ボードゲーム「コヨーテ」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク

コヨーテはどんなゲーム?

コヨーテ(Coyote)は少人数から大人数まで皆で楽しめるゲームとして人気があります。

ルールが簡単で、短い時間でも盛り上がれます。

コヨーテの遊び方・ルール

プレイ人数は2~10人、プレイ時間は15~30分ほどです。

プレイヤーはそれぞれ1枚の数字カードを引いて、自分自身だけが見えないように、カードを額に当てて持ちます。

まず最初に、一人のプレイヤーが、他のプレイヤーが持っている数字を頼りに、全員のカードの数字を合計するといくつになるかを推理して、それを超えないと考える数を宣言します。

そして、時計回りに徐々に大きい数を宣言していきます。

右隣のプレイヤーの宣言した数が「大きすぎる」と思った場合は、数を叫ぶのではなく「コヨーテ!」と叫び、全員が持っているカードを真ん中に出して、合計して答え合わせをします。

宣言した数がカードを合計した数を超えている場合は、宣言したプレイヤーの負けになります。

超えていないなら「コヨーテ!」を言ったプレイヤーが負けになります。

3回負けると脱落となり、最後まで残っている人の勝ちです。

どうやって合計の数字を推理するのか?

コヨーテは「-10」から「20」までの数字があります。

自分の持っている数字は見えませんが、合計数字を推理しないといけません。

では、どのように推理するかというと、少なくとも自分以外の数字は見えますので、見えるものは全部暗算で数え、その数字を記憶しましょう。

そして、自分がスタートプレイヤーでないなら、他のプレイヤーが宣言した数から、実際の合計数字がどのくらいか推理ができます。

ただし、これらのカード「MAX→0」「?」「×2」が出たら注意が必要です。

これらが出ると特殊ルールが働いて、プレイヤーの推理を妨害してしまうからです。

駆け引きがポイント

基本的に、数字をどこまでカウントしていくか、どういったタイミングでコヨーテを宣言するか、といった駆け引きの要素が大きく、駆け引きと運がバランスよく組み込まれている点も魅力です。

そのため、経験者の方が勝ちやすいという訳でもありません。

限界まで数字を釣り上げて、相手に「コヨーテ!」と宣言させるようにもっていく面白みもあります。

いわば我慢勝負のようなものです。

さらに、他のプレイヤーが全員でグルになり、自分を騙しに来る可能性もあるので、周りのプレイヤーの表情には常に気を付けるようにしましょう。

また、どのカードが既に出たのかを把握しておく記憶力も必要になってきますので、パーティーゲームの中では傑作と呼ばれることもあるくらいです。

基本のルールに従ってプレイするのに慣れた人は、説明書に記載されている追加ルールを入れると一層面白くなります。

ゲームを通じて推理を進める心理戦を楽しみたい方には、まさにもってこいのボードゲームでしょう。

大人数だとさらに盛り上がる!

大人数でゲームをしたいと思った時、ルールが難しかったりすると理解できない人がうまく楽しめない場合もあります。

しかし、コヨーテならルールがシンプルなので、初めて参加する人でも皆で楽しめます。

自分のカードが分からない面白さと、周りのプレイヤーの表情を読み取りながら考えていく面白さが、このゲームの大きな魅力です。

実際に遊んでみた方はお分かりになると思いますが、コヨーテをプレイし始めると、数分で言いようのない笑いがこみあげてくる場合があります。

なぜなら、自分の数字が見えないように額の周辺で持つので、真剣にプレイする表情とその様子に笑いを覚えてしまうからです。

さらに、嘘を見破る面白みもあります。

自分のカードに書かれた数字を予想しつつ、他のプレイヤーが持っている数字を、自分が宣言する数字で惑わせることも面白みの一つです。

特殊カードを持って自信満々に大きい数字を宣言する人がいたり、プレイヤーの性格によって色々なドラマや笑いが巻き起こります。

大人数でプレイすると一層盛り上がりやすいので、熱中してしまうとゲームをしているうちに朝になってしまうことも。

一つ準備しておけば、大人数で盛り上がりたい場合にとても便利なおすすめのカードゲームです。

遊ぶための場所をそれほど取らなくて済むので、飲み会などの席でもおおいに盛り上がり、初対面の人と仲良くなりたい時にも向いています。

最後に

コヨーテは子供たちと一緒にゲームをしたい時にもおすすめです。
簡単な算数さえできれば誰でも楽しむことができるので、家族全員で遊ぶゲームにもぴったり。
カードに描かれているイラストがとても可愛いので、日頃ボードゲームではあまり遊ばないという人でも馴染みやすくなっています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

C3AFA TOKYOに参加してフィギュアや模型の魅力に触れよう!

C3AFA TOKYOはガレージキットやキャラクターグッズに関する総合イベントのことで、日本でも最大級の規模を誇っています。

カードゲーム「三国殺」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク 三国殺はどんなゲーム? 日本でも人気の高い中国の「三国志」をテーマにしたカードゲームで、三国志の登場人物をロールプレイングしながら、忠誠を尽くしたり戦闘するなどのアクションを繰り広げ …

ボードゲーム「ラー」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク ラーはどんなゲーム? ラー(Ra)は古代エジプトをテーマにした競りゲームです。

富山の薬売りが発祥?日本が誇る食玩文化の歴史

以前はどこの家庭にも置き薬というものがありました。 年に一度か二度回ってくる薬屋さんがいて、使った分だけ料金を払うというシステムでした。 現在のように、どこにでも薬局やドラッグストアーのある時代とは違 …

トレーディングカードゲーム「デジタルモンスターカードゲーム」の魅力とは?

デジモンことデジタルモンスターは1996年から携帯ゲームとして販売されて人気を得たゲームですが、1999年からアニメが放映されました。 それにともなってトレーディングカードが生み出されて現在まで至りま …

楽天モーションウィジェット