初心者でもできる?DTMで作曲してみよう!


動画サイトや各種SNSサービスが充実してる今、自分で作った楽曲を手軽にアップロードすることができるため、現在は作曲・DTMが一大ブームとなっています。

自分で気に入った楽曲を作曲したい、作詞したい、表現したいという方のために、作詞作曲・DTMの魅力やどんな人に向いているのかをご紹介していきます。

スポンサーリンク

DTMを始めてみよう

DTMとは?

まず、最初に登場した「DTM」という単語について。

これは「デスク・トップ・ミュージック」の略で、パソコンを用いた音楽制作のことを指します。

以前までは「宅録」という言葉が使われていました。

もちろん「作曲」という行為自体は、鼻歌であれば録音機器すら要りません。

しかし、作曲をするからには、楽譜に書いたり、テープレコーダーやCDやデジタル媒体などに録音するなど「記録に残して」おかなければ、人と共有することは難しいです。

そこで出てきたのが「DTM」というワードです。

これはパソコン上で音楽制作ソフト「DAW」と呼ばれるソフトを使うことで、多重録音や、MIDIという音楽言語を用いて、パソコン上で楽器を鳴らして合奏させることができます。

一昔前であれば、携帯電話の着メロを作る機能も、いわばDTMと言えなくもありません。

最近ではDSなどゲームソフト上で素材を組み合わせるだけで簡単に音楽が作成・表現できたりしますね。

作詞・作曲はどんな人に向いている?

今までギターやピアノ、ベースやドラムなど楽器をやってきた経験のある方、これは言うまでもなく適しています。

むしろ、曲の練習をしている最中に、自分なりのフレーズを弾いたり、勝手に曲を変えたりして遊んでいても、これは立派な作曲。

もっと言えば、楽器を演奏している人は今すぐ作詞・作曲をやって、あなたの音楽を発表するべきです。

次に、楽器が未経験という人。

実は、これでも大丈夫なんです。

先程も言った通り、楽器が弾けなくてもパソコンに音やリズムを指定してやれば、自動的に演奏してくれるので、誰でも楽曲を作ることができます。

唯一縛りがあるとすれば、既存の曲を聴いて「こんな音楽を作りたい、自分ならもっと違う表現をしたい」ということを少しでも思ったことがあるか、という一点のみです。

楽器ができる・できないは関係ありません。

楽譜も読めなくてもできるのが、作曲・DTMの大きな魅力なのです。

しかし、とはいっても「曲を作る」という行為が難しいことは、経験者も未経験者も変わりません。

DTMに必要な道具と知識

ここで必要な道具と知識を簡単にご紹介します。

まず、音楽理論に関しては一切忘れてください。

あと、楽譜の読み方もまだ使いません。忘れてください。

必要な道具は、ある程度のスペックをもったパソコン(CPUのクロック数が1.7Ghz・RAMが4GB以上、HDD容量が100GBあるのが望ましい)だけ。

先程のDAWソフトと呼ばれる音楽ソフトは、まずはフリーでも大丈夫。

Studio OneやDominoなど、今はフリーでも驚くほど高機能です。

Macを買えばガレージバンドが付いてますね。

ProToolsやCubaseといった有料ソフトは、たくさん作曲したくなった時でも構いません。

そして必要なものは、音感でもリズム感でもありません。

耳コピ、いわゆる音を聞き取る能力です。

昔、CMソングやアニメのテーマ曲をリコーダーで吹きながら家に帰った経験はありませんか?

あれがいわゆる、耳でコピーする「耳コピ」です。

まずは、模倣から始めるのです。

その上で必要な知識や技術を身につければ良いわけで、まずは既存の楽曲を再現する、そしてアレンジして自分の楽曲を作る、というのが最もわかりやすく楽しい方法でしょう。

作曲・DTMの魅力や楽しみ方

やはり頭の中で鳴った音を表現できることに尽きます。

ひとつの楽器を練習したり、特に単音楽器は一人では頭の中を全て再現できません。

しかし、DTMを使うことで、自分の頭の中に浮かんだ世界を表現することができるのです。

楽器を操ったり、曲を表現したり、作詞をして文学的な表現をしたり、といったようにひとつで多彩な表現ができる、まさに芸術といって良いでしょう。

昔体験して感動したできごとを綴ったり、悲しくてしかたなかったり腹立たしかったり嬉しかったりといった感情を表現できるのも音楽の良いところ。

映画で表現するとなれば映像も音楽も、そして俳優もとなってかなり大変ですが、音楽は音楽だけ。

もちろん作曲も大変なのですが、あなたの人生や考え方、そしてあなた自身を表現する上で、実に多彩で奥深いツールとも言えます。

最後に

本格的にやりたいのであれば、パソコンの他にオーディオインターフェイス、MIDIキーボード、ヘッドフォンがあれば十分です。

拡張は後からできるので、まずはトライしてみましょう!

また、それよりもミニマムな、スマートフォンやタブレット端末でもアプリを駆使して音楽を作ることができます。

ギターやベースなど、楽器が手元になければ始められないものと違って、身近に転がっている機器を使ってすぐにできるのが作曲の良いところ。

さっそく今すぐチャレンジしてみませんか?

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-趣味
-, ,

関連記事

フリマアプリ「Selsee」の特徴や使い方

近頃では、スマートフォンの普及率が高くなるにつれて、様々なアプリが配信されています。 フリマアプリに関しても、多種多様なアプリがリリースされていますが、なんと最近では、自動車専門のフリマアプリも登場し …

モテたい人におすすめの趣味:ハンググライダー

ハンググライダーはスカイスポーツの一種です。 パラグライダーと混同されやすいですが、パラグライダーはパラシュートをベースにした機体でするスポーツを指し、ハンググライダーは紙飛行機や凧のような形状のグラ …

宴会で盛り上がる!定番のシルクマジックで人気者になろう

宴会で人気者になる近道といえば、何か芸をやることです。 歌をうたったり、ダンスをしたり、モノマネをするなど色々とありますが、マジックを演じるというのもよくある芸です。 問題は何をやるかですが、あまりに …

みんなで熱狂!スポーツ観戦を120%楽しむ方法

家でテレビを見て楽しむことも出来ますが、この方法はあくまで一人ですから、あまり盛り上がりません。 スポーツ観戦を120%楽しむコツは、みんなに一緒にというのがいいです。

老化防止にもなるクリエイティブな趣味:皮工芸

会社勤めを終えられ定年退職をした方や、アウトドアな趣味を元々もっていたが、体力面の不安から室内で楽しめる趣味を探したいという方におススメなのが皮工芸です。 一般的にはレザークラフトと呼ばれ、若い方から …

楽天モーションウィジェット