将来仕事にできそうな趣味:料理

人は生きていくために食事をする必要があります。

一応、一切食事を摂らない状態でも、点滴などで栄養を摂り続けていれば生命活動を維持していくことはできますが、その状態で日常生活をすることはほぼできません。

料理であるかどうかに関係なく、何かしらの食事をすることが人間には必須であるということは、将来的にも「料理の仕事がなくなることはない」ということです。

スポンサーリンク

人が生きている限り食事が必要になる

今、フードコーディネーター、フードプランナー、料理研究家や料理家などといった仕事をしている人が増えていて、将来的にも一定の需要を持つ仕事になる可能性は高いです。

いわゆる「料理人」と呼ばれる人たちと比べて違う点は、「プロかアマチュアか」という点です。

前者として紹介しているものはいずれも「食に関するプロかも知れないが調理に関してはプロではない」といえます。

となると、将来的な需要はそれほど残らない可能性があるといえます。

アマチュアであれば誰でも就くことができるだけでなく、特別な技術や資格がなくとも「名乗れてしまう職業」でもあります。

つまり、「自己申告制の職業(ライターなど)」ということになるので、将来的にもその価値が維持され続けるのかは不明です。

とはいえ、将来的にも人間は食事をし続けなければ生きていけない状態が、少なくとも今後100年単位で継続することになるだろうという予測があることから、現状においては「将来的にも存在を心配する必要がない職業」だと言っても良いでしょう。

特に、専用資格が不要なものに関しては、「趣味の延長で稼げるようになる可能性がある」ので狙い目です。

「誰もやっていないこと」に目を付けられれば安定する

料理に関する仕事を将来的に行っていこうと思った時、大切なことは「超長期的に存続できる職業なのか」という判断です。

例えば、調理師という職業がなくなることはほとんどないでしょうが、フードコーディネーターなどの職業に関しては、なくなってしまっても困る人がほとんどいません。

困るとすれば「その職業に就いている人」くらいのもので、非常にマイノリティーな存在です。

もし、そのような環境でも食に関する何かをしていきたいということであれば、その方法はただ一つです。

「誰も知らないこと、やっていないことをし続ける」ということができるのであれば、食に関するどのような職業であっても、長期的に存続し続けることができる可能性があります。

しかし、ありきたりなことしかできないのであれば、あっという間に淘汰されてしまう危険もあります。

調理技術を磨けば、プロの調理師や料理人を名乗って働くこともできます。

調理師を名乗る為には資格が必要ですが、単に料理人という肩書きで良ければ特定の資格がなければできないということはありません。

資格があった方が有利になる「可能性がある」という程度ですので、必ずしも取得する必要がない点はメリットです。

特にここ数年、「インターネットレシピサイト」の台頭が目覚ましく、そこで多くの注目を集めている一般ユーザーがメディアに取り上げられ、特殊な肩書きを付けてメディア出演するということも増えています。

ここで大切なことは「美味しいこと」だけでなく、「簡単であること、すぐに作れること、見た目にきれいなこと」などがあります。

今から始めれば十分に間に合う可能性がある

「プロの料理人」として活躍したいと思うのであれば、資格を取得したうえで修行を積むことが必要です。

例えば、どこかの飲食店に勤めて技術や知識を学ぶという方法はもちろんですが、必ずしもどこかに勤めなければいけないということはありません。

もし、多少の知識を持っているのであれば、すぐに自分で会社をおして独学で修行するという方法もあります。

ただ、激戦区の中に飛び込むことにはリスクもあります。

特殊な才能があれば大成できる可能性は高いものの、才能だけで大成できるとは限りません。

自身の才能をしっかりと外にアピールし、そのアピールが誰かに届くことが必要です。

そこに対して専門的な知識を身に付けることも必要になり、運も関係してきます。

その点、プロの料理人としてではなく、アマチュアでも料理研究家などを名乗っている状態であれば、「誰かに何かを指示される必要がない状態」で働くことができます。

当然、明確な判断基準がある環境と比べると大成できる可能性は下がってしまいますが、大成といえる状態になった時のリターンは比べられないほど大きなものになるという魅力もあります。

すでに、インターネットコンテンツとして料理に関するものは成熟しつつあり、その環境でどのくらいのシェアを集められるのかは予測不可能です。

ただ、「できるだけ早く始めてリピーターやファンを獲得する」ということを意識していけば、近い将来、非常に大きな結果を得られる可能性もあります。

「誰もやっていないことをやりつつ、多くの人のニーズを満たす」ということが、将来的に料理関係のオリジナリティーを発揮するポイントです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

ちょっと変わった大人の趣味、UFO探査を始めてみませんか?

はるか宇宙に思いを馳せる人は、この世には多いでしょう。 宇宙というものは、無限の空間であり、無限の可能性を秘めた未知なる存在なのです。 その宇宙のどこかから飛来してくるとされているのが、UFO(未確認 …

女性が思わず惚れる!フットサルが趣味だとモテる理由は?

フットサルをしている男性は一般的にモテるというのが風潮です。 これを裏付けるように、男性は趣味を聞かれた際の自己紹介でお決まりのように趣味はフットサルですと言います。 人間的にはつまらない回答ですが、 …

家にいるのが楽しくなるインドア派の趣味:株

株といえばそれは資産運用、投資であって、いくら家にいたいインドア派の人であってもそれは趣味ではないだろうという人がいるかもしれません。 しかし、その人が楽しみとしてやっていることであって、例えば時間を …

モテたい人におすすめの趣味:パラグライダー

あなたは空を優雅に飛ぶパラグライダーを見て、「かっこいいな~」と思ったことはありませんか? そんなかっこいいパラグライダーを趣味にするとモテるのではないか。 そう思った人は決して少なくはないんじゃない …

将来仕事にできそうな趣味:バリスタ

音楽が好きでずっと楽器をやってきたから仕事はその関係に進みたいとか、絵を描くことが大好きだからそれを仕事として生きていきたいと思うと、とても楽しみになってくるものです。 しかし仕事にするということは収 …

楽天モーションウィジェット