プラモデルやフィギュアの塗装に!コピックの特徴と使い方

コピック
コピックはデザイン用に開発されたマーカーです。

デザインやイラストレーションのアナログ原稿に主に使用され、書きやすさ、着色する画材としては有名です。

スポンサーリンク

コピックとは何でしょう?コピックの特徴

種類はマーカーペンで、アルコール性のインクマーカーです。

身近なクリエイターだと漫画家が使っているのは有名ですが、今でも紙に書く原稿の着色としては主な画材です。

アナログはアナログで発色もきれいで、デジタルにはない魅力がたくさんあります。

クリエイター、デザイナーの原稿だけにとどまらず、工作やプラモデルの画材としても優秀です。

マーカーは筆のようなペンタイプとマーカーの2種類が一本についていて、細かいところも上手に塗れます。

色も何百色とたくさんあるので、探している色味が見つかります。

愛好者はたくさんいて世界中で愛されています。

コピックは画材としてすごく優秀ですが、紙原稿だけにとどまらず、プラモデルやフィギュアの塗装としても実力と魅力を十分に発揮します。

マーカーがプラモデルやフィギュアに使えるのかと疑問かもしれませんが、プラモデルととても相性のいい画材です。

では、コピックを使うとどうなるのでしょうか?

コピックは、滲まない、落ちない、すぐに乾く、発色がとても綺麗です。

プラモデルに適している理由は、何百色と言う色の種類や、細かく塗れる筆の構造、細かいところまで凝れるわずかな違いの色味や、凝り始めたらきりがないです。

プラモデルの塗料にコピックを使ってもきれいな作品に仕上がります。

プラモデルの塗装はエアーブラシの方が味が出るのではと思われますが、コピックの方も色はたくさんあり、簡単に明暗が出せて、わずかな色の違いや、出したい味が簡単に出せて、手軽に着色することができます。

手始めに、好きな色をそろえるか、セットを買うのもおすすめです。

プラモデルの塗装として愛好者も多く、使いやすさが魅力です。

他の塗料に負けないくらいの実力と魅力を持っているので、まずは塗装してみましょう。

絵を描く要領で、簡単にプラモデルに着色することができます。

細かいところの表現も簡単にでき、エアーブラシが苦手な方でも着色を簡単にすることができます。

模型専門のペンも出ていたりします。

コピックはプラモデルやフィギュアに使いだしたらきりがなく凝ってしまう人も大勢いるでしょう。

エアーブラシやスプレーは部屋を汚すこともありますが、コピックならその心配もありません。

簡単に入手ができて、初心者にもやさしい使い心地です。

コピックとプラモデルの塗装のまとめ

コピックはプラモデルの塗装にもとても優秀で使いやすいです。

水彩画が好きだった人には扱いやすい画材かもしれません。

スプレーよりペン派な人におすすめです。

絵を描くように着色ができるので、スプレーやエアーブラシが苦手な人でも大丈夫です。

凝り始めるとさまざまな技法があるので、プラモデルの初心者も上級者も注目しています。

エアースプレーよりも手順が簡単ですが、やはりエアーブラシの色味や仕上がりの方が好きと言う人もたくさんいるでしょう。

そちらの方をトライしてみたい初心者さんもたくさんいると思います。

でも、たくさん買い込む前に試してみて、できなさそうならコピックにチェンジしてみたらどうでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フィギュア, ホビー
-

関連記事

フィギュアの塗装に!ソフビカラーの特徴と使い方

ソフビカラーは、ナガシマが販売しているPVC(塩化ビニル)用塗料です。

Blue Fairyのドールの魅力!お迎え方法は?

韓国のドールメーカー、Blue Fairyのドールについて紹介します。

デジタルTCG「オーダー&カオス デュエル」の魅力とは?

カードゲームと言えば昔から人気のものではありますが、それは実物のカードを使ったものばかりではなく、スマホのゲームアプリとしても非常に人気のあるゲームとなっています。 中でもオーダー&カオス デュエルは …

デジタルTCG「憂国の大戦2」の魅力とは?

憂国の大戦2は数体のユニットをデッキに編成して戦うオンライ対戦型のカードゲームです。 よくあるキャラクターカードゲームと違い、トレーディングカードゲームのような仕上がりになっています。

改造もできる!鉄道模型の楽しみ方

ものを集める事を趣味にしている人は多いかと思われますが、集めたものを見て楽しむ、集めたものを使って別の楽しみにも利用出来るなど、趣味には色々なやり方がありますよね。 鉄道模型は実際の電車や機関車を一定 …

楽天モーションウィジェット