カラーボックスでDIY!レールをつけてDIY

ホームセンターやスーパーなどへ行くと、手ごろな価格でカラーボックスを手に入れることができます。
ただ、便利は便利なのですが、意外と使い勝手が悪いと感じている人も多いのではないでしょうか。

同じ大きさでそろえやすいのは良いのですが、奥行きが意外とあるので、奥の方にしまったものを取り出しにくくなってしまうということもあるでしょう。
また、仕切りなどがあるわけではないので、立てて収納したくても倒れてしまうなど、不便に感じることがあるかもしれません。

スポンサーリンク

手軽に手に入るカラーボックスをより便利に

今では、女性にも大人気となったDIYで、もっと便利に変えてみませんか。

今では、いろいろなDIYグッズが発売されています。女性でも簡単にできるグッズも充実していますので、初心者の女性でも簡単にできるでしょう。
どうしてもよくやり方がわからなくて不安だというのであれば、ホームセンターなどへ行ったときに、スタッフに相談してみてください。

特にホームセンターの場合は、道具がたくさんそろっていますし、ホームセンターの一角で作業ができる場所があるかもしれません。講習会などが行われることもあるでしょう。

まずは、本屋へ行って、DIYの本でどんなことができるのかを勉強しておいたほうが良いかもしれません。
かわいらしいアレンジができることもあるでしょう。特に、レールを付けることで、奥のものも楽に取り出せるようになる工夫はしておくと良いでしょう。

カラーボックスの欠点は、補うことができます。ただ、初心者はその前にやり方を覚えておかなくてはなりません。決して難しくはないので、自信を持って作業に臨んでください。

グッズと道具をすべてそろえて作業開始

カラーボックスはもちろんですが、カラーボックスに合った長さのレールが必要です。

今では、カラーボックス用のレールもありますから、わかりやすいでしょう。あとは、カラーボックスに合っている箱を用意してください。

また、道具も必要です。道具がない人は、充電ドリルドライバーがあると便利です。電動のほうが作業がとても楽になります。また、軍手やメジャーも用意しておきましょう。

これだけそろえれば、あとは意外と簡単です。
カラーボックスの板を外してしまいます。そして、メジャーを使ってどこにレールを取り付けるのか、目印を付けましょう。
箱の長さに合わせる必要があるので、間違えないように気を付けてください。隙間を入れるのを忘れてしまうと、箱の出し入れが大変ですので、スペースには余裕があるほうが良いです。

場所が決まったら、レールを目印の場所に貼ります。
粘着テープが貼ってあるタイプは、シールの台紙をはがして貼ってください。ない場合も両面テープを使って固定しておいたほうが良いです。

それから、充電ドリルドライバーを使って、レールをしっかりと固定します。すると、とても丈夫になりますし、簡単には外れないようになります。

耐荷重は必ず確認してください。
たくさん箱にものを入れて収納したくなりますが、あまりにも重すぎてしまうと壊れる恐れがあります。
耐荷重をあらかじめ確認しておけば、そのような失敗をしなくて済みます。いくつか作って、壁一面に並べると、とても統一感があってシンプルなインテリアにもなります。

難しくはありませんので、DIYが初めての人にもおすすめです。

他にもいろいろな工夫で仕切ろう

DIYは、工具を使わないとできないということではありません。

いろいろなグッズを使うと、もっと簡単にカラーボックスの仕切りを変えることもできます。
工具も何もないから、もっと楽なやり方がないかと思っているなら、良い方法があります。

カラーボックスの内側のスペースと同じ長さのすのこを、2枚用意します。板を外したカラーボックスの中に、すのこを2枚左右に設置します。
すのこには足があるので、足が内側に来るようにしてください。その足を使ってちょうどいい大きさの板を置くだけで仕切りができます。

これだけでも十分ですが、より強度を高めるためにも、充電ドリルドライバーで、すのこと板を固定したほうが良いでしょう。これなら、メジャーを使わなくても仕切りを変えることができます。

また、100円均一でもおなじみの突っ張り棒を2本、カラーボックスの内側の奥と、手前の2か所に同じ高さで取り付けます。
その上に箱やかごなどを置くだけで終わりです。

突っ張り棒にカフェカーテンなどを付けて、目隠しに使うのもおしゃれです。突っ張り棒を何本か買って、使ってみるのも良いかもしれません。

最後に

意外と奥行きがあり、そのまま使うよりも、箱やかごを使って、使いやすくするためにも、カラーボックスにレールを取り付けてみませんか。

仕切りの位置を自由に変えられるようになると、各段に使い勝手が良くなります。
おしゃれな箱や、カフェカーテンなどを使うと、インテリアをガラッと変えられます。マスキングテープなどでおしゃれなカラーボックスに変えるのもおすすめです。

自分なりに工夫して、便利でおしゃれな収納に変えましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

生活をよりスマートに|注目の最新家電「スモークレス灰皿:サンコー」

タバコは、人と人の間の空気を文字通り変えます。室内にタバコの煙が漂いだすと、喫煙者は非喫煙者に迷惑をかけているような後ろめたさを覚え、一方、非喫煙者は不快に思ったり、あるいは、喫煙者の気兼ねを慮ったり …

美を追求する最新美容家電 ― 家庭用脱毛器 ―

近頃は、美容家電として家庭用脱毛器に人気が集まっていますが、家庭用脱毛器でムダ毛を目立たなくするメリットとして挙げられるのは、自分の家で好きなときにムダ毛のケアができることや、一旦購入してしまえば、追 …

大後悔…引っ越しで捨てなければよかったものは?

引っ越しが決まったら「この機会にいらないものを捨ててしまおう」という気持ちになり、不用品をごっそりと捨ててしまう人が多くいます。 不用品を処分することは良いことです。 しかし、思い切りがよすぎてしまい …

DIYでキッチンの雰囲気を変える!キッチンカウンターを作る

DIYでキッチンカウンターを作りたいけれど、その方法が分からない、本格的な道具を持っていないという場合でも、市販されているアイテムを使用することにより、簡単にキッチンカウンターをDIYすることが出来ま …

クレジットカード「ENEOSカード」の特徴やおすすめポイント

普段、車を運転する方がクレジットカードを作る際は、ENEOSカードがおすすめです。 ENEOSカードは、JXTGエネルギーのクレジットカードで、3種類のタイプから選べるようになっています。 ENEOS …

楽天モーションウィジェット