ダンスで楽しむ世界!「フラメンコ」を通して学べる文化と歴史

日本には、様々なスタイルの踊りが世界中から入ってきています。

その中でも、昔から根強いファンがいるのが、フラメンコです。

スポンサーリンク

フラメンコから学ぶ、スペインの魅力

フラメンコは、スペインの南部にあるアンダルシア地方に伝わる歌と踊り、ギターによる芸術のひとつです。
そのためフラメンコは、スペインの歴史と深くかかわっています。

アンダルシアは、スペインを構成する自治州のひとつで、セビリアが州都になります。

アンダルシアと出会った人々は、土地が持っている歴史、豊かな自然、気候、多様性、美しさに魅了されます。

人種のるつぼ、文化のるつぼとも言われているアンダルシアは、日本からの観光客も多いところです。

フラメンコの歴史を理解するには、ヨーロッパとスペインのあらゆる時代において、多くの民衆が歩んできた道のりを知る必要があります。

踊りや音楽が盛んな地域

スペインは、昔から踊りが上手な舞踊家が多いところで、特にアンダルシアは、多くの音楽基盤、文化基盤があったのです。

様々な音楽や踊り、文化が出入りして融合し、変化しており、民衆はそれを受け入れていたのです。

2世紀から定住していた、スペイン系ユダヤ人の音楽的で詩的な存在、長きに渡るイスラム文化の存在も重要です。

アンダルシアは、イスラム世界が誇りとしている音楽表現の美しいスタイルを創造し、発展させてきたのです。

中世の時代は、様々な文学表現が、吟遊詩人などによって伝えられていきました。

ルネッサンスの初期は、曲や歌詞は口承伝達によるものが多く、土着している住民の中で、フラメンコが生まれる基礎は定着していたのです。

感受性の強い人々は、つらい生活の中で、民衆の叫びとしてフラメンコを発展させていきます。
そして、情熱的なフラメンコを誕生させたのです。

ジプシーの到来

イベリア半島では、歴史的に大きな変化が起こり、キリスト教徒の軍隊がグラナダのイスラム王国を陥落させ、ジプシーが到来します。

ジプシー達は、独自の音楽、リズムを携えていました。

東洋を起源とする独自の文化は、アンダルシアにもともと存在していた音と、詩の世界と融合します。

アンダルシアでは、多くの文化基盤の変化があり、フラメンコは、様々な文化の影響を受けています。

フラメンコは、最初は家族や親しい人の間で踊るダンスでしたが、次第にダンスホールや祭りの会場などで踊られるようになります。
そして、情熱的な踊りに、歌やギターが添えられるようになります。

18世紀末になると、カディスなどの地域を中心に、カンテと呼ばれる歌の原型が出来上がります。

19世紀の半ばになると、フラメンコを見ることができるライブハウスが次々と登場するようになり、情熱的で美しい歌と踊りが人々に認知されるようになります。

1910年頃から、流行歌が人気を集めるようになり、フラメンコを専門とするライブハウスは衰退していきます。
しかし、その一方で、ギターと踊りは発展することになります。

1954年になると、本格的なカンテのアルバムが世に出て、正統派カンテが復活します。
そして、正統派カンテのコンクールが行われ、様々なイベントが開催されるようになります。

愛好家のクラブも数多く誕生して、カンテは全盛期を迎えることになります。
フラメンコのスタイルが確立されたのは、この頃なのです。ですから、それほど昔の話ではないのです。

時代とともに発展

フラメンコの踊りは、時代とともに発展しています。

初めは上半身の美しさを表現することが多かったのですが、次第にパンタロンをはいた女性が、男性のように踊るようになり、足技を得意とする踊り手が数多く現れます。

現在は、女性も男性と同じように、振り付けの中に足技をいくつも入れています。
また、リズムを変えることも普通に行われるようになっています。

フラメンコは、世界中で愛されており、日本にもフラメンコの愛好家が数多く存在します。

スペインからは、一流のアーティストが来日して、美しいパフォーマンスを見せています。

教室に通う人も増加

最近は、フラメンコの教室に通って踊りを習う人も増えています。

初めてフラメンコを覚える時は、なかなかポーズを取れなくて悩む人も少なくありません。
フラメンコは、動くときに一瞬で動いてポーズを取ることが多いのですが、基礎をしっかり練習していれば、だんだん慣れてきてポーズを決められるようになっていきます。

初心者は、スカートの下まで意識することが難しいのです。
フラメンコの衣装は、丈が長く、足元が隠れます。

しかし、しっかりと足元を意識することは、とても大切です。足の動きが曖昧だと、動きが小さくなり迫力が出ません。
足をしっかりと動かすことで、全体の動きも美しくなります。

フラメンコでは、眼力も大事です。
アイラインが特徴的なメイクも影響もあり、目の表情に吸い込まれると感じる観客は少なくありません。

眼力を意識することは、踊りのテクニックの中では大切なことなのです。

踊り手の感情、意志をストレートに伝えるためには、眼力を磨くことが重要で、足技と一緒で日々の練習が必要になります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-,

関連記事

「ミクスチャークリエイターズマーケット」で見つけるハンドメイドの魅力

ミクスチャークリエイターズマーケットは、東京で開催されるオリジナルのハンドメイドを扱う、ホビーイベントです。 絵画、イラスト、写真、雑貨、陶器など、扱われているジャンルも豊富で、ここでしか出会えない作 …

「HandMade In Japan Fes」で見つけるハンドメイドの魅力

「HandMade In Japan Fes」は、毎年お台場の東京ビッグサイトで開催されるホビーイベントです。 日本最大級の規模を誇っていて、全国から5000名以上のクリエイターが出展するので、ハンド …

老化防止にもなるクリエイティブな趣味:ステンドグラス

今の自分の家のインテリアに満足しているでしょうか。 もっとおしゃれなインテリアにしたいと思っているのならば、ステンドグラスを趣味にしてみませんか?

身体を動かしてリフレッシュできる趣味:トライアスロン

トライアスロンはとても欲張りなスポーツです。 スイム、バイク、ランと3つの種目を凝縮した身体を動かすにはもってこいの趣味です。

自分のセンスや感性で!陶芸を習ってみよう

陶芸は美術の中でもさまざまなファクターが絡んで、面白いものが出来上がる要素がいろいろとあります。 土をこねてつくる形は、指先の力加減ひとつでさまざまな表情を見せます。

楽天モーションウィジェット