心理カウンセラーになるには?


心理カウンセラーと呼ばれる仕事は、これまでは特別な資格を持たなければできないと言うものではありませんでした。

法的に国家資格が存在している分野ではなかったため、民間の資格を持っていることが心理カウンセラーとして働く上で役立つことが非常に多くありました。

スポンサーリンク

これから心理カウンセラーを目指すために

心理カウンセラーの代表的な資格

例えば、知名度の高さから言えば最も有力である「臨床心理士」は心理カウンセラーの代表的な資格の1つです。

この臨床心理士も学会が認定する民間資格の1つです。

この資格を持っていることにより、公的な仕事の報酬を受けることができたり、病院などで働くことができるようになるのです。

他にも「産業カウンセラー」と呼ばれる歴史のある資格も存在しています。

この産業カウンセラーも国家資格ではありません。

非常に公的な資格には近いのですが、あくまでも民間資格として世の中に役立ってきました。

産業カウンセラーは既に仕事を持っている人が取得するケースが多く、自分の職場で役立てると言う種類の活用法が一般的でした。

そのため、産業カウンセラー資格を持っていることにより仕事に就くことができると言うよりは、すでに仕事に就いている人が自分の分野で心理カウンセラーとしての仕事をするために役立つ資格であるという特徴を持っていたのです。

これ以外にも心理カウンセラーとして活躍している民間資格がたくさん存在しています。

これから目指すなら国家資格を視野に

それらの資格を活用してどのように仕事につなげていくかはそれぞれ異なっていますが、すべて民間資格であると言う事情から、就職のために必ずしも役立つものであるとは言えないという傾向が強かったのです。

しかし、これからの心理カウンセラーの世界においては、国家資格が重要な役割を果たしていく可能性が生じています。

公認心理師」と呼ばれる国家資格が新たに制定されることにより、本格的に心理カウンセラーとして働いていく場合には必要とされる資格になっていく可能性があります。

しかし、公認心理師は心理カウンセラーとイコールではありません。

心理学を専門として活動する全ての専門家に共通する資格であるという特徴がありますので、民間資格はその上でどのような分野の専門性を持っているのかを担保する資格として役立っていく可能性が高いと考えられています。

心理カウンセラーの活躍する分野1つとってみても、医療や教育、司法や矯正など様々な分野がありますので、それらのどこの分野で活躍するのかによっても民間資格の存在が重要な判断材料となる可能性は高いのです。

このような事情がありますので、これからの心理カウンセラーの世界において、民間資格の位置づけはこれまでとは少し異なってくると考えられています。

民間資格だけでは働きにくくなる場合もあるかもしれません。

公認心理師は名称独占の国家資格であり、特定の業務を独占する資格ではありません。

そのため、民間資格での心理カウンセラー業務を規制するものでは無いと言えるでしょう。

しかし、社会的な傾向として「国家資格を持っている人のサービス」と「持っていない人のサービス」を比較した場合に、どちらを選ぶかと言えば明らかであるといえます。

そのため、実質的には国家資格が要求される状況に向かっていく、というのが一般的な見解であるといえます。

これから心理カウンセラーを目指すのであれば、民間資格ではなく国家資格をベースに考えていたほうがより良い方法であると言えるでしょう。

今後の心理カウンセラーの民間資格についての予想

民間の資格を取得することによって働くことができる仕組みは、これからも残っていく可能性は高いのですが、より困難な道になっていくことが予想されます。

既に心理カウンセラーとしての仕事を持っているのであれば、これからの活動の仕方については工夫をする必要があります。

どのような国家資格であっても一定の移行措置を設けられるのが一般的です。

すでに仕事を持っている人に対して規制をすることが目的ではありませんので、一定の条件を満たしているのであれば、国家資格の取得を目指すことも可能であると言えるでしょう。

試験を受けることができる条件を満たしていることが前提となりますが、取得可能なのであれば目指しておいた方が絶対に良いといえます。

現段階においては民間の資格で働くと言う事は不可能ではありませんが、これから新しく就職を目指していくのであれば注意しなければならないと言えるかもしれません。

このような特徴のある業界であると言う事は知識としては持っておく必要があります。

最後に

一般的に心理カウンセラーといっても、その業務について明確な枠組みがあるわけではありませんので、提供されているサービスについてもそれぞれの独自性が存在しています。

このような状況を利用する一般の人々にとってわかりやすくするための仕組みとして、国家資格が作られたという経緯があるのも事実なのです。

これから心理カウンセラーを目指していくのであれば知っておかなければならない部分であるといえます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格, 民間資格
-

関連記事

超高齢化社会突入!社会福祉士の試験対策

超高齢化社会となっている現代の日本においては、高齢者の生活や健康面でのケアを行ってくれる様々な医療従事者のニーズが年々高まりつつあります。 病院で治療にあたる医師や看護師だけではなく、普段の生活の中で …

学生の時にとっておきたい資格:TOEIC

学生時代には講義などで単位を修得するためや必修科目だったりして英語を勉強しますが、就職するにあたり、英語のスキルや資格を取得していることが条件である場合もあります。

世のため人のため役立つ!法律に関する資格「法学検定試験」

法学部の学生であっても、法律に関する資格試験を受けるなどして、自分の今の法知識を確認するという方法がありますが、それだけではどうしても勉強時間がかなり必要であったり、またはそれらの試験に合格しなければ …

航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:航空工場整備士

航空機に関係している技術者は、航空機の安全性や経済性を考慮しながら設計、デザインから各部品加工や操縦装置、着陸装置といった部分機構の組み立て、試作、試験、製造までを受け持っています。 さらに安全運航す …

趣味で取れる実用的な資格:ことわざ検定

諺は日本の古い時代から言い伝えられてきたもので、私たちが生きていくうえで大切な知識や教訓などを短い文章にしたものです。 このような日本の伝統や文化、歴史などについて学習することは素晴らしいことです。 …

楽天モーションウィジェット