何かを作ろう!クリエイティブな趣味:お菓子作り

お菓子やスイーツが大好きな女の子は多いので、お菓子づくりが趣味な人も多いでしょう。

以前はお菓子や特にスイーツは「女の子のイメージ」が強めでしたが、昨今では「スイーツ男子」と言う言葉も聞くように、男子も実はお菓子やスイーツが好きと言うことがおおやけになりました。

スポンサーリンク

お菓子が大好きならお菓子作りを趣味にしよう

女子も男子も皆んなの好きなお菓子やスイーツは贈り物に最適と言うことがいえますが、やはり気持ちを伝えるには手づくりです。

意中の人に作ってアピールする事や、家族や知人や上司に感謝の意を伝える事など手づくりならより気持ちを伝える事が期待できます。

また、ダイエットや病気などを含めた体の関係で、食物の成分を制限している場合にそれを考慮したものが作ってあげられると言う事もできます。

市販のものはクオリティも高くビジュアル的にもパーフェクトですが、気持ちを伝えると言う点に関しては、手づくりには劣るでしょう。

また、市販にないもので「あればいいな」も自分で作れたらいいですよね。

そんな意味でもお菓子づくりが出来るととても良いです。

料理は女子のイメージがありましたが、今はメディアでも料理を作る男性が注目されたりして、料理が出来る男性はポイントが高い傾向もありますので、お菓子づくりをする事は決しておかしくありません。

もし、お菓子やスイーツを買う事自体に抵抗がある男性だとしても、自分が作る事が出来ればこっそり自宅で作って食べる事も出来ます。

自分も好きで人も喜ばせる事が出来るお菓子やスイーツ、まずは作ってみましょう。

そして、誰かにそれを食べてもらい、美味しいと言ってもらえた時、きっと素敵な趣味になります。

定番からクリエイティブなお菓子やスイーツを作ろう

さて、お菓子やスイーツを作ろうと簡単に言っても、はちゃめちゃでは美味しいものは作れません。

むしろ朝昼晩の食事よりデリケートで繊細な部分がありますので、やはり最初はしっかりレシピを参考にします。

今はスマホやPCが普及し、いちいち書店に行ってレシピを買ったりする面倒な事は省く事が出来ます。

アプリや検索エンジンを使って調べられるので、そこに記載のあるもので、好きなものや興味の引くもので割と簡単に出来そうなものを選び、実際に材料を揃える事からやっていきます。

材料を揃え、実際に作って食べてみる過程で「楽しみ」や「喜び」を感じられたらもうお菓子づくりが趣味になる一歩手前です。

そこから、バリエーションの幅を広げ、また作ったものを誰かに食べさせてみるとその反応でまたお菓子づくりの感動があります。

それが感じられ、また作りたいと思えたらもう趣味です。

定番のものがある程度出来るようになったら、次はクリエイティブなものに挑戦すると良いでしょう。

レシピなどを見て作ってくれば、ある程度のお菓子づくりの基礎は頭にあるはずなので、そこにクリエイティブ感をプラスしていけば良いのです。

ビジュアルを工夫するでもいいし、例えば隠し味にシナモンを入れたり、食感にナッツを入れたりと、少しづつ自分なりに考えてアレンジすれば、もう世界にひとつだけのものになります。

そうして色々「作ろう」と考えていくこと、それがもっと自分のバリエーションを増やし、お菓子づくりが楽しくなります。

また誰かに「作ろう」と思うことで腕も上がります。

簡単なスイーツのレシピを紹介

ものぐさな人でも料理が得意で無い人でも出来る、簡単でクリエイティブなスイーツの作り方を紹介します。
これなら簡単ですごく美味しいので、きっと作ろうと思えるでしょう。

材料
・ハードビスケット(好きな枚数)
・牛乳
・生クリーム(ホイップの完成系でも構いません)

材料はたったこれだけ。

作り方ビスケットを牛乳に一枚10秒程浸します。
お皿に取り出して、ビスケットの上に薄く生クリームを重ねます。
また牛乳に浸したビスケットを乗せ、生クリームを乗せと、何層も好きなだけ重ねていきます。
最後にまわりにも生クリームを塗り、形をととのえて1日冷蔵庫の中に置いておくだけです。
夜作れば、次の日の朝かお昼には完成しています。

これは食べてみると分かりますが、スポンジいらずのミルフィーユ風ケーキなのです。
ビスケットの程よい甘さは残りつつ、食感はミルフィーユのようなスポンジのようなという感じです。

生クリームにチョコレートを混ぜるとチョコ味にできます。
デコレーションや大きさは自分なりに工夫してください。

こんな簡単ですごく美味しいものも色々経験の中で研究しながら作っていくととても面白いです。

最後に

手づくりはあげる方も貰う方も気持ちのコミュニケーションに何より効果的です。
その証拠に、バレンタインの本命は手づくりと言われていますね。

お菓子づくりが趣味なら、自分も楽しく、人も喜ばせることが出来るので本当に良いのです。
自分なりに、色々クリエイティブなものも作ることもまた楽しめるし、探求し続けられるものですので、飽きることなく継続的な趣味として確立していくでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-趣味
-, ,

関連記事

じわじわとブームになっている!茶道の魅力とは

近年、茶道や華道など、日本の伝統芸能が若い女性の間でじわじわとブームになっています。 「趣味は?」と聞かれて「茶道です」と答えられる女性って、なんだか上品で女性らしいイメージを持ちませんか?

「手作り・雑貨&クラフトフェア」で見つけるハンドメイドの魅力

手作り・雑貨&クラフトフェアや、ホビーイベントで販売されているハンドメイド品には、既製品にはない独特の魅力があります。 高度な技術を持つ方が作った高品質な物から、ユニークなアイデアを使った便利なグッズ …

家にいるのが楽しくなるインドア派の趣味:インテリア

インテリアといえば、インドア派の趣味の代表的なものです。 そのインテリアを趣味とするには、まず、どのようなアイテムから収集していくか、という部分から始まります。

女性が思わず惚れる!キャンプが趣味だとモテる理由は?

キャンプのバーベキューで女性からモテることは男性にとって嬉しいことです。 但し、モテるためには積極的に行動できることが大切です。 調理を含めて何も出来なければ、返って女性から冷たい目で見られてしまいま …

フリマアプリ「フリル」の特徴や使い方

3大フリマアプリのひとつとして数えられているのが、フリルです。 2012年の市場の勃興期に誕生したフリマアプリであり、同時に国内で誕生した、初めてのフリマアプリでもあります。 ユーザーも多く定着してい …

楽天モーションウィジェット