主人公の生き様が格好いいアニメといえばコレだ!

「アニメ」というと、一見して「オタク文化」のように認識されてしまうこともありますが、今や世界に誇る日本の文化(サブカルチャー)として、知名度が確立しています。

アニメをきっかけに、来日する外国人がいるほど、日本の貴重な資産です。

スポンサーリンク

アニメに求めるニーズは多種多様

日本は、昭和の時代から、アニメと密接に関係する文化を発展させてきました。

さまざまなジャンルが生まれてきた中、いわゆる「戦隊もの」「特撮」などの、ジャンルを確立したものあれば、大まかに「恋愛もの」「格闘もの」などと言う、ジャンルに分けられるだけのアニメも多数存在しています。

また、多くのアニメは「漫画原作」で始まっていて、原作漫画でもって、大きなニーズを集めることに成功した結果として、映像化(アニメ化)されるというのが通常の流れです。

つまり、映像化されているものは、基本的に「人気作品」であり、それによって一定の集客(視聴率)を得ることができると、算段されたものばかりです。

特に、現在におけるニーズは多様化していて、「美少女」「美男子」「男くささ」「友情」「絆」などの、「ヒットするための条件」がいくつかあります。

以前から言われていた、少年誌における「努力」「友情」「勝利」と同じように、現在の社会を色濃く反映させたような、ニーズが広く渦巻いています。

中でも特に人気が高い作品と言えるのは、「主人公の生きざま」が優れている作品です。

「リアル」か「ファンタジー」かがひとつのポイント

漫画には、ルールというものがあります。と言っても、国における法律のように、絶対遵守のルールというわけではありません。

いわゆる「暗黙の了解」と言えるルールこそあれ、基本的にはどのような手法でもって、作品を作り上げても問題はありません。

重要なことは、「その作品が読者に評価されるかどうか」だけです。

テレビで放映される映像の場合、倫理委員会を含めた、さまざまな「思惑」が関係し、自由な作品を作成することなどは不可能です。

しかし、漫画の場合は、年齢を制限することも原則的には可能であり、特定の個人に対してのみ、影響を訴求する媒体であることも関係して、映像と比べてディープな内容に触れることもできます。

当然、超えてはいけないラインも明確に引かれていますが、その範囲であれば手法、技法を駆使して幅広い表現をすることが可能です。

それは、ファンタジー作品を作るときはもちろんですが、現実世界を描いた、リアルな作品を作る場合にも、大きく関係します。

抽象的な作品は、多くの支持を集められる可能性に期待できますが、どちらを選ぶのかは読者の好みにゆだねられます。

「友情」「絆」が最近のトレンド

「主人公の生きざまがカッコいい作品」と言っても、一様に並べて、特定の作品を挙げることは困難です。

なぜなら、男女、年齢、趣味趣向など、さまざまな要因によって評価は変動してしまうだけでなく、先に挙げたように、現実性があるかどうかなどの観点でも、大きく評価が分かれてしまうためです。

現在、非常に高い人気を誇る漫画の中には、すでに映像化されてから10年、20年という時間が過ぎている作品も、たくさんあります。

むしろ、「子供向けアニメの金字塔」と言っても良いほど、現在生きている人のほとんどが知っているほどの、作品もあります。

ただし、それらの多くは「ファミリー向け」の作品であり、主人公がカッコいいかどうかは、あまり関係ありません。

むしろ、ここ数十年で人気が上がっている作品の方が、主人公のカッコよさや、生き様などの「人間模様」にフォーカスが当てられています。

最近の傾向として、主人公のカッコよさ、生き様が評価されている作品は、もれなく「友情」「絆」といったテーマが配されています。

友人、仲間との人間模様を通して、感情移入できることがポイントです。

代表的な作品といえば

国民的アニメとまではいかないにしても、国民の多くが存在を認識していて、大人から子どもまでが支持している作品となると、数は限られます。

中でも、代表的な作品として挙げられるものといえば、「ドラゴンボール」「ワンピース」「名探偵コナン」などでしょう。

いずれも少年漫画らしい内容の作品ですが、いずれも「友情」「努力」「勝利」という少年漫画の大原則だけでなく、仲間や家族との「友情」「絆」というテーマに深く触れている作品です。

特にこれらの作品は放映期間も長く、10年を超えているものばかりです。

ここ数年、ドラマやアニメは1クールで終了してしまうことが多く、多くて20回前後の放送で終了してしまっています。

そんな中、これらの作品は、10年以上にわたって放送が継続しているということは、それだけ多くの人から支持されているということになります。

しかし、代表的なアニメの中に「少女向けがない」というのは、大きなポイントであり、以前は多少なりと存在した少女向け(女性向け)作品の台頭が、待ち望まれている状態です。

最後に

今となっては、特定の作品を取り上げて「カッコいい」「生き様が良い」という評価をすること自体が、はばかられるようになっています。

世界的に認められた日本の文化であり、多種多様な感性の中で生まれてきた作品だからこそ、独自性を重んじるものばかりです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-エンタメ, テレビ・動画
-,

関連記事

アメリカの海外ドラマならではのあるあるシーン10選

米国の海外ドラマを好きでよく見ているという人は多いようです。 国内ドラマとは毛色が違っているところがいろいろとありますから、非日常を楽しめますし、ワクワクやドキドキ感も大きく、ファンが多いのもうなずけ …

知らないとついていけない?!おすすめの王道漫画3選

現在連載中の漫画から、各ジャンルで王道と呼べる作品を紹介します。

曲の聴き方が変わる!レゲエの話

日本でもファンが多い音楽ジャンルのひとつが、レゲエです。 レゲエについて紹介します。

伊坂幸太郎の小説のおもしろさとオススメの1冊

人気の小説家は数多くいますが、今回はその中でも伊坂幸太郎さんについて紹介します。

知っていると通ぶれる!期待の若手女性演歌歌手

アーティストを知るのは音楽番組やMVを流す番組などが有名ですが、演歌歌手を音楽番組で見る機会は近年減少傾向にあり、まして演歌歌手のMVが流れる機会はまずありません。 このため、紅白歌合戦で演歌歌手、演 …

楽天モーションウィジェット