食べる&作ることが好きなら向いている!料理を始めてみよう

料理

特別な趣味を持たないという人は少なくありません。

仕事や家事など日々の生活に追われていて、趣味にかける時間やお金を捻出できないという背景が潜んでいるケースは少なくないのではないでしょうか。

しかしながら、現在の暮らしにおいて占める生活時間のほとんどが仕事に宛てられているという場合は、定年後の生活を考えると少し問題があるかもしれません。

趣味は自分で選ぶことができ、自分のペースで暮らしに取り入れることができます。

日頃の生活で趣味に充てる時間やお金に余裕がないという方は、料理を趣味にしてしまうのがおすすめです。

スポンサーリンク

わたしたちが生きるために欠かすことができない大切な食事

料理はわたしたちが生きていくために欠かすことができない「食」に直結しながら、生きる喜びを感じられるひとつの大切なツールともいえます。

美味しいものに出会ったとき、食事を楽しむ時間は人に安心感や幸福感を与えてくれます。

反対に食事の質や時間をおざなりにしていると、心身に悪影響を及ぼすこともあるのです。

料理は仕上がりの味だけでなく、においや盛り付け、一緒に食べる人やその環境など、味覚だけでなく視覚や嗅覚も刺激します。

美味しい食事はまた食べたいと思うものですが、食事自体の味が良くても、温度が適正ではなかったり、適した食器を使用しないと印象が大きく変わってしまいます。

心が落ち込んでいるときは食欲そのものがわかなかったり、本来の味を感じられなくなってしまうこともあります。

健康な身体や心には健康的な食事が欠かすことができませんが、愛情や人生の喜びを表現したり感じたりするために料理はあるのではないでしょうか。

食べることが好きなら料理はできる

食べることが好きだという人は多いでしょう。

食べられる量は人によって異なりますが、最近では食事そのものを面倒に感じたり、空腹であっても食事の質にはこだわらないという方が増えているようです。

また、わたしたちの主食であるお米を好まない日本人も増え続けているというデータもありますが、これは欧米の食文化が浸透してきたことのあらわれです。

食の好みは人それぞれに違い、これを咎めることはできませんが、健康的に生きていくために必要な栄養は、毎日の食事から少しでも多く摂取できることが望ましいといえます。

料理の経験がまったくないという人はごく少数でしょう。

日常的に行っているかどうかは別として、日本では義務教育中に調理の実習が行われているからです。

日本の家庭では母親が家族の食事を用意するケースが一般的ですが、家庭的な仕事であるというイメージが強いせいか、料理ができない、または苦手という方には圧倒的に男性が多いようです。

子どものころから調理道具や食材に触れる機会があった人とそうでない人では、料理そのものに対する意識に違いが生じてしまうことは致し方ありません。

しかし、料理は年齢や性別を問わず、繰り返すごとに必ず上達していくものなのです。

できあがった食事を誰とどのように食べるかをイメージすると、より料理を楽しむことができます。

最初は調理道具が少なくても作ることができる、手間のかからないメニューから挑戦してみましょう。

食べる側から作る側になったとき、作る人の気持ちがより理解できるようになることも大きな発見になるのではないでしょうか。

調理道具を使いこなしてさらに上達

料理上手になるためには、失敗も避けることができません。

失敗は成功のもととはうまくいった言葉ですが、反対に失敗を経験しないことには上達への道はないともいえます。

味付けや火加減などわずかな違いに思えても、料理の味にはダイレクトにあらわれます。

同じ道具や食材を使っても、作る人によって仕上がりの味が違うと感じた経験がある人は少なくないでしょう。

作る人が料理を楽しんでいたり、食べる人のことを思う気持ちもやはり料理にはあらわれます。

料理が苦にならないように、少しでも楽しめるようにするためには調理道具を上手につかいこなせるようにすることも大切です。

包丁や鍋の扱いが苦手だという人は多いですが、苦手な道具を多用するメニューばかりではなく、少ない道具で作ることができるメニューや、子どもや初心者にも安全に使える道具を選んで取り入れることも賢い方法です。

切る、煮る、茹でるなどの作業時間を短縮できる調理道具も多く開発されて販売されています。

料理の基本から追究することも素晴らしいですが、便利な道具もとり入れていくことも上達への近道です。

そして料理を上達させるための秘訣は、なによりも食べることを楽しむことです。

一緒に食べる人のリクエストにこたえたり、お酒に合う料理を研究することもおすすめです。

もちろんレシピサイトや料理本、身近な人の作る食事を参考にしたり、レストランなどでの外食から盛り付けや食器の使い方を学ぶことも役立ちます。

味に自信が持てるようになったら、盛り付けや食器、温度管理など次の目標を決めてステップアップしていくと必ず上達していくはずです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

フリマアプリ「5656BikeParts」の特徴や使い方

5656BikePartsは、バイクが大好きな人のためのフリマアプリです。 他にはない、バイクに関係するパーツやウェアなどが、たくさんのが特徴的で、使い方も簡単で気軽に出品したり、購入することができ多 …

初心者にもおすすめ!登山の魅力

現代はストレス社会とも言われており、日々の生活の中でストレスを抱えている人は大勢いると思います。 自然の中にいると、普段の忙しさやストレスから解放されるような不思議な感覚になります。 登山はリラックス …

老化防止にもなるクリエイティブな趣味:バンド

音楽は聴く場合でも、自分が演奏したり歌ったりする場合でも、心身の健康に役立つ可能性が高く、多くの人が趣味として大切にしています。 そして、その中でも特にクリエイティブな趣味と言えるのが、バンドの活動で …

手軽に始められる趣味、図画工作は実は極めると奥深い!

小学校や中学校時代に、授業のなかで図画工作を行ったことを覚えている方もおられるでしょう。 それから年月が経ち、いつの間にかその存在すらあやふやになっていることも多いかもしれません。 最近ではその図画工 …

婚活中におすすめ!鉄道が趣味だと出会いが広がる

鉄道を趣味とする人は近年増えていますが、今までの傾向であれば男性に多く、女性は少数派でした。 しかし、女性の中でも鉄道を趣味とする人は増えています。 婚活中でも始めることができ、意外な出会いも期待する …

楽天モーションウィジェット