カレーが一段と美味しくなる隠し味:バター


カレーをさらにおいしくさせる隠し味として、バターがあります。

バターカレーがあるように、相性が良い組み合わせです。

スポンサーリンク

みんなが大好きなカレーをもっとおいしく

カレーは好物に挙げる人が最も多い料理のひとつです。

本場はインドですが、日本人が食べるカレーはひとあじ違います。

家庭料理の代表格としても確固たる地位を獲得している料理のひとつですが、本場の料理法とは違い、さまざまなスパイスを配合して作られたルーを使用することでとても手軽に作ることができる嬉しいメニューでもあります。

日本で食べられているオーソドックスなものは、主な材料にじゃがいも、ニンジン、玉ねぎと豚や鶏肉などを使用している場合が多いようですが、家庭料理ではアレンジもさまざまです。

家庭だけでなく、飲食店のメニューとしても多く提供されていますが、最近ではルーに限らずスープをベースにしたものや、ライスやナンだけでなく麺と組み合わせたものなど、メニューは多岐にわたります。

自宅で調理をするときは、やはりルーの使用が非常に便利です。

一度にたくさん作って冷凍することができるのもメリットのひとつでしょう。

材料としてもそれほど高価なものは必要ありませんので、食費や時間を節約するメニューとしても優秀です。

市販のルーには、おいしさのバランスが取れるように配合されたスパイスや調味料が絶妙にブレンドされているようです。

そのため、必要以上の隠し味は返って味のバランスをくずしてしまうこともあります。

しかし、ルーのみを使用したいつもの味付けに物足りなさや飽きを感じてしまうこともあるでしょう。

そんなときにおすすめな隠し味はバターです。

バターは大さじ1程度加えるだけでも口当たりがまろやかになって、コクを深めることもできます。

小さなお子様にも食べやすい味にし仕上げる隠し味

カレーの隠し味にこだわりをもっているという方は意外と多いようです。

市販のルーには、すでに隠し味の役割を担う調味料やスパイスがブレンドされて商品化されているという話も耳にしますが、ご家庭によって作り方や仕上がりにこだわりをお持ちのケースも珍しくありません。

隠し味として挙げられるのは、辛みを増すためのスパイスや、コクを深める調味料など、求める仕上がりによってさまざまです。

特に家庭料理としてのカレーは、大人も子どもも一緒に食べられるように作ることができれば理想的ですが、辛さがほしい大人と、辛さは必要ない子ども向けに作るときは二つのお鍋とルーを使用する必要があります。

材料や洗い物を増やしてしまうことにデメリットを感じて、家庭では子ども向けの甘いカレーで我慢しているというお父さんやお母さんも少なくないのではないでしょうか。

辛さや塩辛さの刺激は内臓に負担をかけてしまうこともあるため、小さなお子さまにはできるだけ与えない方が良いようです。

もちろん、成人においても塩分のとりすぎは禁物ですが、味付けが薄いと物足りなさを感じたり、それが原因で食べ過ぎに繋がることもあります。

そんなときに役立つのが隠し味の作用です。

子どもも大人もできるだけ塩分を控えて、食べ過ぎを防止するために注目したいのがうま味の成分です。

和食でも注目されているダシなどのうま味は、食事に対する満足感を高めることも知られています。

カレーの隠し味としてバターを加えることで、コクによるうまみを深めることができます。

濃くなってしまった味を和らげることができる

バターはカレーの隠し味として非常に相性の良い調味料ですが、隠し味の効果はコクやうま味を引き出すだけでなく、塩辛さを軽減させることにも役立ちます。

一度にたくさん作って、3日程度続けて食べる方も珍しくない料理ですが、温め直す際に煮詰まってしまい、塩辛くなってしまった経験があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

常温で保存することは食中毒の危険性も高まるため、翌朝までに食べられる量以外は最初から冷凍して保存することが一番安全です。

中にはお鍋のまま冷蔵庫で保存して、食べる前にコンロで温め直すご家庭もあるでしょう。

夏期を除けば、作った当日と翌日ならば傷んでしまう心配はそれほどありませんが、温め直す際や、調理の段階で煮詰まってしまったり、隠し味を使いすぎて塩辛くなってしまうこともあります。

そんなときにも役立つのがバターの使用です。

バターは味をまろやかにしてくれるため、調理でしょっぱくなってしまった料理の味を調えてくれるのです。

この効果はカレーだけでなく、ミートソースやハッシュドビーフなどにも応用することができます。

水で薄めてしまうと味全体が物足りなくなったり、濃度が下がってしまうときはバターを使ってみると良いでしょう。

一度にたくさんの量を入れてしまうと、返って味がくどくなってしまったり、カロリーも上昇してしまいます。

バターを使うときは、一切れずつ鍋に加えていき、味見をしながら量を調整していくと失敗がありません。

隠し味としてだけでなく、塩辛さも抑えてくれるバターの効果をご家庭でも試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-,

  • asdfsdfxcvxxasa より:

    Title

    […]we came across a cool internet site that you may well love. Take a search in case you want[…]

  • Title

    […]one of our visitors just lately encouraged the following website[…]

  • Google より:

    Google

    That may be the end of this write-up. Here you will obtain some web-sites that we feel you will value, just click the hyperlinks.

  • -->

    関連記事

    肌にいいベータカロテンは【モロヘイヤ】で摂ろう!

    モロヘイヤは、エジプトやアラビア半島で、5000年以上前から食べられている緑黄色野菜です。 重い病を患ったエジプトの王様が、モロヘイヤのスープを飲み続けたことで完治したという逸話から、「王様の野菜」と …

    女性ホルモンを増やす食べ物:大豆製品

    大豆はバランスのとれた食べ物のひとつです。 とくに大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンの働きとよく似たはたらきをもつとされています。 したがって女性ホルモンの働きをほしい場合には、大豆食品を積 …

    肌にいいビタミンCは【菜の花】で摂ろう!

    菜の花は、栄養価の高い植物ということはあまり知られていません。どちらかというと、春の花のイメージがあります。 ビタミンCの他、ビタミンB1、β-カロテン、葉酸、ミネラルなど高い栄養価を持っています。こ …

    肌の老化を防ぐポリフェノールは【大豆】で摂ろう!

    大豆には、ポリフェノールが含まれており、それを抽出したものが大豆イソフラボンです。 大豆イソフラボンは、ポリフェノールの1種で、大豆胚芽に多く含まれている天然有機化合物のフラボノイドで、コレステロール …

    今スグ取り入れたい!世界のヘルシー食習慣【インド編】

    インドに住む人々全体の8割はヒンズー教と言われています。 かれらは肉全般・特に牛肉を食べることを禁止されています。 また、ニンニクやニラ・らっきょう・玉ねぎ・朝付きの5つを避けている徹底したベジタリア …

    楽天モーションウィジェット