ダンスで楽しむ世界!「タンゴ」を通して学べる文化と歴史

タンゴは、アルゼンチンが有名です。

長い歴史があるアルゼンチンタンゴは、ダンスの形態のひとつで、ハバネラやカンドンベ、ミロンガなど、様々な音楽が混合して生まれたものです。

ハバネラは、リズムが特徴的なキューバの民族舞曲で、スペインに輸入されて人気を博すようになります。

国内はもちろん、アメリカやメキシコでも人気が出て、フランスやイギリスなどヨーロッパのサロンでも評判になります。

日本では、ビゼーが作曲したカルメンの中で、カルメンが歌うハバネラが有名です。

スポンサーリンク

タンゴから学ぶ!歴史と文化

タンゴの起源

ハバネラは、フラメンコと融合してアルゼンチンに渡り、タンゴのルーツになりました。

カンドンベというのは、ウルグアイの音楽で、ドラマーのグループによって演奏されます。

ミロンガは、アルゼンチンやウルグアイが起源の音楽のジャンルです。

アルゼンチンは、国際貿易で繁栄し、ブエノスアイレスは、ヨーロッパからの移民や労働者として働く人々の活気で満ち溢れていました。

しかし、その一方で、港の貧しい労働者たちは、毎晩のように酒場へ行って、お酒を飲んだり踊ったりして故郷を懐かしんでいたのです。

酒場では、ヨーロッパ的な旋律や黒人が持ち込んだリズム、インディオの音楽が融合した曲が流れるようになります。

酒場での音楽と踊りの融合が、アルゼンチンタンゴのもとになっていると言われています。

アルゼンチンタンゴの旋律は、物悲しいことで有名ですが、それは、酒場で生まれたという歴史も無関係ではないのです。

心の中に秘めた想いを歌い上げる独特のスタイルは、魂の叫びを感じさせ、現在でも多くの人々に愛されています。

日本での歴史

日本でのタンゴ歴史は、昭和初期から始まります。

最初は、アルゼンチンから入ってきましたが、戦後に入ってきたのは、ヨーロッパのムード音楽として有名だったコンチネンタルタンゴでした。

1960年代になると、タンゴの大御所と言われる人が来日したことで、一部の熱狂的なファンが生まれたものの、日本で学ぶには難しいジャンルだと言われていました。

コンチネンタルタンゴは、タンゴがヨーロッパに渡って変化したものであり、社交ダンスや競技ダンスで使われることが多かったのです。

その後、アメリカで成功した音楽家が来日したこともあり、アルゼンチンタンゴの人気が復活します。

インターネットの普及により、アルゼンチン以外の国でも、24時間アルゼンチンタンゴが流れるラジオ局の放送を聴くことができます。

日本を含むアジアでも、タンゴを演奏する音楽家が増えており、本場と変わらないレベルに達している音楽家も少なくありません。

アルゼンチンタンゴの特徴

アルゼンチンタンゴの特徴は、バンドネオンです。
バンドネオンとは、アコーディオンに似た楽器です。

主にタンゴで使われる楽器で、鍵盤はボタン型です。

バンドネオンが使われるようになったのは、1880年代で、20世紀になるとドイツからバンドネオンが大量に輸出されるようになります。

バンドネオンを使うようになってから、タンゴの音楽性はかなり変化して、現在のテンポの遅いスタイルになったのです。

現在は、バンドネオンなしの演奏もあります。
ギターと歌による演奏も高く評価されており、クラシックの音楽家によってクラシックのスタイルで表現されるケースもあります。

アルゼンチンタンゴといえば、ダンスも有名です。

一般的なものは、男性と女性のダンサーがペアで組み、男性がリードを取って女性が合図を受けてフォローするスタイルです。

事前に振り付けなどが決められた踊りではなく、男女のダンサーが即興で作り出すダンスなのです。

即興というと、難しいと感じる人もいるのですが、仕組みさえ覚えてしまえば、ペアの間で自由に踊ることができる楽しく奥深いダンスです。

即興のダンスなので、失敗がなく、お互いが会話をするように踊りを楽しむことができるため、他のダンスでは楽しめない醍醐味があります。

美容効果も高い

そのため、最近は日本でもタンゴを教える教室が人気を集めています。

教室では、10代の若者から高齢者まで、幅広い年齢層の生徒がタンゴを学んでいます。

アルゼンチンタンゴのダンスは、歩く動作が基本なので、レッスンを続けていると、姿勢が良くなったという人が少なくありません。

日本人は、猫背の人が多いので、姿勢が良くなることで様々なメリットがあるのです。
足が引き締まり、足首が細くなる人もいます。

腰をひねる動作も多いので、お腹のダイエット効果も期待できます。
また、男女が抱き合って踊るスタイルのダンスは、ストレスを減らす効果があると言われています。

最近では、認知症や夫婦間の信頼を高めるためのセラピーとして、ダンスが利用されるケースも増えています。

日本は、生活習慣病に悩む人が増えていますが、運動不足も、生活習慣病の原因のひとつです。

ダンスのレッスンをすることで、プロポーションが良くなり、健康にも美容にも良い影響が出るので、男性からも女性からも大きな注目を集めています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-,

関連記事

結構変わってるマニアックな趣味:献血

献血が趣味と言う人は変わってると言えますが、聞いてみると意外にも身近にいたりするものです。

家にいるのが楽しくなるインドア派の趣味:ミニチュア集め

インドア派の趣味のひとつとして、ミニチュアの収集というものがあります。 ミニチュアと言っても数多くのジャンルが存在します。 自動車模型であったり鉄道模型であったり、ドールハウスや家具の模型もそうですし …

フリマアプリ「ショッピーズ」の特徴や使い方

着なくなった洋服や、使わないバッグ等を気軽に売ることができる、フリマアプリが人気を集めています。 様々なアプリが開発されていますが、その中でも今、注目を集めているのが、女の子向けフリマアプリのショッピ …

フリマアプリ「オタマート」の特徴や使い方

フリマアプリのオタマートは、アニメグッズを中心に販売されているのが一番の特徴的ですが、登録や出品方法などは他のフリマアプリと変わらず、大変利用がしやすいです。 アニメに興味を持っている人のユーザーが、 …

PCワンズのBTOパソコンの特徴や評判は?

PCワンズは、上級者向けのBTOパソコンショップで、パソコン本体やパーツ、周辺機器などを販売しています。 このお店で取り扱われているパソコンは、既に完成している「BTOパソコン」と、ユーザーが自由にパ …

楽天モーションウィジェット