趣味で取れる実用的な資格:カラーデザイン検定


カラーデザイン検定は、実務に役立てられる色の戦略家としての知識を身につけることができます。

ビジネスに役立てられて、就職や転職でも有利になります。

すぐに現場で応用できるので、趣味として取っておくと便利な資格です。

色を使ったマーケティングやプレゼンテーションをすることで、商品やサービスをより魅力的に見せるなど、商品開発、マーケティング、広報やウェブ担当などにも使えます。

スポンサーリンク

仕事や生活に活かせるカラーデザインの資格

今の時代、色は重要なビジネス要素です。
色の魅力や持つ力を活かすことができれば、生き生きと見せることができます。

デザイナーをはじめとして、企業開発やマーチャンダイザーなどの仕事に携わっている人にも適しています。

ただ、カラーデザイン検定は色関係の資格としてはやや難易度が低いので、専門的な知識というよりも自分で生活の中で色を楽しんだり、生活の中で色を活かしたい人向きです。

まず、カラーデザイン検定を受けて色について基本的な知識を身につけておき、自信をつけてからさらに上級の資格にチャレンジするという手もあります。

社会人だけではなく、就職に役立てたいという専門学校生の受験者も多いです。
認定講師制度があるので、再就職を考えている離職中の専業主婦が取得するケースもあります。

色に興味のある人であれば、楽しんで勉強することができるでしょう。

仕事で使うだけではなく、自分で楽しむために資格を取ったり、周りの人にアドバイスをするために取っておいても役立ちます。

生活を彩りたい、色の力で元気になりたいという人にもオススメです。

カラーデザイン検定の試験内容は?

カラーデザイン検定は、3級~1級まであります。

3級について
色彩の基礎や嗜好色や嫌悪色、インテリア・カラーコーディネート、食べ物と色、メイクと色、などで、だいぶ生活に馴染みのある内容となっています。
生活の中で色を楽しみたいという趣味が目的であれば、3級の知識だけでもだいぶ生活は華やかになるでしょう。

2級について
色の対比や色の同化、色名の由来と意味、色彩と文化、色と光の関係、色が見える仕組みなど、色についての歴史や色覚についての内容が入ってきます。

1級について
専門的な内容になり、XYZ表色系の基本、色を表す方法や伝達する方法、造形と心理的効果、商品パッケージの色、広告とブランディング、カラープランニングなど、仕事に活かせる内容が加わります。

1級の試験では2級・3級の出題範囲も加わるので、出題範囲は広範囲です。

合格率の正式発表はありませんが、だいたい満点の70%前後の点数が取れていれば受かるようです。
色の資格の中では難易度は低めです。

2級・3級はマークシート方式のみですが、1級はマークシートに加えて一部記述式と実技があります。

カラーデザイン検定の通信講座もあるので、忙しくて時間が取れない主婦や学生でも勉強しやすいでしょう。

テキストだけだとわかりにくい内容もありますが、DVDや添削問題で疑問点を補って解消しておけば合格点に近づけます。

感覚的に使っていた色を理論で考えて戦略的に使うことができるようになれば、仕事でも活躍できる場が増えるでしょう。

活かせる場が幅広い魅力的な資格

カラーデザインの資格は、アパレルやメイク、ネイル業界といった華やかな美容系はもちろん、インテリアや建築、Webデザインなど活躍の場を広げることができます。

カラーテクニックを知っておくだけで、企画書やプレゼンテーションも魅力的に伝えられるようになります。

色の力は思っている以上に大きいものです。

一般のサラリーマンでも、色について理解しておくだけで仕事がやりやすくなり、毎日が楽しくなります。
企画書やプレゼンテーションの能力を伸ばしたいと考えている人にも使える資格でしょう。

趣味では、プライベートで毎日の洋服選びやメイクといったオシャレで活用できます。
今まで何となく選んでいた洋服やメイクの色も「なぜこの色がいいのか」という知識をもとにして選択できるようになります。

インテリアや食卓を素敵に演出するのにも役立ちます。
使っているうちに自然とセンスがアップしていく実用性があります。

受験者はほとんどが女性ですが、もちろん男性が受けてもOKです。

1級では専門的な問題が出されて難易度が上がるので、しっかり勉強しておきましょう。

受験資格に制限はないので、誰でも受けられます。

最後に

民間資格なので就職や転職に有利になりにくい資格ではありますが、日常生活を華やかにしたいという人や、仕事の中で応用して使っていきたいという人には向いています。

ちなみに色関係の資格では、他に色彩検定とカラーコーディネーターの資格があります。
この2つはどちらも公的資格で、カラーデザイン検定と同様に誰でも受験できます。

カラーデザイン検定公式サイト

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-

関連記事

営業事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

営業事務の仕事には、明確に「これを取っておけば大丈夫!」という資格はありません。 ただし、業務の中で必要な知識に関して、資格試験を通じて勉強しておいた方が良いという事は多々ありますので、順に紹介してい …

銀行事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

銀行事務には、いわゆる窓口での事務、裏方としての事務など、同じ事務では全く意味合いの異なるものが存在します。 銀行事務は、銀行事務でもどの役職、役割を担うかによって、おすすめの資格というのが大きく変化 …

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「ビジネス著作権検定」

著作権に関する話は、テレビなどでも頻繁に出てきます。日常生活でも、テレビの違法アップロードや、確認もせずに写真をコピーし印刷したなど、下手をすれば著作権の侵害になってしまうような場面に遭遇しています。 …

医療系の資格:獣医師になるには

今では空前のペットブームということで、昔とは比べ物にならないほど犬や猫を飼う人が増えています。 もはや家族同然の扱いで、中には飼い主の方が犬や猫に身を捧げているようなケースまであります。 特に最近の猫 …

地球環境を守る資格:林業技士

林業技士の資格は、一般社団法人である「日本森林技術協会」の登録者名簿に登録を行うことで付与され、地球上に存在する重要な役割を果たす森林に関しての専門家です。 昭和53年に発足されており、森林や林業に携 …

楽天モーションウィジェット