晴海客船ターミナル開催のコスプレイベント!おすすめの撮影スポットは?

晴海客船ターミナルは、東京都中央区にあります。晴海は海に面した埋立地で、東京湾や晴海大橋、レインボーブリッジなどが望める風光明媚なスポットです。

ドラマや映画の舞台にもなる人気の撮影スポットでもあるので、カメラマンにとっては撮影にもってこいのエリアと言えるでしょう。

スポンサーリンク

晴海客船ターミナルとコスプレイベント

晴海客船ターミナルは車やバス、電車など様々な交通手段でアクセスできます。電車で来られる場合は、ゆりかもめを使って竹芝駅が最寄りです。

JR山手線と京浜東北線なら、浜松町駅から徒歩8分のアクセス、都営大江戸線と浅草線ならば大門駅から徒歩約10分です。

海上バスでアクセスできることも魅力で、東京都観光汽船を利用して、日の出浅草桟橋発着所に到着すると、そこから徒歩5分でアクセスできます。海上バスに乗って優雅に移動できるのは、他のイベント会場ではなかなかないでしょう。

晴海客船ターミナルは、多くのイベントが開かれる晴海のシンボル的な場所です。晴海客船ターミナルは、1991年に開場しました。

普段は、大型の船が入港する海の玄関口ですが、晴海客船ターミナル内には、晴海ターミナルホールという大きなホールがあり、ここは企業研修や各種イベントに使われており、コスプレ会場にもなります。

イベント時には、ホール内に4つの女性用更衣室が用意されるなど、館内施設はとても充実しており、メインホールのNEMESYSは、ダンスフロアとなることもあります。

4階の屋外テラスも撮影エリアとして解放されることがあり、晴海トリトンスクエアやレインボーブリッジといった、大型施設を背景にした撮影も可能です。

晴海で開催されるコスプレイベント

晴海はかつて、コミックマーケット(コミケ)の開催地でした。コミックマーケットといえば、世界最大の同人誌即売会ですが、同時に世界でも有数のコスプレ会場でもあります。

そのほかにも、東京モーターショーやエレクトロニクスショーなど、大型のイベント会場して使われました。現在も、様々なイベント会場して晴海客船ターミナルは使用されています。

「チェリー・ア・ゴー・イン晴海」は、北海道発のコスプレイベントである「チェリー・ア・ゴー」の晴海開催のイベントです。

500回以上開催されている人気イベントで、このイベントの特徴は、撮影だけでなく、交流やダンスパーティなどオールジャンル型のコスプレイベントとなっていることです。

最大600名が入るホールでは、机や椅子が用意されて、参加者同士の活発な交流が行われています。イベント開催時は、晴海客船ターミナルの屋内外3階から4階を貸切にしています。

絶好のロケーションを誇るテラスから撮影できるので、美しい写真が撮れると思います。イベント中には、ダンスパーティプログラムもあります。

人気アニメソングやユーロビートなどがかかり、踊っているコスプレーヤーたちを撮影できます。晴海客船ターミナルでは「東方艦これアイドル仮装祭イン晴海」も開催されています。

人気シューティングゲームの東方シリーズと、戦艦ゲームの艦隊コレクション(艦コレ)がコラボした、コスプレイベントです。

アイドル仮装祭という名前が付いている通り、参加条件は「アイドル」で、アイドルに関係するものなら、この二つのゲームのほかの作品でもコスプレすることができます。

晴海客船ターミナルのおすすめ撮影スポット

「コスプレカワイイフェス」は、大型のコスプレ撮影会です。コスプレーヤーは参加費無料のイベントで、ほかにも人気のコスプレーヤーがゲストとして参加しています。

2016年に行われたイベントでは、10人の人気コスプレーヤーが参加しました。イベント会場は、晴海客船ターミナルの3階や4階で、撮影ブースが設置されています。

ブースでは、プロや人気のカメラマンも招待されており、プロの撮影を見ることができるのもポイントです。2016年のイベントでは、一部と二部に分かれて、二部の後にはアフターパーティも実施されました。

そのほかには、プレゼント大会も実施されていたり、カードゲームの大会が行われたりと、コスプレの撮影イベントだけでなく、参加者同士の交流にも力が入れられています。

このほかにも、晴海客船ターミナルでは一年を通して数多くのコスプレイベントが開催されています。晴海客船ターミナルは、ロケーションに適した場所が多くあります。

メインホールは、撮影用の背景布や照明機器が揃っており、自分で機材を持ち込む必要がありません。ホワイエ(ロビー)も撮影エリアとして開放されています。

ここは広々としており、自然光が入り、暖かい雰囲気がでるエリアです。

屋外に出れば、さらにひらけた空間になります。送迎デッキは東京湾やレインボーブリッジを一望できる絶好のロケーションで、ここはドラマや映画の撮影にもよく使われています。

屋外大階段も撮影エリアとして開放されており、人気の撮影スポットです。

3階の送迎プラザに出れば、逆三角形のターミナルホールが見え、公園側には緑豊かな景色が広がります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ホビー
-, ,

関連記事

Angell Studioのドールの魅力!お迎え方法は?

中国のドールメーカー、Angell Studioのドールについて紹介します。

大人だからこそ夢中になる!バイク模型の楽しみ方

世の中にはバイクに夢中になっている人たちが沢山います。 実際にバイクを所有してツーリングやサーキット走行を楽しんでいる人や、バイクは所有していないけどバイクに憧れを抱いている人たちなど様々です。 その …

フリマアプリ「フリル」の特徴や使い方

3大フリマアプリのひとつとして数えられているのが、フリルです。 2012年の市場の勃興期に誕生したフリマアプリであり、同時に国内で誕生した、初めてのフリマアプリでもあります。 ユーザーも多く定着してい …

FREEDOM TELLERの衣装でおしゃれに!我が家のドールを魅力的にする方法

FREEDOM TELLERはゴシックやロリータではなく日常系の衣装を求める場合は特におすすめで、メンズ用の衣服やグッズも豊富に揃っているので、知っておくと役立ってくれます。

プラモデルやフィギュアの塗装に!Vカラーの特徴と使い方

Vカラーは株式会社イリサワが販売している塗料です。 この塗料の特徴は、一般的な塗料では難しく定着しづらいソフビに塗れることにあります。

楽天モーションウィジェット