クレジットカードの国際ブランドとは?種類や違いなど

クレジットカードには、国際的に流通する「国際ブランド」があり、日本にあるクレジットカードのほとんどに、国際ブランドが付与されていますが、クレジットカードを選ぶ際のポイントに、どの国際ブランドを取り扱うかということがあります。

スポンサーリンク

決済カードとT&Eカードがあります

クレジットカードの国際ブランドは、それぞれ違いがありますが、大きく2つの種類に区分されます。

1つは、決済機能にこだわった「決済カードブランド」タイプで、VISAやMastercard・JCBなどが該当します。

もう1つは、旅行先やエンターテインメント関係での、利用時のサポートが厚い「T&Eカード」タイプで、American ExpressやDiners Clubなどが該当します。

クレジットカードを利用する人の、用途やシーンなど、その人に合った国際ブランドを利用すると良いでしょう。

近年シェアを大きく伸ばしている、銀聯カードや、話題のディスカバーカードなど、さまざまな国際ブランドのカードが発行されていて、以前よりもいろいろなサービスを利用することができるようになったので、クレジットカードの違いを比較して、選択することをおすすめします。

知名度ナンバーワンのVISA

VISAは、1958年に「バンク・オブ・アメリカ」により創業された、クレジットカードです。

世界中で使われており、約13億人と言われているクレジットカード会員と、2,400万以上の加盟店を世界中に持っている、知名度や信頼度において、世界最高の国際ブランドでしょう。

日本国内はもちろん、海外で最も使いやすいカードと言われていて、クレジットカードを初めて所有する人には、VISAを選ぶ人が多くいるようです。

VISAは、世界中でクレジットカードを利用することができるよう、決済システムを完備している決済機構で、独自でクレジットカードを発行するシステムにはなっておらず、VISAによってライセンス権利を獲得している各提携会社が、それぞれクレジットカードを発行するシステムになっています。

VISAを持っていると、世界中便利に旅行することができるでしょう。

富裕層の人気があるアメリカン・エキスプレス

アメリカン・エキスプレス(American Express)は、「アメックス」と呼ばれていて、ステータスが非常に高いブランドとして、世界で認知されているクレジットカードです。

年会費が、やや高めに設定されており、世界中の一流ホテルや、レストランなどにおいて優待されたり、空港ラウンジを利用できるなどの、提供サービスの質がとても高く、特に富裕層やセレブ・著名人たちに支持されてます。

JCBと提携し、加盟店の相互開放を行っていて、JCBカード加盟店の場合、アメックス会員もほとんど利用することができる契約になっているので、お得です。

但し、JCB側と加盟店契約していないお店の場合、使用できないことがあるので注意がいります。

VISAと同じぐらい知名度があり、世界中の店舗で利用することができるので、このカードを保有している人は多くいます。

ヨーロッパに強いマスターカードと、日本生まれのJCB

マスターカード(Mastercard)は、VISAと同じくらい決済面で使用しやすいのが特徴で、日本国内の場合は、VISAの使用範囲と差がほとんどありませんが、海外ではアメリカ方面ではVISAが、ヨーロッパ方面ではマスターカードが強いと言われています。

マスターカードも、決済機構なので、ライセンス権利を得ている提携会社が、クレジットカードを発行する仕組みになっています。

ジェーシービー(JCB)は、日本生まれの国際ブランドです。発行枚数は、VISAの5%ぐらいですが、日本での加盟店数は1位で、クレジットカードの保有者が多いのが特徴的です。

決済カードとして利用できることはもちろん、空港での宅配優待サービスや優待ガイドなど、さまざまな付帯サービスを利用することができたり、普段の生活でも役立つようなサービスがあります。

最近人気のあるディスカバーカード

近年人気のあるディスカバーカードは、アメリカの「ディスカバー・フィナンシャル・サービス」が展開するクレジットカードです。

主に、アメリカを中心に5,000万人の人が持っていて、加盟店は北アメリカを中心に、中央アメリカや東南アジアなどに普及しています。

2016年7月時点において、日本国内でこのカードを発行するクレジットカード会社はありません。このクレジットカードの発行を希望する場合、アメリカなどの海外で申請する必要があるでしょう。

但し、JCBや銀聯カードなどと提携しているので、JCBカード会員は、JCBの加盟店が少ないアメリカやカナダなどでも、ディスカバーカードの加盟店で、JCBカードを利用することが可能です。

尚、一部の加盟店では、JCBカードを扱っていないので、カードを使用する前に店舗に確認した方が良いでしょう。

最後に

クレジットカードの国際ブランドには、いろいろな種類があり、決済機能にこだわった「決済カードブランド」や、旅行先やエンターテインメント関係での利用時のサポートが厚い「T&Eカード」があります。

世界的に利用されているものでは、VISAやMastercard、American Expressなどが有名です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, , ,

関連記事

効率アップ!お風呂掃除の時短テクニックとカビ対策

毎日使うお風呂ですが、お風呂掃除は大変だと感じる方もいるのでないでしょうか。 お風呂は1日の疲れを癒やす最高のリラックスタイムになりますが、湯垢が付着し、カビも発生しやすい場所なので、掃除も念入りに行 …

アイロン無しで「服のシワ」を取る方法:ファブリックミストをかける

旅行や出張で、畳んでかばんに入れておいたスーツやシャツにシワが入っている、でも手元にはアイロンはないなんてことありますよね。 出かけるまでの時間、夜寝ている間を利用して、服のシワを取ることができれば、 …

ネット銀行活用術 : スルガ銀行ANA支店の特徴

スルガ銀行ANA支店は、スルガ銀行という静岡県を地盤としている地方銀行がANAと提携して作った、ユニークな銀行口座です。口座開設はすべて、インターネットと書類の郵送でできるので、店舗に行く必要もなく、 …

デビットカードとは?使い方や仕組みなど

デビットカードは、銀行の預金残高と連動しているタイプのカードです。 クレジットカードの国際ブランドを使って、口座から即時決済させる仕組みなので、クレジットカードと混同する人も多いでしょう。 使い方に工 …

DIYでキッチンの雰囲気を変える!食器を見せる収納

雑誌やインテリアショップなどで、見せる収納を上手に活かしている例を、見たことがある人も多いのではないでしょうか。 見せる収納はオシャレに見えますし、憧れを抱く人もいらっしゃるでしょう。 ですが、食器は …

楽天モーションウィジェット