TFT開催のコスプレイベント!おすすめの撮影スポットは?

TFTは東京ファッションタウンのことで、東京都江東区有明にあります。国際展示場駅に直結しており、ゆりかもめを使ってのアクセスはとても便利です。

東京ファッションタウンには、現在約40の企業が入居しており、会議室、研修室、大きな3つのホールなど多彩な施設があって、パーティやセミナーなど多様なニーズに応えられるイベント会場です。

スポンサーリンク

TFTビルのおすすめ撮影スポット

TFTは現在、東京ビッグサイトに吸収されて、建物名を残すのみとなっていますが、コスプレのイベント会場として知られています。

コスプレ会場となるのは、TFTビル内のホールやテラス、そして最近は広々とした公園でも撮影が可能になりました。

ホール内は暑さや寒さ、天候に関係なく撮影することができますし、ロビーのホワイエは明るい自然光の元、撮影ができます。

屋外に出ると東京湾が広がる絶景が望め、屋外テラスはところどころに豊かな緑が見えて、キレイな写真が撮れるでしょう。

お台場エリアに足を伸ばせば、建物前の芝生で撮影もできますし、都市側に見えるビル群を背景にした撮影も可能です。屋外の撮影エリアは、シンボルプロムナード公園と水の広場公園の2つが撮影スポットとなります。

シンボルプロムナード公園は、チューリップ広場があり、レインボーブリッジや自由の女神像、お台場の観覧車が望めるエリアです。夜にはイルミネーションがライトアップされるので、幻想的な雰囲気の元、撮影することができます。

イベント会場は、様々な表情を見せるエリアですから、自分にとって気に入った撮影スポットを見つけることができるでしょう。

コミケはTFTホールが注目だ!

コミックマーケット(コミケ)は、世界最大の同人誌即売会であり、世界最大級のコスプレイベントです。毎年夏と冬に開催され、約50万人が来場します。

そんなコミックマーケットの会場といえば東京ビッグサイトですが、隣接するTFTビルもイベント会場となります。TFTでは、イベント団体である「勇者屋」主催の「となりでコスプレ博」が開催されています。

通称は「コス博」で、入場料金はレイヤーの場合は2000円、撮影者は3000円です。コミケの脇で行われるイベントですが、規模は広く、TFTホールの全ホールが使用可能で、毎年約1万人が集まるとされます。

こちらは、コミケのメイン会場であるコスプレ広場にはない魅力があります。コミックマーケットでコスプレするには、小道具や露出などいくつかの制限があります。

例えば、アニメキャラに小道具を持たせたい場合でも、30センチメートルを超える小道具は禁止ですし、凹凸の激しい鎧なども制限されています。

しかし、コス博ではコミックマーケットよりも自由度が高く、コスプレーヤーたちにとっては完成度の高いコスプレを披露することができます。

撮影者にとっても大きな機材を使うことができますし、TFTホールは人が多いコスプレ広場と比較して、ゆったりとしたスペースを確保しやすいので、撮影するにはもってこいのエリアです。

また、コミックマーケットは炎天下の中での撮影になりますが、TFTは快適な屋内での撮影が可能です。こうしたいくつかの点からTFTのコス博は、コスプレーヤーや撮影者にとっては穴場的な撮影スポットだと言えます。

コスプレ博インTFTは何が魅力なのか

夏はコミックマーケット、ワンダーフェスティバル、世界コスプレサミットなど有名な大型コスプレイベントが集中しています。

夏が終わると、コスプレーヤーや撮影者たちはひと段落しますが、その夏の終わりに開催されるイベントで重要なのが「コスプレ博インTFT」です。

コスプレ博インTFTは、日曜日や休日などに定期的に開催されているコスプレイベントです。アニメやゲームなど全てのジャンルが揃ったイベントで、撮影者やレイヤーにとっても初心者から上級者まで楽しめます。

夏の終わりのイベントが狙い目な理由として、撮影がしやすいということが挙げられます。さっき述べたように、真夏は大型イベントが集中しますから、来場者が多く熱気はありますが、反面とても混雑します。

人気レイヤーには多くの人が集まり、満足な撮影は難しいかもしれません。それがひと段落した8月の終わり頃から9月の時期は、傾向として人が少なく、まったりとした雰囲気です。

季節的にも涼しくなって来る頃なので、屋外での撮影にも適しています。加えて、9月からはコスプレフェスタやACOSTA(アコスタ)、東京ゲームショーといった大きなイベントも控えています。

そのため、新しい衣装の準備を進めているコスプレーヤーも多く、初披露としてコスプレ博インTFTに参加するレイヤーも多いのです。

さらには、こうした大型イベントの合間のイベントに参加する人は、レイヤーも撮影者も経験者が多いので、撮影がやりやすいと言われます。

TFTのイベントは、日曜日など不定期に一年中開催されているので、初心者の場合もまずはこのイベントに参加してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ホビー
-, , ,

関連記事

Asleep Eidolonのドールの魅力!お迎え方法は?

中国のドールメーカー、Asleep Eidolonのドールについて紹介します。

ドールハウスの置き場所はどこがいい?

スポンサーリンク ドールハウスの置き場所の選び方 ドールハウスは、使い勝手や保管を考慮して、置き場所を決めることが重要です。 単純に遊ぶ場合は、何時でも触れられる場所を置き場所に設定すると良いでしょう …

プラモデルやフィギュアの塗装に!シタデルカラーの特徴と使い方

プラモデル作りにおいて、進化しているのは塗装技術だけでなく、使いやすさが考えられた塗料の登場も見逃せません。 使い勝手の良い塗料は、フィギュアの塗装にも適していますから、新しい塗料の可能性を知ると、作 …

安価で初心者も始めやすい!ラジコンヘリの楽しみ方

最近のラジコンヘリはどんどんと使いやすくなっていて、初心者でも楽しめるようになってきています。 中には一万円を切るようなものも出てきていて、趣味として遊べるようなものとなってきているといってもいいでし …

東京テレコムセンター開催のコスプレイベント!おすすめの撮影スポットは?

東京テレコムセンターで行われる、大規模コスプレイベントでの撮影スポットとして、よく使われているベーシックなところといえば、屋内です。

楽天モーションウィジェット