カレーが一段と美味しくなる隠し味:インスタントコーヒー

カレーをさらにおいしくさせる隠し味として、コーヒーがあります。

加える際のポイントや注意点などを紹介します。

スポンサーリンク

カレーの隠し味にはコーヒーを使うとよい

子どもから大人まで人気の家庭料理といえばカレーが代表としてあがります。

カレーは作る人や家庭によって具の種類や大きさ、使うルーもしくはスパイスが異なりそれぞれの特徴を楽しむことができるのも魅力の一つです。

簡単なようで実は奥が深い料理と言えます。

そしてカレーに個性を与えるものとして、隠し味があります。

隠し味として有名なのがチョコレートやリンゴ、はちみつなどですが、コーヒーを加えるのもおいしく仕上げるためのポイントです。

コーヒーを隠し味として加えると、ルーにコクを出すことができます。

また、コーヒー自体の苦みが加わることで味に深みが増し、お店で出すような本格的な味を家庭でも再現することができるようになります。

コーヒーを加えたルーは、本格的にブイヨンを使ったルーの味に近くなるともいわれています。

もちろんチョコレートを入れてもカカオの苦みで味に深みを与えることはできますが、チョコレートは甘みも強いためマイルドな味付けになります。

一方コーヒーは苦みが中心ですから、使うことで苦みがダイレクトに加わり、大人向けの味付けになります。

隠し味としてコーヒーを使う方法はとても簡単です。

材料を切ってルーを入れて煮込む工程まで仕上げたら、煮込む際にコーヒーを適量加えるだけです。

完全にコーヒーが溶け切らないと味にムラが出てしまうので、煮込みながらよくルーとコーヒーがなじむようにかき混ぜておくようにします。

いつものルーにひと手間加えるだけで本格的な味に近づけることができるのですから、挑戦してみる価値は十分にあるでしょう。

隠し味としてコーヒーを使う時のポイント

カレールーの隠し味としてコーヒーは大変優秀な存在ですが、コーヒーをルーに加える際にはいくつかポイントがあります。

せっかくコーヒーを使っても、ポイントがずれていたりすると逆にルーの味を損ねてしまうこともあるので気を付けましょう。

まず、使用するコーヒーはインスタントコーヒーが適しています。

コーヒーにはペットボトルに入った液体状のものから、コーヒー豆を砕いてドリップして使用するもの、お湯に溶かして使用する粉末状のものとがあります。

どれもコーヒーには違いありませんが、液体状のペットボトルコーヒーでは加えても味があまり引き立たず、ルーのスパイスの味に負けてしまいます。

また、コーヒー豆を砕いたものはルーに完全に溶け切らず、食べたときに豆の食感が出てきてしまいます。

隠し味として使用するのならば、粉末のインスタントコーヒーを選ぶようにするとよいでしょう。

次に、インスタントコーヒーをルーに加える際には、分量にも注意が必要です。

コーヒーには強い苦みがあり、この苦みが隠し味として有効です。

しかし、ルーに足してインスタントコーヒーを入れすぎてしまうと、今度は苦みが強調されすぎてしまいルーのスパイスの香りを邪魔したり、苦みが強すぎるルーになってしまいます。

大体の目安としては、鍋一つ分のルーに対して、インスタントコーヒーを小さじ1~2杯程度にとどめておきます。

そして一緒に煮込み完全にコーヒーが溶け切ったのを確認してから味見をするようにします。

味見をしてもう少し苦みがほしいと感じたらごく少量を少しずつ足していくようにすると失敗しにくくなります。

インスタントコーヒーを加えるタイミングでも味が変わる

インスタントコーヒーをルーに加えると、カレーのルーにコクと深い味わいを足すことができます。

インスタントコーヒーを加えるだけでも十分においしくなりますが、さらにこだわりたいのならば、インスタントコーヒーをルーに加えるタイミングにも気を配ってみると、より本格的なカレーに仕上げることができます。

コーヒーを淹れる時、お湯の温度や量・タイミングや時間を工夫することで、コーヒーの味や風味、香りなどが違ってきます。

コーヒーの専門店ではプロがコーヒー豆の特徴やお客の好みに合わせて淹れ方を工夫して、最高の一杯になるよう仕上げてくれます。

このように、コーヒーが本来持っている味や香りといった良さを最大限に引き出すためには、温度や量・タイミングなどの美味しく淹れるための様々な条件があります。

カレールーに入れるのはコーヒー豆ではなくインスタントタイプのコーヒーですが、それでも加える際の条件を変えることで、コーヒーの持つ味や香りの違いを引き出すことができます。

コーヒーの香りや風味は、お湯に溶かして加熱する時間が経てば経つほど弱くなっていきます。

もしもルーに加えるコーヒーの香りや風味を引き出したいのであれば、インスタントコーヒーを加えた後できる限り加熱しないほうが良いです。

よって、インスタントコーヒーを加えるタイミングとしては、ルーを加えた後すぐか、ルーがほぼ完成して最後の仕上げの段階が適しています。

インスタントコーヒーを加えたらぐつぐつと煮込まないほうが、隠し味としてのコーヒーの良さをしっかりと味わうことができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-,

関連記事

グルテンフリーダイエットで食べていい食品:粟のレシピ

グルテンフリーダイエットで食べられる食材は、思いのほかいろいろありますし、粟もそのひとつになります。

栽培しやすいハーブの種類:タイム

仕事に育児にと忙しい毎日を送っているあなた。 ハーブティーを飲んでみませんか? その一杯でホッと一息つけるでしょう。 癒し効果抜群です。

採りやすい山菜「たらの芽」の美味しい調理法

春の代表的な山菜で、人気があるのが「たらの芽」です。採りやすいと言われているのですが、調理法を知らない方もいます。 せっかく収穫したものを美味しく食べるには、調理法次第と言われています。どんな方法があ …

ハーブのある生活をはじめよう!ハーブティーの楽しみ方

ハーブの香りを楽しむというとアロマオイルをイメージしやすいですが、ハーブティーは穏やかな香りと風味を楽しめるものです。

簡単に出来るマグカップスイーツ♪【マフィン】の作り方!

マグカップスイーツは、簡単に作ることができて、見た目も可可愛らしいのが特徴です。 特にマフィンは、朝食や軽食に役立ち使い勝手がよいので、レシピと作り方を学んでマスターしておくと、さまざまな面で役立って …

楽天モーションウィジェット