花やしき開催のコスプレイベント!おすすめの撮影スポットは?

日本でもっとも歴史が古い遊園地として知られる浅草の花やしきは、地元から今なお愛され続ける憩いの場所です。

コスプレ用のイベント会場として開放されることもあり、昭和チックでレトロたっぷりな風情を楽しめる、独特の撮影スポットとなっています。

スポンサーリンク

日本発の遊園地・花やしきでコスプレ

地元の人は、花やしきがコスプレイベント会場化するイベント開催日にも、慣れている様子です。外国人観光客を含め、一般の観光客も多い場所なので、一緒に写真に写りたがる人もいます。

プリクラ機コーナーもあり、最新プリクラ機や、花やしきオリジナルのプリクラ機もありますので、記念に撮ることができます。

花やしき遊園地の乗り物には、名物のローラーコースターをはじめ、ゴージャスなメリーゴーランドが健在です。撮影スポットとしては、メリーゴーランドはなかなかよい建築物ではないでしょうか。

花やしき園内には、昔懐かしの射的や輪投げなどの縁日コーナー、クレーンゲームやレースゲームを楽しめるゲームコーナーもあり、お客さんを和ませています。

コインを入れて、背中に乗る懐かしのパンダカーも歩いていますので、全体的にのほほんとした遊園地です。

乗り物系のアトラクションと、お化け屋敷系の館内アトラクションや、カラクリを乗り越え進んでいく「浅草大迷路忍の砦」という、忍者屋敷を模したアスレチック系のアトラクションがあります。

アクセスは、地下鉄銀座線・地下鉄浅草線・東武スカイツリーラインそれぞれ3つの「浅草駅」から徒歩5分です。駐車場のない遊園地なので、公共の移動手段を使うか、近くの駐車場に車を停めましょう。

イベント会場・花やしきのスポット

花やしき遊園地は狭いのがネックですが、その代わりに小さな範囲内に撮影スポットがギュッと詰まっています。

忍者テイスト満載の「浅草大迷路忍の砦」は、外壁だけ見ても忍者系作品のコスプレに向いてそうです。昭和レトロな雰囲気が漂う遊園地ですので、和風系ファンタジー作品のコスプレとも、相性がよさそうなのが分かります。

NARUTOや忍たま、銀魂などのコスプレをされる方には、違和感なく馴染むのではないでしょうか。

花やしき遊園地の特徴は、背景や小物などの小技が利いていて、なかなか面白いシチュエーションで写真が撮れることです。花やしきの外壁からして、江戸時代風ですし、内部はネタにできるような内装が凝らしてあります。

かと思えば、シリアス路線でも十分満足できる写真スポットもあります。

コスプレイベント会場として特に人気スポットは、庭園の池・橋・岩場・洞窟です。洞窟は、1位2位を争う人気スポットです。

洞窟のようなシチュエーションは、他所ではなかなか見かけませんし、小さな洞窟ですが雰囲気が出ます。池や橋、岩場と洞窟、これらの撮影スポットは、園の中央部に集まっています。

花やしきに来るコスプレイヤーたちの激戦区ですので、そのつもりをして来てください。

そのほか外せないのが、浅草寺や東京スカイツリーが見渡せる、屋上のスカイプラザです。小さな赤い鳥居もありますので、撮影スポットとしては面白いのではないでしょうか。

白いベンチ等もあります。一般客はあまり来ませんし、コスプレイヤーも庭園の池・橋・岩場・洞窟に比べると人が少ないです。花壇には花や木が植えてあり、憩いの場となっています。

下町浅草の雰囲気も味わえる場所

和風テイストな建物が多いように見えて、実際の花やしきは、庭園は洋風ですし、洞窟含めて、中華風のコスプレにも対応できる会場です。建物や階段、庭園含めて、和洋中に対応し、他所には見ないユニークさがあります。

歩いてみるとわかりますが、花やしきには下町浅草と共に歩んできた、古い遊園地ならではの作り物でない独特の雰囲気が蓄積されているのです。花やしきは、園外にも出歩けることが楽しいイベント会場です。

下町情緒たっぷりな浅草をコスプレ姿で歩きながら、お店で綿あめやカキ氷を買いつつ、かつては広範囲を出歩けたものの、コスプレイヤーのマナー違反により、今ではコスプレ姿で出歩ける範囲が狭められてしまいました。

店先や寺前でのコスプレイヤーの座り込みや、撮影禁止区での撮影等、コスプレイヤーの言動が目にあまってしまった故の残念な結果です。

花やしきは、コスプレイヤーではない一般の観光客が集まりやすい場所であり、長年地元住民とも親密に寄り添ってきた遊園地です。コスプレイヤーの写真を撮りたがる、一般の観光客も多くいます。

広くはない遊園地なので、写真を撮るならコスプレイヤー同士も譲り合いが必要です。写真を撮るよりも、下町独特の雰囲気を楽しむイベント会場ともいえます。

古くて歴史のある場所なので、コスプレを楽しみつつ、遊園地や浅草という下町そのものも楽しんでもらいたいです。

コスプレ姿で乗り物を楽しめる遊園地もなかなかありませんので、一般観光客の目が気にならない方は、ぜひアトラクションも楽しんでください。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ホビー
-, ,

関連記事

トレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」の魅力とは?

アメリカ発のトレーディングカードゲーム、マジック:ザ・ギャザリング。 元々日本のトレーディングカードゲームをしているととっつきにくさを感じるかもしれませんが、マジック:ザ・ギャザリングは世界初とも言え …

カトー/関水金属の鉄道模型の魅力と特色

カトー/関水金属は、日本の鉄道模型のトップブランドとして大変人気があります。 会社名は関水金属で、カトーはブランド名になります。

デジタルTCG「マビノギデュエル」の魅力とは?

マビノギデュエルはスマホのアプリで遊べるトレーディングカードゲームとなります。 2015年あたりから配信を開始した、ビジュアル面が特化した世界観が特徴ですが、ルールは単純ながらも奥が深いです。 ハマる …

2人用ボードゲーム「ガイスター」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク ガイスターはどんなゲーム? ガイスター(Geister)はオバケをモチーフとした対戦ゲームです。

ボードゲーム「ラミィキューブ」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク ラミィキューブはどんなゲーム? ラミーキューブ(Rummikub)は、パズル要素が強く、頭脳をフル回転させて解を導く楽しさがあるゲームです。

楽天モーションウィジェット