいます。また一歩間違うと派手でけばけばしい印象にもなりかねません。
それらの印象を和らげるときに便利なのが無彩色です。

カラーデザインにはいろいろな手法がありますが、多色使いの色同士の群れを分ける配色効果を「セパレートカラー」と言います。
このセパレートカラーの部分に無彩色のグレーを使います。
例えば上下同じ色の服装であれば、ベルトに使うなどの使い方がわかりやすいですね。

また、カラフルな中に無彩色が加わると、そこだけ雰囲気が違うために全体のアクセントとなります。この場合は、「アクセントカラー」と呼ばれますが、全体の雰囲気を整えつつも注目を引く部分となります。
他の部分の色合いが薄ければ濃いめの無彩色を、濃い色合いの組み合わせであれば白に近い明るめの無彩色を入れると良いでしょう。

お呼ばれの服装でのアクセントカラーは、服装そのものに入れるよりはスカーフやバッグ、ベルトや靴などの小物に使うのがお勧めです。この場合、濃くてちょっと強めの色を使うとお互いが引き立ち、上手く調和します。
またゴールド系のアクセサリーと合わせるとそのあでやかさも引き立ててくれます。

最後に

無彩色は他の色合いを引き立ててくれる上に、その派手さを抑えて上品に見せてくれる魔法のカラーです。
おしゃれ上級者はアクセントカラーとセパレートカラーをうまく取り入れて、服装の色味に変化をつけていますので、彼や彼女たちの装いをよく観察してみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ビューティ, ファッション
-, , , ,

関連記事

着やせ効果バツグン♪白を引き締めて着こなすなら:ロイヤルブルー

春には明るい色で気分も明るくいこう ファッションは、デザイン、素材、生地などが季節ごとに変化しますが、それと同じように、イメージカラーも異なります。特に冬から春にかけては色の変化が大きく、冬服は深みの …

秋に取り入れたいカラーを活かしたコーデ:イエロー

イエローと一言で言っても、たくさんの種類があります。ネオンカラーの派手な色味だったり、パステルなどの優しい色味など、その季節毎に合わせた色味があり、色々とコーディネートを楽しめます。 また、どの季節で …

女性らしさをUPするキレイめカジュアルを作る方法:モノトーンより明るめの色を選ぶ

女性らしさといっても人によってイメージは違いますが、一般的には柔らかで落ち着いていて、それでいてほんの少し温かみもあり、控え目な華やかさを含む雰囲気を指すことが多いですね。 代表的な色はピンクやベージ …

プチプラアイテムでもオシャレに見える!「デニム」

ファッションコーデがしやすいアイテムとして、デニムはとてもおすすめです。 コーデ次第で、使い勝手が良いデニムは、ハイレベルなオシャレを楽しむこともできますし、セレブの間でも人気があるファッションアイテ …

初心者でもきれいにセルフネイルができるコツ

指先のおしゃれとしてネイルをしている女性は多いでしょう。 ですが、自分できれいに仕上げるのはなかなか大変です。 初心者でもセルフネイルをきれいにするコツを紹介します。 スポンサーリンク セルフネイルを …

楽天モーションウィジェット