何かを作ろう!クリエイティブな趣味:デッサン

デッサンとは何かを分かりやすく言うならば、目に見えている物体を見たまま描くことです。

もう少し詳しく言うならば、視覚で捉えた人や物といった物体を、鉛筆やペン、紙などを用い、平面上に具現化する、といったところでしょう。

スポンサーリンク

デッサンを始めるために、クリエイティブに向けて

デッサンは日本語では素描(そびょう、すがき)とも呼ばれます。

基本的には絵を描くことを指し、野菜や果物、人物の彫刻、または人物そのもの、といったテーマで描かれる方が多いです。

デッサンは【クリエイティブ】(創造性)よりも、【イミテイティブ】(模倣的)さが求められます。

恐らく、記事を読んで頂いてくださっている方々は、クリエイティブという単語は、よく耳にされると思いますが、イミテイティブは、あまり聞き馴染みが無いのではないでしょうか。

世の風潮として、クリエイティブを良しとすることが多いものです。

ですが、「全ての創造は模倣から始まる」と、明言している芸術家もいます。

デッサン自体には明確な意味があり、続ける内に作品を作る上での土台となり、少なくとも無駄になることはありません。

何かを作りたい、作ろう、と思ったのであれば、まずは作ってみるのが良いと思います。

デッサンだけであろうとも、描くことで必ず何か新しい発見が見えてきます。

描くことが主な目的ですので、何十本もの鉛筆を用意したり、何種類もの木炭や、数種類の上質紙、等を無理して用意せずとも、鉛筆1本と、ノート1冊でも大丈夫です。

描いてる内に拘りたくなったら、色々と試してみるのも良いですし、描き終えた絵を額縁に飾って保存するもの良いです。

しかし、大事なのは「描きたい」と自然に思ったり、「作ろう」という、やる気をみなぎらせることです。

今すぐにでも描いて欲しいところですが、基本となる【木炭デッサン】と【鉛筆デッサン】について、少しだけ触れていきたく思います。

デッサンの基本、木炭デッサンについて

先に木炭デッサンについてですが、木炭で絵を描くのは当然として、消しゴムの変わりに【脂分の少ない食パン】を使うことで有名です。

木炭を使用する意味としては、広い範囲をグラデーションしやすいことと、影の濃さの調節がしやすいこと、いわゆる明暗を表現するのに適しています。

木炭1つだけでも構いませんが、ある程度描いて慣れてきたら、複数の木炭を使用してみてください。

木炭は形が一定ではないことと、たまに芯が残っていることもあり、絵を描く道具としては癖のある部類に入ります。

それでも木炭を使用する理由に関しては、実際に御自分で描いてみた方が早いかと。

影の練習に向いているということで、モチーフとして彫刻や、リンゴといった果物、コップや本やビンなど、とにかく気になった物を描いてみましょう。
当たり前ですが人物でも構いません。

もしインターネットが使用できる環境があれば、少し検索するだけで様々なモチーフに出会えますので、無理をして彫刻を買わなくても大丈夫です。

木炭1本は比較的リーズナブルで、鉛筆やシャープペンシルと同じくらいの値段です。

ただ、木炭紙という専用の紙が若干お高く、悩みどころだったりします。

画用紙でも描けなくはありませんが、木炭が定着しにくく難しいです。

練習で画用紙を使い本番で木炭紙、とするのがオススメです。

デッサンの基本、鉛筆デッサンについて

鉛筆デッサンについてですが、こちらは学校の授業でされた方も多いことですし、割愛させて頂きたく思います。

基本としては、濃さの違う鉛筆をいくつか用意し、影の濃さに変化をつけるのが、基本的な技術となります。

気をつける点としては、使用中の鉛筆の線の太さを変えないよう、合間を見ては削り先端を尖らせることです。

重要なのは描くことですので、あまり色々と考えすぎず、まずは1枚完成してみてください。

デッサンを描くことの意味、絵の世界を広げよう

「デッサンだけをしていると、クリエイティブな発想が育まれない」、と言う人が稀に居ますが、そんなことは決してありません、断言します。

そもそも、クリエイティブな作品を作ろうと思っても、描くための基本や土台が出来ていなければ、作品を完成させるのに物凄い時間がかかったり、何度修正してもしっくりこなかったり、残念ながら途中で諦めてしまう人もいます。

デッサンを描く意味は様々あるものの、最も重要なのは【バランス力】を身につけることです。

ほとんどの方が経験していることと存じますが、バランスのズレている絵というものは、何年も絵を描いてきた人は当然の如く、全くと言っていいほど絵を描かない人でも、感覚として分かってしまうものです。

デッサンを描くことを続けていくと、全体的なバランスを感覚的に把握できるようになり、バランスのズレにすぐ気づけるようになります。

そして、見えている物を見たまま描けるということは、頭の中でイメージしたことでも、正確に表現できるようになっていき、結果的にクリエイティブな作品にも繋がります。

デッサンに限らず絵というものは、時間を掛けるほど良い作品になるとは限りません。

勢いでサッと描いたほうが気に入る絵が描けることもあり、初心者の内は完成の見極めが難しいものです。

今回は木炭と鉛筆について触れましたが、この2つだけに限らずボールペンやGペンであったり、筆で描いても何の問題もありません。

大切なのは、描きたいと思えるモチーフと出会い、自分なりの描き方で完成させることです。

絵の向き不向きというものは確かに存在していますが、デッサンは練習すれば誰でも上手くなれます、クリエイティブにも繋がったら素敵ですね。

デッサンが自分の肌に合うと感じましたら、目に映る物を全て描く位の勢いで、デッサンに夢中になれますよう祈っております。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

ダンスを始めよう!趣味に出来るダンス「ストリートダンス」

ストリートダンスは、趣味として楽しむのにはもってこいです。とにかくカッコいいので、見ている方も楽しいですし、やっている方も楽しいのです。 練習も動画などを見ることで、手軽に出来るので、個人でも出来る趣 …

手先が器用じゃなくても大丈夫!ソープカービングを趣味として始めるには

最近、ソープカービングが習い事として人気です。 ご存知の通りソープは石鹸で、カービングは彫刻という意味で、専用ナイフで石鹸を彫って作品にします。

みんなで熱狂!スポーツ観戦を120%楽しむ方法

家でテレビを見て楽しむことも出来ますが、この方法はあくまで一人ですから、あまり盛り上がりません。 スポーツ観戦を120%楽しむコツは、みんなに一緒にというのがいいです。

身体を動かしてリフレッシュできる趣味:スカッシュ

運動量が多いスポーツはいくつもありますが、よくバドミントンが運動量が多いと言われています。 他にも室内競技で探してみましょう。 オリンピックの正式種目を目指しているスカッシュもそうです。

老化防止にもなるクリエイティブな趣味:刺繍

糸と針、そして布さえあればいつでもできる刺繍は、おばあちゃんの趣味として認知されていることが多いかもしれません。 しかし、色とりどりの糸の配色を考え、デザインから針の刺し方、配置や構成を考えるのはとっ …

楽天モーションウィジェット