カップル旅行で行きたい海外のおすすめスポット

好きな人と旅行に行くのは、ドキドキワクワクの連続で、計画している時から楽しいですよね。

海外に旅行を予定しているカップルの皆さんに、おススメのスポットをご紹介致します。

スポンサーリンク

海外ふたり旅!ここがおススメ

マネー&マネー悩ましい問題

まず二人で、どこに行きたいのか決めましょう。予算の問題はそれからになります。気軽に安近短で良ければ、お隣の韓国や香港、ビーチリゾートが良いのならグアム・サイパン島などがあります。

しかし、大事な人との旅行です。当人同士よく話し合って、不平不満のないように行き先を決めましょう。

じっくりと二人だけの時間を楽しみたいのなら、ヤボな日本人の団体ツアーと遭遇しない、南太平洋のタヒチやニューカレドニア、インド洋のモルディブなどおすすめです。

だいたい1週間~8日間程度の日程で、お盆や年末など混雑する時期を抜かせば、だいたい20万円以上30万円以下で行かれます。 アクティブ行動派で、色々な国と都市を周遊するなら、衛生状態も治安も良い北米やヨーロッパをおすすめします。

こちらもだいたい1週間~8日間前後の日程で、20万円~30万円ぐらいで行けます。熱帯の国々と南半球の国は、真冬に行く事をおすすめします。寒い冬に南国へ行くのは、精神的にも非常に良い事だと思います。

カップルでの海外旅行は、お互いに知らない部分が見えたりして、意外な一面を知る事になるかも知れません。でも旅先でのトラブルや困難を二人で乗り越えるからこそ、忘れられない思い出、そして二人の結びつきがより強くなるものなのです。

結婚を前提に交際しているのならば、一度は海外へカップルで旅行すべきだと思います。なぜなら旅行する事で相手を試すことができるし、相手の意外な一面や性格がわかるからです。

行き先を決めたら、次に日程と諸費用を具体的に決めます。これは、複数の旅行会社に見積もりを取らせましょう。

華麗な帝政時代の文化遺産

一人旅や、グループで参加する海外旅行ではありません。大事な人との旅行です。カップルでしか参加できないイベントやお祭り、ロマンティックで非日常的な世界を体験できて、一生忘れられない旅行しませんか?

おすすめスポットは、音楽の国、オーストリア・ウィーンの冬の風物詩、ハプスブルグ王朝の華麗なる文化遺産、あまり日本人には知られていない、国を挙げてのメインイベント、それは「ウィーンの舞踏会」です。

ウィーンの舞踏会は、カップルで又はご夫婦で参加する社交ダンスのパーティです。きちんとドレスコードがあり、男性は燕尾服・タキシード、女性はロングドレス着用という本格的な物です。

会場も本物の宮殿の大ホールや、オペラハウスを丸ごと貸し切り、数千人の方が来場するゴージャスで大規模な催しであります。

ウィーンでは、毎年年末のジルベスター舞踏会を皮切りに、次の年の6月頃まで、週末になると宮殿や音楽ホールでホテルで舞踏会が開かれる、社交ダンス大国でもあります。

輝くシャンデリア、正装の男女、フルオーケストラが奏でる華麗なウィンナワルツ、そう女性なら誰でも憧れる映画やシンデレラの世界が、現実に体験できるのです。

地元で即席のダンスレッスンも受けられますが、できれば出発の2~3ヶ月前から、カップルで最寄りのダンス教室に通う事をおすすめいたします。

ウィーンの舞踏会はゴージャスですが、チケットを買えば誰でも参加できる、公共の催しなんです。ダンスが踊れなくても、見学するだけでも素晴らしい一夜が体験ができます。

カップルダンスは、相手に対する思いやりから始まります。ぜひ一度は、社交ダンスに挑戦してください。

ウィーン国立オペラ座舞踏会について

国が主催、そして大統領が臨席、各国大使が招集され、ハリウッドから毎年ゲストが招かれる、欧州きって格式の高いダンスパーティ、それが「ウィーン国立オペラ座舞踏会」です。

この舞踏会は、毎年2月の上旬~下旬の木曜日の夜に開催されます。ウィーンの舞踏会は、夜7時頃入場、8時頃開演、1時間以上催しがあって、明け方5時頃まで一晩中ダンスタイムになります。

この国が主催するウィーン国立オペラ座舞踏会の日程は、前年の舞踏会が終わる頃には、すでに翌年の日程が決まっております。そして上記の舞踏会の前後に、もう少し格式の低い舞踏会が前後に続きます。

オーストリアでは、一つの職業に一つの舞踏会があると言われています。大学や慈善団体、法曹界や医者病院関係、警察官や消防士の舞踏会もあります。それぞれ、主催者やスポンサーの意向によって、内容や規模もちがいます。

舞踏会は基本的には正装で、夜から始まり翌朝明け方までというのが一般的です。日本と違って、若者の参加が非常に多く、それは大人のマナーとして15才になると、親からダンス教室に通う事をすすめられるそうです。

もう一つ舞踏会の冒頭にかならず踊る、燕尾服・純白のドレスに身を包んだ若い男女のウィンナワルツのデモ=「デビュタント」と言われ、だいたい30才前後までの素人の若者が参加します。

格式の高い舞踏会ほど「デビュタント」に参加する事は若者のステータスであり、一生に一度の晴れ姿でもあります。デビュタントは、日本人でも参加可能です。

現地に3週間の滞在が必要になりますが、一生の記念にカップルで参加するのは、素晴らしい体験になると思います。ぜひ、挑戦してみてください。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-, ,

関連記事

大人も子供も楽しめるプール!新宿「京王プラザホテル」

プールというと、アミューズメントパークやフィットネスジム、自治体が運営している公営プールなどを、イメージする人も多いと思いますが、宿泊施設であるホテルに備えられていることもあります。 ホテルに宿泊する …

夏休みに家族で旅行したい岐阜県のおすすめスポット3選

岐阜県といえば合掌造りでおなじみの白川郷などがありますが、白川郷だけが岐阜県の観光地ではありません。 岐阜県に旅行する場合、特に夏休みに旅行する時こそ、ぜひとも行きたい場所がいくつもあり、知っておきた …

毎分約32,000リットルの湧出量を誇る「伊東温泉」の楽しみ方

伊東温泉は、伊豆半島の伊東市にある温泉で、平安時代に開湯された、長い歴史を持つ温泉です。 江戸時代には、3代将軍徳川家光公に献上湯が行われました。 明治時代後期以降は、機械掘りにより泉源の数が増えて、 …

バロー(アメリカ・アラスカ州)のおすすめ観光スポット

アメリカの最北端にあるアラスカ州の街・バローは、北極海に面しており、5月初頭から8月初頭まで太陽が沈まない「白夜」で知られています。

ザグレブ(クロアチア)のおすすめ観光スポット

クロアチアのザグレブは、日本からの観光客も多数訪れる観光都市であり、中でも人気となっているスポットがドラツ市場です。

楽天モーションウィジェット